ホーム > 健康・福祉 > 障がいのある方のために > 障がい児のサービス > 中等度難聴児発達支援事業(補聴器購入費の助成)

ここから本文です。

公開日:2019年2月6日 更新日:2021年7月28日

中等度難聴児発達支援事業(補聴器購入費の助成)

身体障害者手帳の交付対象とならない中等度の難聴児に、補聴器等購入費の一部を助成することにより、言語発達の支援やコミュニケーション能力等の向上を促進し、難聴児の健全な発達を支援します。

補聴器等を購入する前に所定の手続きが必要となりますので、事前にご相談ください。

対象者

次のすべてに該当する児童。

1 区内在住の18歳未満の児童

2 両耳の聴力レベルが概ね30デシベル以上であり、身体障害者手帳(聴覚障害)交付の対象となる聴力ではないこと

3 補聴器の装用により、言語習得等一定の効果が期待できると医師が判断する児童

ただし、児童の属する世帯に区民税所得割額が46万円以上の方がいる場合は助成の対象外となります。

基準額(上限額)

1 補聴器

137,000円(補聴器1台あたり)※修理費用は対象外

装用効果の高い側の片耳分の助成を原則とします。ただし、医師の意見書により、教育上、生活上等特に必要と認められる場合は、両耳分を助成します。

2 補聴システム(FM型・デジタル方式)

(1)ワイヤレスマイク 98,000円

(2)受信機      80,000円

(3)オーディオシュー   5,000円 

助成額

補聴器の購入費用と基準額を比較して少ない方の額の9割(区民税非課税世帯、生活保護世帯は10割)を助成します。

補聴器の種類等

補聴器等の種類

基準額に含むもの

耐用年数

高度難聴用ポケット型

補聴器本体(電池を含む)、イヤーモールド

5年

高度難聴用耳かけ型

補聴器本体(電池を含む)、イヤーモールド

重度難聴用ポケット型

補聴器本体(電池を含む)、イヤーモールド

重度難聴用耳かけ型

補聴器本体(電池を含む)、イヤーモールド

耳あな型(レディメイド)

補聴器本体(電池を含む)、イヤーモールド

耳あな型(オーダーメイド)

補聴器本体(電池を含む)

骨導式ポケット型

補聴器本体(電池を含む)、骨導レシーバー、ヘッドバンド

骨導式眼鏡型

補聴器本体(電池を含む)、平面レンズ

 補聴システム(FM型・デジタル方式)

 ワイヤレスマイク 

  更新する場合は、前回支給から5年以上経過していること

 補聴システム(FM型・デジタル方式)

 受信機

 

 補聴システム(FM型・デジタル方式)

 オーディオシュー

 

問い合わせ先

障がい福祉課各援護係

 

ビュー坊

収入がない方・非課税所得のみの方も住民税の申告をしましょう。
申告を行わないと各種制度・サービスの利用や申請ができない場合があります。
また手当などが停止されたり振り込みの遅れが生じる場合や
サービスの利用にあたって自己負担額が発生する場合もあります。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

福祉部障がい福祉課各援護係

電話番号:上記問い合わせ先参照

ファクス:上記問い合わせ先参照

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all