ホーム > 住まい・暮らし > 区民参加 > 寄付・基金 > コロナに負けるな!医療従事者&事業者応援寄附金の受付開始

ここから本文です。

公開日:2020年5月13日 更新日:2020年8月12日

コロナに負けるな!医療従事者&事業者応援寄附金の受付開始

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、足立区では医療現場の最前線で働く医療従事者を応援したいという思いをこめて、医療従事者&事業者応援寄附金を立ち上げました。足立区で奮闘している方々へ皆さんの想いを届けます。

※ページ内容は随時更新していきます。

新型コロナウイルス感染症の治療にあたっている医療従事者・医療機関を応援したい

byouin新型コロナウイルス感染症のPCR検査や治療にあたっている医療従事者・医療機関を支援するために寄附金を活用します。
・PCR検査センターの設置費用
・新型コロナウイルス感染の疑いがあり、入院が必要な患者のための病床確保
・PCR検査に従事する医療従事者への手当の補助
・医療の現場に必要なマスク、防護服、消毒液等を始めとした物資の購入費など
※寄附される方は、ふるさとチョイス(外部サイトへリンク)からお申込みください。

問い合わせ先 衛生管理課

電話番号:03-3880-5891

Eメール:e-kanri@city.adachi.tokyo.jp

新型コロナウイルス感染症に負けずに奮闘する事業者を応援したい

aoi4休業や業務縮小を余儀なくされている中小事業者と従業員の雇用を守るための対策に寄附金を活用します。
・事業者が実施する感染拡大の防止や顧客の安全に配慮する取組みの費用
・事業者が業態転換など経営改善(飲食店が宅配サービス開始等)を行う費用
・事業者が緊急的に融資を受ける場合の諸経費(利子、信用保証料)など
※寄附される方は、ふるさとチョイス(外部サイトへリンク)からお申込みください。

 

問い合わせ先 産業政策課

電話番号:03-3880-5182

Eメール:san-san@city.adachi.tokyo.jp

銀行振込でも寄附を受け付けています

下記の金融機関で銀行振り込みでの受付を開始しました。

みずほ銀行 千住支店 

普通 3049543

コロナに負けるな!足立区の医療従事者&事業者応援寄附金

 

・医療従事者への支援を希望する場合は、振込依頼人名の後に「イリヨウ」、中小事業者への支援を希望する場合は「ジギヨウ」と記載願います。

 記載例)「○○イチロウ イリヨウ」「△△ハナコ ジギヨウ」

・全国のみずほ銀行本・支店ATMで現金またはみずほキャッシュカード、みずほダイレクトから振り込む場合、手数料は無料となります。

・「3密」を避けるため、銀行の窓口ではなく、ATMやネットバンキングからのお振込みをお願いいたします。

 

【(銀行振込の場合)寄附金控除証明書等が必要な方へ】

本寄附金はふるさと納税制度の対象となります。寄附金控除証明書やワンストップ特例申請書が必要な方は、こちらの発行依頼書(ワード:19KB)をダウンロードし、郵送またはメールで申請してください。また、5,000円以上寄附された方は、翌年度に区HPにおいて氏名、寄附額を公開することができますので、希望される方は発行依頼書をご提出ください。

※ふるさとチョイスからお申込みの方は、提出していただく必要はございません。

発行依頼書(ワード:19KB)

 

問い合わせ先 財政課

電話:03-3880-5814 

メール:zaisei@city.adachi.tokyo.jp

税控除の対象となります

寄付金のうち2,000円を超える額が、住民税(個人住民税所得割)のおおむね2割を上限として、所得税と個人住民税で控除されます。
寄附金額や寄付者の収入などにより、控除額は変わります。くわしくはお問い合わせください。

問い合わせ先 課税課第一から第四係

電話番号:03-3880-5230から2

Eメール:kazei@city.adachi.tokyo.jp

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

政策経営部財政課

電話番号:03-3880-5814

ファクス:03-3880-5610

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all