• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2012年8月1日

お金

定年後には旅行に行ったり、趣味も深めたい...
そんな夢をお持ちの方も多いのでは?しかし、老後の暮らしには、いったいどのくらいの費用が必要なのか、考えてみたことはあるでしょうか。思っている以上にお金がかかる部分もあります。まずは、収入と支出のバランスをチェックすることから、はじめてみましょう。

1.バランスチェックしてみましょう

老後の生活資金は、現役世代の6から7割と言われますが、年金などの収入のみになる上に、60代以降は、冠婚葬祭、住宅改修、医療費などの支出も増えます。老後のマネープランを考えるために、まずはバランスチェックしてみましょう。マネープランを考えるためには、まず、財産と負債を洗い出し、そのバランスをチェックします。たとえば住宅であれば、マイホームは「財産」とし、残っている住宅ローンを「負債」として、チェックしていきますが、このときの財産は、購入時の金額でなく、現在の評価額で記入してください。あくまでも、現時点での財産と負債のバランスをチェックします。

財産を確認しましょう

まず、現在所有している財産を確認します。預貯金の残高、株式や債券(現時点での価格)、貯蓄型の保険、持ち家やマンション、土地、車など、自分の財産と考えられるものをリストアップします。あまり細かい数字にこだわらず、まずは概算で把握しましょう。

負債を確認しましょう

財産を調べたら、こんどはローンやクレジット等、負債の金額も確認しましょう。リボ払いの残高も「負債」と考えます。

財産VS負債バランス・チェック

財産と負債が確認できたら、バランスチェックをしましょう。差額を確認し、住宅ローンなどが沢山残っていれば、どう返済していくのか考え、できるだけ老後に持ち越さない努力が大切です。

2.収入減に備えましょう

定年退職による定期収入の減、急な疾病等による予期せぬ収入減。わかってはいるけれども、まだ考えるのは早いと考えていませんか。住宅ローンや子どもの教育費がなくなるので、何とかなるだろうと、漠然と考えていませんか。家計簿をもとに、老後の生活費を算出します。拠のない楽観主義に陥ったり、逆にむやみに不安がったりすることのないよう、老後のマネープランをしっかり考えましょう。

プラスのお金を計算しましょう

無理のないマネープランを立てるために、収入と支出のバランスを見ていきます。まず、1ヶ月あたりの収入を計算してみましょう。年金や個人年金保険、家賃収入など、考えられる収入を下の表に書き出してみましょう。

マイナスのお金を計算しましょう

無定年後に生活するうえでの、1ヵ月の必要額を書き出してみましょう。平成22年の総務省の家計調査によると、40代(2人以上の世帯)の1ヵ月の生活費は321,071円、60代(2人以上の世帯)の1ヶ月の生活費は285,633円となっています。老後も、生活費は意外と減らないものです。

また、「ゆとりある老後」を送るためには、これら最低日常生活費のほかに、旅行やレジャー、趣味や教養などのために、プラスアルファの金額を見込んでおきたいものです。自分たちの生活必要経費がわからないという人には、2から3ヵ月だけでも家計簿をつけてみることをお勧めします。この家計住宅ローンや子どもの教育費がなくなるので、何とかなるだろうと、漠然と考えていませんか。根簿をもとに、老後の生活費を算出します。

1ヵ月のプラス・マイナスチェック

1ヶ月のプラス・マイナスを記入し、定年後の生活を考えてみましょう。

3.相談窓口

問合せする際には、基礎年金番号のわかるものをご用意ください。

一般的な年金相談

日本年金機構(外部サイトへリンク)

ねんきんダイヤル

電話番号:0570-05-1165(IP電話・PHS:03-6700-1165)

[受付時間]
月曜日:午前8時半から午後7時
火曜日から金曜日:午前8時半から午後5時15分
第2土曜日:午前9時半から午後4時

ねんきん定期便について

日本年金機構「ねんきん定期便」(外部サイトへリンク)

ねんきん定期便・ねんきんネット等専用ダイヤル
電話番号:0570-058-555(IP電話・PHS:03-6700-1144)

[受付時間]

月曜日から金曜日:午前9時から午後7時
第2土曜日:午前9時から午後5時

老齢基礎年金について

10年以上保険料を納付(免除・納付猶予期間も含む)した方が、65歳になったときに支給されます。希望によって繰り上げ、繰り下げの受給もできます

足立年金事務所

電話番号:03-3604-0111(代表)

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?