• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > 地球温暖化・エネルギー対策 > ご存知ですか?グリーン購入

ここから本文です。

更新日:2017年4月14日

ご存知ですか?グリーン購入

グリーン購入は、誰でもできる環境にやさしい行動です。地球と日本の環境を守り、未来の子どもたちに引き継ぐため、今日から始めましょう。

グリーン購入とは

品物やサービスを購入するとき、まず購入の必要性を十分に考え、品質や価格、利便性、デザインだけでなく、環境への影響ができるだけ小さい製品やサービスを優先して購入することです。

国や区の取り組み

国は、国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(通称グリーン購入法)に基づき、グリーン購入が義務付けられています。
区も、国の基準に沿って品物やサービスを購入するときは、特別な事情があるときを除き、グリーン購入の基準を満たすものを購入しています。

平成29年度は、紙類、文房具類、照明など171種類をグリーン購入対象品目として定めています。(くわしくは、関連PDFファイルをご覧ください)

グリーン購入の効果

グリーン購入には、省資源、省エネルギー、ごみの減量、リサイクルの推進、温室効果ガスの削減などの効果があります。グリーン購入は、国や地方公共団体だけが取り組むことではありません。幅広い消費者が取り組むことで、環境に配慮した商品の需要が高まり、生産者もこうした商品の開発を進め、より安く、より環境に配慮した商品やサービスが普及するようになり、ますます効果が高まっていきます。

グリーン購入のすすめ

グリーン購入は、誰でもすぐに取り組める環境活動です。多くの区民・事業者の皆様がグリーン購入を進めていけば、「地球にやさしいひとのまち足立」の実現につながっていきます。価格や性能の問題もありますので、すべてをグリーン購入にする必要はありません。それぞれができる範囲でグリーン購入に取り組んでください。

グリーン購入の方法

1要性の考慮

その品物を買う必要性を考え、買うときには、必要な数量だけを買います。
例えば・・・

  • 買わずに今あるもので工夫する
  • 買わずに今あるものを修理する
  • 買わずに他の方法で用事を済ませる
  • 買わずに家族や友人から借りる
  • 買わずにレンタルで済ませる
  • 部品だけ買って取り替えて使う
  • バラ売りを利用し、必要最小限の数量を買う

2品・サービスの考慮

買う商品・サービスを決めるとき、環境に与える影響を考えます。
例えば・・・

  • 省資源、省エネルギーで製造、流通しているか
  • 環境を汚染する化学物質などを使っていないか
  • 長期間使えたり、中身を取り替えることができるか
  • 再利用やリサイクルできるか
  • 再生材料が使われているか
  • 捨てるときは、適正な処分ができるか

3業者の考慮

買うときは、環境への配慮に取り組んでいる事業者を優先します。

例えば・・・

  • 環境マネジメントシステムを導入し、ISO14001の認証を受けている
  • 環境への配慮行動を積極的に実施している

区では、ごみ減量やリサイクル活動を積極的に推進している小売店を「Rのお店」として登録する制度を実施しています。くわしくは、こちらをご覧ください。

グリーン購入をもっと知りたい

関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境政策課計画推進係(区役所南館11階)

電話番号:03-3880-6049

ファクス:03-3880-5604

Eメール:kankyo-keikakutanto@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?