ここから本文です。

公開日:2022年7月1日 更新日:2022年7月1日

かこのテーマでしらべる 2022年4月

あだちくりつとしょかん「こどもぺーじ」

トップイラスト

 

しらべる見出し

としょかんには、たくさんの本があります。

そのとしょかんにある本をつかって、しらべてみよう!

今回のテーマ 

睡眠

夜、ちゃんとねていますか?

ねむいと元気に遊んだりしっかり勉強したりできないですよね。

今回は「睡眠(すいみん)」についてしらべてみました。

人間の睡眠(すいみん)

赤ちゃんは1日の大半をねむってすごします。
小学生は9時間から11時間ねむらなくてはいけません。
年をとるにつれてねむる時間は短くなっていきます。

人はねむっているとき、深いねむりと浅(あさ)いねむりをくり返しています。
深いねむりは「ノンレム睡眠(すいみん)」といい、脳(のう)を休めます。
浅(あさ)いねむりは「レム睡眠(すいみん)」といい、記憶(きおく)を整理して定着させたり、ゆめを見たりします。

バランスのとれた食事と適度(てきど)な運動をしていれば、ねているときに体を育ててくれる「成長(せいちょう)ホルモン」がたくさん出ます。
成長(せいちょう)ホルモンが一番出るのはこどものころです。
免疫(めんえき)力を高めるはたらきもあり、病気にかかりにくくしてくれます。

動物はどうやってねむるの?

野生の動物にとって、ねむるというのは命をねらわれる危険(きけん)な時間です。

キリンはすぐにげられるように、立ったまま浅(あさ)いねむりにつきます。
フクロウは、自分より強い動物がねむっていて狩(か)りがしやすい夜に行動します。
カタツムリは暑く乾燥(かんそう)する夏の間ねむってすごし、ヤマネは寒くてエサの少ない冬をねむってすごします。
イルカは左右の脳(のう)を交代で休ませ、どちらかの脳(のう)は起きているようにすることで、息つぎしたりゆっくり泳いだりします。

自分の身を守るため、動物はいろいろなねむりかたをしているのです。

ちなみに、危険(きけん)が少ない動物園の動物は、野生の動物よりもよくねていると考えられています。
敵(てき)からねらわれることが少ないライオンも、昼間にのんびりねむります。

さいごに

睡眠(すいみん)は体と脳(のう)を休めるのにとっても大切です。

体を大きくしたり、病気にかかりにくくしたりするためにも、しっかりねむって気持ちのいい朝をむかえましょう。

 

 

このページの内容は

1 『健康のすすめ!カラダ研究所 3』 石倉ヒロユキ/作 金子光延/監修 偕成社 

2 『人体』 坂井建雄/監修 ポプラ社

3 『動物のちえ 4』 成島悦雄/監修 ネイチャー・プロ編集室/編著 偕成社

を参考に、小学生にもわかりやすいよう、一部編集したものです。

「もっといろいろ知りたいな」という人は、ぜひ図書館に来てこれらの本を読んでみてください

 

ふくろう しらべ学習のしかた

               ↑しらべ学習のしかたを知りたいときは、上をクリックしてね。

クローバー かこのテーマでしらべる

     かこのテーマいちらんにもどりたいときは、上をクリックしてね。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

足立区立中央図書館読書活動推進係

電話番号:03-5813-3745

ファクス:03-3870-8415

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all