• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子育ての相談 > こども支援センターげんき

ここから本文です。

更新日:2017年5月12日

こども支援センターげんき

こども支援センターげんきでは、子育てやしつけ、教育に関する相談に対応し、家庭及び学校への支援などをおこなう総合相談窓口です。

また、虐待の通告先の第一義的相談機関としての役割も果たしています。

子育てに関する相談

子ども自身からの相談、子育て中の保護者からの子育ての不安や悩み、困っていることや分からないことなど、お気軽にご相談ください。その日のうちに相談を開始します。

子ども自身からの相談・子育て中の保護者からの子育て相談も受け付けています。

対象

  • 子ども(18歳未満)
  • 子育て中の父母または養育者
  • 子育てに関係している方

相談方法

  • 電話相談
  • 面接相談

必要に応じて担当者が家庭訪問することもあります。

受付…月曜日から土曜日(祝日・年末年始12月29日から1月3日を除く。)午前8時30分から午後5時15分

電話:3852-3535(こども家庭支援課)

児童虐待相談

児童虐待が大きな社会問題となっています。虐待は子どもの心身を傷つけ、生命や安全と深く関わる問題です。虐待に気づいたり、虐待が疑われる場合には、すみやかに下記に相談・連絡をお願いいたします。(相談・連絡した方の秘密は守られます)
なお、児童虐待の通報につきましては、緊急対応が必要な場合などがあるため、いずれもメールによる通報は受付けておりません。

電話:03-3852-3535(こども家庭支援課)

教育に関する相談

お子さんの教育上のさまざまな悩み(学業、不登校、いじめ、知能、性格、行動、言葉など)について、その原因や解決方法を専門相談員があなたと一緒に考え、話し合い、適切で必要な助言や指導を行います。

また、不登校の児童・生徒を対象に基礎学力の補充、スポーツや創作等の集団活動を通じて、集団への適応能力を高め、学校への復帰を支援するチャレンジ学級を開設しています。

対象

  • 区内に在住・在学の幼児、小・中学生、高校生とその保護者
  • 教育に関わる関係機関

相談方法

  • 電話相談
  • 面接相談

受付…月曜日から土曜日(祝日・年末年始12月29日から1月3日を除く。)午前8時30分から午後5時15分

教育相談地区割り一覧

 在住・在学の住所によって、担当が異なります。担当が分からない場合は、教育相談係へお問い合わせください。

担当区域

相談室名

所在地

電話番号

以下の区域を除く

区内全域

こども支援センターげんき

教育相談係

梅島三丁目28番8号

03-3852-2872

綾瀬川以東の

区域

こども支援センターげんき

教育相談東地区担当

綾瀬一丁目34番7号

03-3838-3588

就学相談

障がいのあるお子さんの持っている力を十分伸ばしていくために、一人ひとりの教育的ニーズに応じて、教育的支援をどのような場で行っていくのが望ましいのかを、より的確な情報をもとに考えていくための相談です。

電話:03-3852-2875(特別支援係)

特別支援教育

これまでの心身障がい教育対象の障がいに加えて、通常の学級に在籍する軽度の発達障がいのあるお子さん達に対して、一人ひとりの様子や状況に応じた、きめ細かい指導や支援を行う教育を推進しています。

電話:03-3852-2875(特別支援係)

 

 

お問い合わせ

こども支援センターげんき支援管理課支援管理係

電話番号:03-3852-2861

ファクス:03-3852-2864

Eメール:kodomo-sienkanri@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?