ホーム > 住まい・暮らし > 区民参加 > 協働・協創 > 協働から協創へとスタートを切りました

ここから本文です。

公開日:2020年2月19日 更新日:2020年5月21日

協働から協創へとスタートを切りました

足立区は多様な主体と協創していきます

基本構想で掲げる足立区の将来像

「協創力でつくる 活力にあふれ 進化し続ける ひと・まち足立」

 

協創とは、互いの個性や価値観を認め合い、ゆるやかにつながり支えあうことで、より一層力を発揮する仕組みのことです。

行政の想いだけでは解決できない地域課題も、区民・事業者・団体等と力をあわせ、互いの役割を果たすことで、解決していく「力」、ともにまちを創り魅力を生み出していく「力」が生まれ、これが協創力へと発展していきます。

行政の想い、多様な主体の想いが繋がりあって課題解決に取り組む。そんな新しい仕組みを構築し、協創を深めていきます。

平成29年度の取り組み

平成30年度の取り組み

平成31年(令和元年)度の取り組み

令和2年度の取り組み

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

政策経営部協働・協創推進担当課
電話:03-3880-5748
ファクス:03-3880-5610
Eメール:kyoso@city.adachi.tokyo.jp

all