ホーム > 仕事・産業 > 入札・契約 > 入札・プロポーザル・契約等 > 旧本木東小学校跡地活用の基本的な方針について

ここから本文です。

公開日:2021年1月13日 更新日:2021年1月13日

旧本木東小学校跡地活用の基本的な方針について

1.跡地活用の基本的な考え方

(1)当該地側に面する道路は、一方後退して幅員6m以上の道路とする。併せて、本木一丁目中公園を幅員6m以上

 の道路とする。

(2)跡地活用の用途は、避難所機能を有する特別養護老人ホームとする。併せて、公園代替地とする。

(3)公園用地は、本木一丁目中公園を幅員6m以上の道路とするための代替地として整形に配置し、面積は既存公園

 面積以上を確保する。

2.基本的な考え方の理由

(1)地域の防災機能を向上させるため、敷地に面する道路幅員を6mとし、区が責任を持って管理する。

(2)旧本木東小学校の跡地利用は、「足立区特別養護老人ホーム整備方針」に基づき、特別養護老人ホームとする。

 併せて、公園代替地とし、本木一丁目中公園の形状を改善する。

(3)使い勝手を良くするため、公園用地は整形に配置し、面積は既存面積(1564.40平方メートル)以上を確保す

 る。

3.これまでの経緯

・平成24年3月 学校統合により廃校

・平成26年4月 関原小学校仮校舎として使用(平成28年3月まで)

・平成28年8月 亀田小学校改修期間中に給食場を使用(平成28年12月まで)

・令和元年11月 現在の旧本木東小学校校舎を水害時においても避難所として開設するとともに、跡地利用に際して

        も防災拠点として整備するよう求める要望書が提出、同月で同請願が提出   

・令和2年8月 旧本木東小学校避難所復旧工事完了

・令和2年9月 旧本木東小学校避難所体育館を安全安心の防災拠点とするためにエアコン設置を求める陳情が提出                     

4.土地概要

(1)旧本木東小学校

 【位  置】 足立区本木一丁目14番15

 【土地面積】 6,724.87平方メートル

(2)本木一丁目中公園

 【位  置】 足立区本木一丁目727番1他

 【土地面積】 1,564,40平方メートル

5.今後のスケジュール(予定)

・令和3年2月 既存校舎解体設計、道路設計に着手

・令和4年度 特別養護老人ホーム事業者公募

・令和4から5年度 既存校舎解体工事

・令和5から6年度 公園代替地工事

 

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

総務部資産活用担当課
電話:03-3880-5939
ファクス:03-3880-5609
Eメール:shisan@city.adachi.tokyo.jp

all