ホーム > 健康・福祉 > 障がいのある方のために > 医療・看護 > 自立支援医療(更生医療)

ここから本文です。

公開日:2018年11月6日 更新日:2020年3月5日

自立支援医療(更生医療)

身体障がい者が手術などにより障がいの程度を軽くしたり、取り除いたりすることが可能な場合、その医療を給付する制度です。

対象

身体障害者手帳を持っている18歳以上の方

給付内容

  1. 指定医療機関に委託して現物給付
  2. 医学的処置・手術・その他治療・施術(マッサージのみ)
  3. 病院または診療所への入院・通院

費用

原則として医療費の1割負担となりますが、世帯の所得や住民税の課税状況に応じて月額負担上限額が設定されます。なお、高額治療継続者「重度かつ継続」を除き、一定所得以上の方は、給付の対象となりません。

なお、所得計算の際に、寡婦(夫)控除のみなし適用が実施されます(未婚のひとり親で税の控除対象外の方が対象)。適用には申出が必要となりますので、詳しくはお問い合わせください。

また、寡婦(夫)控除のみなし適用の概要や対象となるサービスについては下記ページにてご確認ください。
足立区寡婦(夫)控除のみなし適用の実施

申請手続き

障がいにより東京都心身障害者福祉センターの判定が必要です。詳しくは障がい福祉課各援護係にお問合せください。

問い合わせ

障がい福祉課各援護係

 

ビュー坊

収入がない方・非課税所得のみの方も住民税の申告をしましょう。
申告を行わないと各種制度・サービスの利用や申請ができない場合があります。
また手当などが停止されたり振り込みの遅れが生じる場合や
サービスの利用にあたって自己負担額が発生する場合もあります。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

障がい福祉推進室障がい福祉課各援護係

電話番号:上記問い合わせ先参照

ファクス:上記問い合わせ先参照

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all