• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > ごみとリサイクル > 事業者の皆様へ > 「事業用大規模建築物における再利用計画書」の作成について

ここから本文です。

更新日:2018年11月27日

「事業用大規模建築物における再利用計画書」の作成について

事業用大規模建築物の所有者は、「足立区廃棄物の処理及び再利用に関する条例」に基づき、「事業用大規模建築物における再利用計画書」を毎年作成し、提出することが義務付けられています。提出いただく書類は次の3点です。※各書式データは本ページ下部の「関連PDFファイル」からご利用ください。

  • 事業用大規模建築物における再利用計画書
  • ごみ処理・リサイクルフロー図
  • 廃棄物管理責任者選任届(変更があった場合)

この再利用計画書をもとに、区内の事業所における廃棄物の処理実績を集計した「再利用計画書のまとめ事業用大規模建築物データファイル」を発行しています。(ごみ減量推進課窓口にて配布中)

循環型社会の構築

区では、第三次環境基本計画の中で「地球にやさしいひとのまち」を基本方針とし、取り組むべき5つの柱の1つに「循環型社会の構築」を掲げています。より良い循環型社会の実現にむけて事業者の皆様方における積極的なごみ減量・資源化への取り組みをお願いいたします。

【参考】

廃棄物減量推進感謝状贈呈事業者

区では、事業者の方々に、ごみ減量・リサイクルの推進等について理解を求めるとともに、事業者自身の取組みを促進していただくことを目的として、訪問調査や排出指導等を実施しています。また、事業系ごみの発生抑制や再利用、適正処理において優れた取組みを実践されている事業者を対象に感謝状を贈呈しています。

年度

廃棄物減量推進感謝状贈呈事業者

平成30年度
  • 東京トヨペット株式会社 レクサス足立(青井五丁目)

東京トヨペット株式会社は、「人にも、地球にもやさしいクルマ社会」を目指し、環境負荷の低減に努めるほか、環境に対する自社基準を定めて環境保全レベルの向上を図っています。さらに、事業活動のすべての分野でリサイクルを進めており、その効果として、着実な廃棄物の削減につなげています。

レクサス足立では、廃棄物の種類ごとに分別容器を用意し、早見表を掲示するなど、社員が廃棄物の分別に取り組みやすい環境をつくり、適切に実行しています。また、環境教育を計画的に行い、社員一人ひとりが、環境改善行動を実践することで、廃棄物の減量と適正処理に取り組んでいます。

 

  • マックスバリュ関東株式会社 マックスバリュエクスプレス保木間店(保木間二丁目)
  • マックスバリュ関東株式会社 マックスバリュ竹の塚店(竹の塚五丁目)

マックスバリュ関東株式会社は、環境対策や廃棄物の適正処理、減量の取り組みをすすめています。各店舗では、ISO14001に基づく省エネルギー対策やごみの減量など、設定する目標達成に向けた取り組みを行っています。また、本社が廃棄物処理を一元的にシステム化することで、目標達成率や取り組み状況を明確化しています。さらに廃棄物処理を委託している処理施設を実際に現地視察するなど、排出事業者責任の重要性を認識された上で、廃棄物の適正処理、ごみの減量に取り組んでいます。

マックスバリュ竹の塚店及びマックスバリュエクスプレス保木間店では、本社と共に、ごみの減量や節電などの目標達成に向けた取り組みにおいて、従業員全員に個人目標の設定をしています。個人目標はいつでも確認できるよう持ち歩いており、従業員が目標達成を意識して自ら考え行動するように努めています。また、店舗で生じるごみの発生抑制として、商品配送に通い箱を使用して梱包材の削減、簡素化を図っています。あわせて、マイバッグ運動によるレジ袋の配布枚数の削減や徹底した在庫管理を行い、売れ残りや廃棄商品の削減等ごみの減量の取り組みが実践されています。

平成29年度
  • マルエツ東和店(東和一丁目)

株式会社マルエツは、ISO14001を取得しており、持続可能な循環型社会を目指して3R(リデュース、リユース、リサイクル)に積極的に取り組んでいます。毎年、環境計画の策定、実施、点検、改善(PDCAサイクル)により目標実現に向けた取組みを行っています。

東和店では、「電気使用量の削減」「食品廃棄の削減」「レジ袋辞退者数の拡大」「可燃ごみの排出量の削減」を環境目標に設定しています。目標の達成度を四半期ごとに社内に掲示し、朝礼やミーティング等を通じて目標達成に向けた分別方法や取組方針等の周知徹底を図るなど、各従業員が主体的となり廃棄物減量を実践しています。

平成28年度
  • イワヤ株式会社(梅島二丁目)

社内のプロジェクトチームが、廃棄物ごとの減量目標や、最終処分施設への視察予定などを定めた環境計画書を作成し、その達成状況の進捗確認を月に1回ほど行っています。達成状況が目標に達していない場合は、プロジェクトチームが原因を究明し、改善方法を話しあい、その改善案を社員全員へフィードバックするなど、会社全体で目標を達成できるように取り組んでいます。これらの取り組みをまとめた「環境活動レポート2013年版」は、第18回環境コミュニケーション大賞の環境活動レポート部門で、大賞となる環境大臣賞を受賞するなど、高い評価を受けています。

平成27年度

  • 介護老人保健施設あさひ(保木間四丁目)

廃棄物処理業者と連携し定期的に勉強会を実施することで、全職員に廃棄物減量への意識啓発を行い、職員が分別容器の表示方法や再利用などのアイデアを出し合うなど、職員一丸となって廃棄物減量に取り組んでいます。また、廃棄物管理責任者が定期的に施設内を巡回し、分別状況の点検と改善指導を行うことで適切な廃棄物処理を推進しています。

 

  • 株式会社サンエー印刷小台工場(宮城一丁目)

水なし印刷機を導入し、印刷版の作成時に使用する現像液や印刷時に使用する湿し水などの廃液を大幅に減量しています。また、印刷製本や梱包で発生する紙類や廃プラスチック類をリサイクルするほか、アルミニウム回収業者や合金メーカー等と協力し、品質の低下を伴わず高純度の印刷版を製造する「P2P]リサイクルシステムにより、リサイクル向上に努めています。

平成26年度

  • 株式会社イトーヨーカ堂リオ西新井店(西新井栄町一丁目)

廃棄物の分別を徹底し、野菜くずや調理くずを食品リサイクルによって豚の飼料にする等、排出する物を極力リサイクルするよう努力しています。また、委託先の廃棄物処理業者と連携しながら分別を行い、各テナントや従業員が分かりやすいように廃棄物保管場所の表示をすることで、ごみの混入を防ぎ、分別の意識向上に努めています。

平成25年度

  • 東武鉄道株式会社武北千住駅(千住旭町)

平成24年度

  • 株式会社加藤文明社立生産センター(入谷七丁目)

平成23年度

  • 東京日野自動車株式会社京支社足立支店(保木間五丁目)

平成22年度

  • 日本コムシス株式会社(江北三丁目)

平成21年度

  • 三英電業株式会社京支店東部支社(宮城一丁目)

平成20年度

  • 株式会社オーエス京ビル(綾瀬三丁目)
  • 大興運輸株式会社京物流センター(青井五丁目)

平成19年度

  • 医療法人社団成和会西新井病院(西新井本町五丁目)

平成18年度

  • アダマンド工業株式会社(新田一丁目)
  • 東京トヨペット株式会社クノセンター足立(中央本町四丁目)

平成17年度

  • 医療法人財団厚生協会京足立病院(保木間五丁目)
  • 東京都立井高等学校(青井一丁目)

平成16年度

  • 田島ルーフィング株式会社(小台一丁目)
  • 株式会社日立ビルシステム研究センター(中川四丁目)

平成15年度

  • 財団法人海外技術者研修協会京センター(千住東一丁目)
  • 株式会社ホンダベルノ新東京西新井店(扇一丁目)

平成14年度

  • 株式会社サンエス(加平三丁目)
  • 並木精密宝石株式会社(新田三丁目)

関連PDFファイル

【原本】

【記入例】

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

ごみ減量推進課業務係
電話番号:03-3880-5302(直通)
ファクス:03-3880-5604
Eメール:kankyo-gomigen@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?