• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 教育についての取り組み > おいしい給食 > あだちのおいしい給食「自慢の献立」(あだち広報3月10日号)

ここから本文です。

更新日:2016年3月8日

あだちのおいしい給食「自慢の献立」(あだち広報3月10日号)

紙面の都合でご紹介できなかった“昆布ごはん”と“つみれ汁”の家庭用レシピです。

 昆布ごはん

昆布ごはん

エネルギー:253キロカロリー

野菜量:9グラム

塩分:0.9グラム

調理時間:90分(浸水時間を含む)

材料費:約50円

※エネルギー、材料費などは1人あたりの目安

材料(4人分)

玄米:1と2分の1カップ

水:350cc

鶏胸肉こま切れ(皮なし):20グラム

酒:小さじ1弱

油:小さじ1

刻み昆布:7グラム

人参:4分の1本

油揚げ:4分の1枚

ごま:小さじ1

〔調味料〕

酒:小さじ1弱

砂糖:小さじ1

塩:少々

醤油:小さじ2

みりん:小さじ1強

だし汁:大さじ1と2分の1

作り方

〔1〕 玄米を研いで水切りをする。

〔2〕 釜に水切りをした玄米、刻み昆布、水350ccを入れ、30分以上浸水してから炊く。

〔3〕 鶏胸肉に酒をふり、人参は細切りにする。油揚げは細い短冊切りにしてザルに入れ、熱湯をかける。

〔4〕 鍋に油を温め、汁けをきった鶏胸肉を炒める。

〔5〕 肉の色が変わってきたら、人参を入れて油をなじませた後、油揚げを加える。

〔6〕 だし汁、調味料を加えて、汁けがなくなるまで炒め煮する。

〔7〕 炊き上がったごはんに、〔6〕を混ぜ合わせ、ごまを振り入れる。

※使用する玄米により浸水時間は異なります。

 つみれ汁

つみれ汁

エネルギー:131キロカロリー

野菜量:100グラム

塩分:1.6グラム

調理時間:40分

材料費:約130円

※エネルギー、材料費などは1人あたりの目安

材料(4人分)

いわしのすり身:130グラム

卵:4分の1個(又は、うずらの卵:1個)

山芋:大さじ1

〔つみれの調味料〕

 生姜汁:小さじ1

 赤味噌:小さじ1強

 小麦粉:大さじ1

 片栗粉:小さじ1

ごぼう:10cm

ごま油:小さじ1

大根:8分の1本

人参:2分の1本

里芋:中2個

白菜:1枚

油揚げ:4分の1枚

長ねぎ:2分の1本

赤味噌:大さじ2

白味噌:大さじ1弱

だし汁:550cc

作り方

〔1〕 野菜を切る。

   (ごぼう)半分に切ったあと斜め半月切り (大根)縦8等分で厚さ2ミリのいちょう切り

   (人参)大根より少し小さめのいちょう切り (里芋)厚めのいちょう切り

   (白菜)1センチ幅くらいの短冊切り (長ねぎ)小口切り

〔2〕 油揚げを縦2センチ、横1センチくらいの短冊切りにしてザルに入れ、熱湯をかける。

〔3〕 大きめの鍋にごま油、ごぼうを入れて火かけ、中火で炒める。

〔4〕 ごぼうに油がなじんだら人参を加えてサッと炒め、だし汁を入れる。

〔5〕 いわしのすり身に卵、山芋、調味料を混ぜ合わせ、直径2センチくらいの団子にしながら〔4〕に入れ、弱火にしてアクをすくう。

〔6〕 大根、里芋、白菜の白い部分、油揚げを加えて中火にし、煮込む。

〔7〕 野菜が柔らかくなったら、白菜の緑の部分と赤味噌・白味噌を加える。

〔8〕 器に盛り付け、ねぎを散らす。

※いわしのすり身はとびうおのすり身で代用できますが、その際はあまり練らないようにしてください。

 

 

お問い合わせ

教育委員会事務局学校教育部おいしい給食担当課おいしい給食担当
電話番号:03-3880-5427
ファクス:03-3880-5606
Eメール:kyuushoku@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?