• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2017年11月9日

中国の論語が由来となった「弘道」

アダチシキ地図弘道

中国の論語が由来となった「弘道」

かつての弘道は多くの村の土地が入り組み複雑だったため、1966(昭和41)年の住居表示の実施の際、地域に馴染みがあった「弘道小学校」の「弘道」が地名として選ばれました。
弘道小学校は江戸時代にできた水戸藩の藩校・弘道館(茨城県水戸市)と関係が深かったことから、その精神を引き継ぎ「勉強を通して人間としてよい生き方を身につけ、多くの人に伝えていってほしい」という願いで名付けられました。
また弘道館は中国の孔子の教えである「論語」衛霊公(えいれいこう)篇の「子日人能“弘道”非道弘人(子曰わく、人能く道を弘む。道、人を弘むに非ざるなり)」を参考に名付けられました。アダチシキ博士

 

水戸藩の藩校・弘道館の影響を受けた「弘道」

江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜(とくがわよしのぶ)の父で、水戸藩主でもあった徳川斉昭(とくがわなりあき)が設立した弘道館(茨城県水戸市)は当時の著名な藩校のひとつでした。足立区では、幕末維新に活躍し、弘道館とゆかりの深い山岡鉄舟(やまおかてっしゅう)(江戸無血開城に大きな役割を果たした)と親交があり、弘道館の影響を受けていた中村宗右衛門(なかむらそうえもん)が綾瀬村の寺子屋で学問を教えていたと言われています。1878(明治11)年に小学校の開校が決まり、寺子屋は廃校となりましたが、宗右衛門の人望が厚かったことから「弘道」が校名となり、1966(昭和41)年に地名にもなったと伝えられています。

アダチシキ11月10日号

参考資料

  • ブックレット足立風土記6
  • 足立の歴史
  • 弘道小学校創立百周年記念誌(弘道小学校所蔵)

お求めのかたは「郷土博物館の刊行物」をご覧ください。
区内図書館でも閲覧することができます。在庫についてはお近くの図書館にお問い合わせください。

お問い合わせ

広報室報道広報課

電話番号:03-3880-5815

ファクス:03-3880-5610

Eメール:kouhou@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?