ホーム > 住まい・暮らし > 人権・平和 > 様々な人権問題 > 足立区拉致問題等啓発推進条例制定記念講演会【5月26日(木曜日)】

ここから本文です。

公開日:2018年4月11日 更新日:2022年5月3日

 足立区拉致問題等啓発推進条例制定記念講演会【5月26日(木曜日)】

「北朝鮮に拉致されて、私は命以外のすべてを失った」
夢と絆を求めて 翻弄された運命のなかで

 足立区は拉致問題の風化防止と、啓発の推進を目的として令和3年7月12日に「足立区拉致問題等啓発推進条例」を施行しました。
 条例の施行を記念して、区民の皆さまへ重大な人権侵害である「拉致問題」に関する理解を深めていただくため、講演会を開催します。

 夢や希望、家族や友人との絆、拉致はその全てを奪う重大な人権侵害行為です。
 自由があることの大切さを再認識し、拉致問題に対する理解を深めましょう。

開催日時

令和4年5月26日(木曜日)
15時00分から16時30分(開場:14時30分)

開催場所

名称 西新井文化ホール(ギャラクシティ)
所在地

足立区栗原1-3-1

アクセス方法

鉄道(東京スカイツリーライン)
西新井駅から徒歩3分

講師

講師写真

蓮池 薫(はすいけ かおる)氏

【略歴】
1957年新潟県生まれ。
1978年、帰省していた新潟県柏崎市の海岸で、現在の妻・祐木子さんとともに袋詰めされて拉致され、24年間、北朝鮮での生活を余儀なくされる。
帰国後、1年間の市役所勤務を経て、新潟産業大学嘱託職員・非常勤講師として働くかたわら、中央大学に復学。
現在、新潟産業大学経済学部准教授を務めながら、拉致問題解決のため、全国各地で講演活動を活発に行う。

参加募集人数

450名(事前申込・抽選制)
※当落は5月12日頃までに通知をお送りいたします。

対象

足立区に在住・在勤・在学の方

費用

無料

申込方法

参加申込の受付は、5月2日(月曜日)をもって終了いたしました。
多数の申込をいただき、誠にありがとうございました。


※いずれの申込方法でも1度につき2名まで申込可能

1 申込フォーム(4月25日(月曜日)から5月2日(月曜日))

申込フォーム入力ページ(受付終了

2 はがき(5月2日消印有効)

下記の必要事項を記入の上、申込ください。
必要事項は応募者全員分ご記入いただくようにお願いいたします。

1.氏名(フリガナ)
2.年齢
3.住所
4.勤務先または在学先(住所が区外の方のみ)
5.電話番号
6.車いす使用の有無(該当の方のみ)

申込先:〒120-8510 足立区中央本町1-17-1 総務課人権推進係 宛

動画配信

令和4年6月3日(金曜日)から6月13日(月曜日)まで講演会の様子を動画配信いたします。

足立区公式動画サイト「動画deあだち」
 

その他

  • 新型コロナウイルス感染症の状況によって、中止または動画配信のみ実施となる可能性があります。その場合につきましては、本ホームページ及び足立区公式Twitter、FaceBookにてご案内いたします。
  • 当日は手話通訳があります。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

総務部総務課人権推進係

電話番号:03-3880-5497

ファクス:03-3880-5609

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all