• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > 公害 > アスベスト除去等の工事に係る届出について

ここから本文です。

更新日:2017年8月9日

アスベスト除去等の工事に係る届出について

アスベスト含有建材のうち、以下に挙げるものの除去、封じ込め、囲い込み工事を行う場合には、大気汚染防止法及び都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(以下、環境確保条例という)に基づき、生活環境保全課への届出が必要です。

アスベスト含有建材の除去等を意図していない場合でも、工事の振動や工具の接触などでアスベストが飛散するおそれのある場合には届出が必要となります。

また、リシン吹付け等に関する工事について、平成29年5月30日付で環境省から通知がありました。詳細については、「石綿含有仕上げ塗材の除去等の届出について」のページをご覧ください。

大気汚染防止法及び環境確保条例が改正されました(平成26年6月1日施行)

改正の主なポイント

  • 特定工事の届出義務者の変更

大気汚染防止法及び環境確保条例に基づく届出義務者が、工事の施工者から工事の発注者又は自主施工者に変更になりました。

  • 解体等工事の事前調査、説明、掲示の義務付け

解体等工事の受注者及び自主施工者は、石綿使用の有無について事前に調査をし、その結果等を解体等工事の場所に掲示しなければなりません。
また、解体等工事の受注者は、発注者に対し調査結果等を書面で説明しなければなりません。

届出の必要なアスベスト含有建材

(1)アスベスト含有吹付け材

(2)アスベスト含有断熱材

(3)アスベスト含有保温材

(4)アスベスト含有耐火被覆材

各建材の詳細については、「アスベスト除去等の工事について」のページをご覧ください。

届出時期・窓口

届出の必要な工事(資機材の搬入など準備作業含む)の開始の14日前までに、生活環境保全課に届出書を持参してください。施工内容の確認などを円滑に勧めるため、事前に窓口にご相談に来ていただけますよう、お願いいたします。

 

届出書様式

届出に際しては、以下の届出書様式をご利用ください。

捨印が押されていない場合には、記載内容の修正時に届出印と同じ印で訂正印を押していただく必要があります。記載内容を今一度ご確認ください。

 

特定粉じん排出等作業実施届出書

大気汚染防止法の様式です。建物等の規模に関わらず届出が必要です。

届出書様式(ワード:46KB)

届出書様式(PDF:38KB)

 

石綿飛散防止方法等計画届出書

環境確保条例の様式です。以下のいずれかの条件に該当する場合に届出が必要です。

(1)吹付け材の面積が15平方メートル以上ある場合

(2)建築物の延べ面積が500平方メートル以上ある場合

(3)建築物以外の工作物の築造面積が500平方メートル以上ある場合

届出書様式(ワード:43KB)

届出書様式(PDF:36KB)

 

届出書作成時の注意

届出書作成のときには、環境省、東京都双方のマニュアルを参照して、施工方法等が法令に合致しているかを確認してください。施工方法等が不適切な場合には、工事に着手できない場合があります。施工の方法など不明な点がございましたら生活環境保全課にご相談ください。

建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策マニュアル(環境省マニュアル)(外部サイトへリンク)

建築物の解体等に係るアスベスト飛散防止対策マニュアル(東京都マニュアル)(PDF:3,508KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部生活環境保全課公害規制係

電話番号:03-3880-5304

ファクス:03-3880-5604

Eメール:kankyo-hozen@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?