ホーム > 文化・スポーツ > 講座・サークル・生涯学習 > お知らせ > 生涯学習センター・各地域学習センターの利用定員及び利用時間の制限について

ここから本文です。

公開日:2021年1月8日 更新日:2021年4月12日

生涯学習センター・各地域学習センターの利用定員及び利用時間の制限について

足立区新型コロナウイルス対策本部会議の決定に基づき、生涯学習センター・各地域学習センターの利用定員及び利用時間の制限をさせていただきます。詳細につきましては以下をご確認ください。

利用定員・利用時間制限について

利用期間

令和3年1月8日から令和3年3月21日

令和3年3月22日から令和3年5月11日まで

(4月12日から5月11日までは「まん延防止等重点措置」適用期間)

利用定員

   定員の50%以内   

大声での歓声、声援等がないことを前提とする場合  ※1

定員の100%以内

大声での歓声、声援等が想定される場合  ※2

定員の50%以内

利用時間 原則として午後8時までとする 制限なし(通常終了時間まで使用可能)

※1 「大声での歓声、声援等がないことを前提とする場合」の具体的例示については、地域説明会・相談会等、クラシック音楽・歌劇・合唱・吹奏楽等のコンサート、演劇、舞踊、伝統芸能、演芸、講演会、展示会等

※2「大声での歓声、声援等が想定される場合」の具体的例示については、ロックコンサート、ポップコンサート、スポーツイベント、キャラクター、ショー等のイベント等

活動内容の制限について

活動内容の制限につきましては、以下をご確認ください。

活動内容 制限内容
スポーツ吹矢

以下の条件を徹底できる場合は利用可

・利用者が各自で筒及びマウスピースを持参する(共用しない)

・吹いた矢は自身で回収する

料理、茶道における

茶器の使いまわし及び菓子等の提供

利用中止

※ 緊急事態宣言解除後も上記の活動内容の制限については、当面の間継続します。

※ 施設利用にあたっては、引き続き、「学習センター(屋内貸出施設)利用上の注意(お願い)」(PDF:121KB)に記載の項目(体調チェックシートの提出・マスクの着用・手洗いや手指の消毒・換気・人と人との間隔に配慮・利用者名簿の保管等)を徹底していただくことが利用条件となります。

地域体育館、トレーニングルームの利用定員については「スポーツ施設の一部利用再開について」のページをご確認ください。

還付手続きについて

還付手続きについては、「新型コロナウイルス感染症対策に関する施設使用料還付のお知らせ」をご確認ください。「施設使用承認書兼領収書」または「レシート(コンビニ払い)」を持参のうえ、区内22箇所総合受付窓口でお手続きをお願いいたします。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、感染症を理由とする施設利用のキャンセルについては、当面の間、使用料を全額還付(返金)します。

 

各施設のご利用について、詳しくは下記の各施設ページをご確認ください。

生涯学習センター(外部サイトへリンク)

伊興地域学習センター(外部サイトへリンク)

梅田地域学習センター(外部サイトへリンク)

興本地域学習センター(外部サイトへリンク)

江北地域学習センター(外部サイトへリンク)

佐野地域学習センター(外部サイトへリンク)

鹿浜地域学習センター(外部サイトへリンク)

新田地域学習センター(外部サイトへリンク)

竹の塚地域学習センター(外部サイトへリンク)

中央本町地域学習センター(外部サイトへリンク)

東和地域学習センター(外部サイトへリンク)

舎人地域学習センター(外部サイトへリンク)

花畑地域学習センター(外部サイトへリンク)

保塚地域学習センター(外部サイトへリンク)

 

スポーツ施設

 

 

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

生涯学習支援室生涯学習支援課生涯学習支援第一係

電話番号:03-3880-5467

ファクス:03-3880-5603

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all