ホーム > 子育て・教育 > ひとり親への支援 > 交流・情報交換「サロン豆の木」 > 令和3年度ひとり親家庭応援!サロン豆の木こんなことやってますpart1

ここから本文です。

公開日:2021年7月26日 更新日:2021年7月26日

令和3年度ひとり親家庭応援!サロン豆の木こんなことやってますpart1                                                                                        豆の木ロゴ

ひとり親家庭の皆さん同士が、生活・仕事・子育てなどの悩みを相談したり、情報交換ができるサロンです。
参加の目的に合わせて選べる2種類のサロンを開催しています。
『話してスッキリ!サロン豆の木』…困りごとを聞いて欲しい、話して気持ちを整理したいときなど
『遊んでエンジョイ!サロン豆の木』…子どもと一緒に楽しみたい、たまにはひとりでリフレッシュしたいときなど

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和2年6月より、定員を設け、事前申し込み制で実施しています。

ここでは、令和3年4月から7月の『遊んでエンジョイ!サロン豆の木』の様子をお知らせします。

 

豆の木エンジョイ『ぬいぐるみ人形劇 ショッコランのハッピーイースター』4月10日(土曜日)

*ぬいぐるみ人形劇団ショッコランによる歌、ダンス、ゲームを織り交ぜたファミリーコンサート。広いホールで十分に間隔をとって楽しんでいただきました。劇の途中にじゃんけんゲームや、簡単な振り付けで一緒に踊るなど参加できたので、お子さんたちは少し恥ずかしがりながらも気分上々、盛り上がっていました。開幕前と終了時には、大きな着ぐるみやキャストと一緒に写真を撮ることもできました。

*参加者の声
・子どもとよい休日になりました。
・演者さんたちが一生懸命行ってくれていることがよくわかり、好感がもてました。
・また、文化に関する時間を楽しみにしています。
・音楽劇など楽しみにしています。またやってください。

 観劇1    観劇

  春探しの場面       キャスト勢ぞろい

豆の木クラフト『こいのぼりキャンドルと兜飾りを作ろう』4月24日(土曜日)

*5月5日の「こどもの日」にちなんだ工作。「兜作り」は、ボール紙でハサミやボンドなどの道具を使わずに作りました。番号通りに組み合わせていくのですが、形が兜に近づくにつれて難しくなり、お子さんは悪戦苦闘!頑張って作り上げると兜をかぶってうれしそうにしていました。「こいのぼりキャンドル」は、体温で温めると柔らかくなるロウを使って、粘土感覚で作れるので、かわいい目にしたり、うろこをハート型にしたり、楽しみながら作っていました。

*参加者の声
・子どもが工作大好きなので、喜んで参加していました。
・また新しい体験ができて楽しかった。
・こどもの日に向けて兜が作れてよかった。
・子どもとコミュニケーションがとれてよかった。

 兜    キャンドル

     兜        こいのぼりキャンドル

豆の木クラフト『和紙染めうちわを作ろう』6月26日(土曜日)

*夏に向けて、和紙染めのうちわ作り。染める方法は、マーブリングと折り方や絵の具の濃さによって模様の付き方が違う折り染めの2通り。染めた和紙は、ドライヤーを使って乾かし、乾いたら貼り付け作業。柄の付き方が微妙に違うので、どの部分を貼り付けるか悩んだり、表と裏を同じマーブリング、折り染めで統一して貼り付けたり、マーブリングと折り染めの2通りを貼り合わせたり、個性あふれるオリジナルのうちわが完成しました。

*参加者の声
・絵の具は家ではなかなかできないので、とても楽しかった。
・きれいな色になってうれしかった。
・親子ともに初めての経験だったので、すごく楽しかった。
・作業が簡単で実用的な物なのでよかった。

 マーブル 折り染め
  マーブリング   折り染め

 

豆の木エンジョイ『びっくり!!マジック教室』7月10日(土曜日)

*村山 崇講師によるマジック教室で、講師のマジックからスタート。グラスに入った水の色が変わる、新聞紙の中に流し込んだ水が消えるなど「エッ?どうやってできるの?」とみんな真剣な表情で見ていました。講師から教えてもらったマジックは、静電気を使うもの、カードを使うもの、割れにくいシャボン玉などで、教えてもらいながら作ったものを持ち帰ることができたので、参加者も大喜びでした。

*参加者の声
・超楽しかった。
・家に帰って早速シャボン玉やってみます。
・次のマジックも楽しみにしています。

 マジック シャボン玉    
   マジック      割れにくいシャボン玉    

 

※サロン豆の木の開催予定と参加予約は「サロン豆の木開催情報」をご覧ください。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

福祉部親子支援課ひとり親家庭支援担当

電話番号:03-3880-5932

ファクス:03-3880-5573

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all