• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 区政運営 > 基本構想・基本計画 > 足立区人口ビジョン及び足立区人口ビジョンを実現する総合戦略

ここから本文です。

更新日:2017年4月5日

足立区人口ビジョン及び足立区人口ビジョンを実現する総合戦略

●足立区人口ビジョン及び足立区人口ビジョンを実現する総合戦略(PDF:3,369KB)

はじめに

足立区が平成27年に実施した将来人口推計(中位推計)によると、現状では人口増加の傾向にあるものの、長期的には人口減少、少子・超高齢社会が進展することが予測されます。特に、高齢者人口が増加する反面、生産年齢人口が減少することにより人口構造が大きく変化し、扶助費増加や税収減、地域を支える担い手不足などへの影響が見込まれます。
足立区では、この課題に対し、人口構造の急激な変化を緩和するための目標値を設定した「足立区人口ビジョン(以下、「人口ビジョン」という)」を策定しました。さらに、人口ビジョンで設定した目標値を達成するために策定した「足立区人口ビジョンを実現する総合戦略(以下、「総合戦略」という)」に位置づけた施策を着実に実施していきます。

1 計画期間

・人口ビジョンは、平成72年を目標年として設定します。
・総合戦略は、平成29年度から平成32年度までの4年間を計画期間とします。

第1部 人口ビジョン

人口分析をふまえた課題と解決の方向性

足立区では、今後総人口が減少するとともに、人口構造が大きく変化すると見込まれます。

まち

【主な課題】

・これまでのような大規模開発等が今後も継続するとは限らないため、若年層の転入が減少する可能性があります。

・特に0~4歳の子どもをもつ世帯において、転入より転出の数が多くなっています。

【解決の方向性】

・住みやすく、安全・安心なまちづくりの実現を図ることが必要です。

・転出が多くなっている原因の把握に努め、子育て世帯をはじめ、誰もが住みたいと思い、住み続けることができるよう、まちの魅力の向上と施策の充実が必要です。

ひと

【主な課題】

・合計特殊出生率はやや上昇傾向ですが、今後、下降が見込まれます。

・高齢者、特に75歳以上の後期高齢者のさらなる増加が見込まれます。

・ライフスタイルの変化等による区民ニーズの多様化が見込まれます。

【解決の方向性】

・安心して子どもを産み育てられる環境づくりにより、出生数を増加させることが必要です。

・健康寿命の延伸など、健康で、安心して高齢者が暮らせる仕組みの充実が必要です。

・多様な個性を認めあい、区民の主体的な活動を支援する地域社会を実現していくことが必要です。

しごと

【主な課題】

・15歳以上の人口は増加していますが、就業者数は減少しています。

・区内企業の従業員数は、特に大きく減少していませんが、一定割合の非正規雇用がみられます。

・事業所数は、減少傾向となっています。

【解決の方向性】

・今後も引き続き、雇用の確保に努めるほか、ワーク・ライフ・バランスを推進し、雇用のあり方などについても検討する必要があります。

・創業支援などの充実により、区内経済の活性化に努める必要があります。

目指すべき人口指標の目標( 人口ビジョン)

『合計特殊出生率』(1人の女性が一生に産む子どもの平均数)…平成72年 1.40
『移動率』(人口の社会増減の比率)…平成37年まで現状維持(約1.008) 平成38年以降は現状の9割水準

第2部 人口ビジョンを実現する総合戦略

【まち】基本目標:安全・安心で、生活の場所として選ばれる魅力あるまち

具体的施策1 ビューティフル・ウィンドウズ運動(生活安全支援事務)
具体的施策2 シティプロモーション事業

【ひと】基本目標:夢や希望を育み、自分らしく生きられるまち

具体的施策1 小学校学力定着対策事業、中学校学力定着対策事業、教員の授業力向上事業
具体的施策2 待機児童解消の推進
具体的施策3 健康あだち21推進事業(糖尿病対策)
具体的施策4 文化・スポーツ活動協創推進事業

【しごと】基本目標:「女性」「若者」「高齢者」「障がい者」の活躍を支え、多様な働き方ができるまち

具体的施策1 ワーク・ライフ・バランスの推進事業
具体的施策2 創業支援事業

  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策経営部政策経営課

電話番号:03-3880-5811

ファクス:03-3880-5610

Eメール:seisaku@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。