• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 人権・平和 > 同和問題 > 【あだち広報2017年8月10日号記事】新たな問題が起きています「同和問題」

ここから本文です。

更新日:2017年10月18日

【あだち広報2017年8月10日号記事】新たな問題が起きています「同和問題」

同和問題とは、同和地区(被差別部落)出身というだけで、就職や結婚など様々な場面で不合理な差別を受けるという、重大な人権問題です。
近年、インターネットを通して新たな問題が起きています。

同和問題Q&A

<新たな問題とは?>
最近インターネット上で、同和地区を特定しようとしたり、同和地区出身者の個人情報を公開したりする差別行為が行われています。
インターネットを利用することにより、即時かつ広範囲に差別の被害が広がってしまう点が特徴です。

<差別をなくすために私たちができることは?>
まずは同和問題について関心を持つことが大切です。
区では、関係する人権団体と連携し、同和問題についての区民向け講座を開催しています。
「昔の問題だ」と決めつけず、積極的に同和問題について学びましょう。

「部落差別解消法」が施行されました

平成28年12月に、「部落差別の解消の推進に関する法律」(部落差別解消法)が施行されました。
区では、同和問題の解消に向け、普及啓発や相談体制の充実などに努めています。
詳しくは、下記のページをご覧ください。

「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

お問い合わせ

総務部総務課人権推進係

電話番号:03-3880-5497

ファクス:03-3880-5609

Eメール:soumu@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?