ホーム > 子育て・教育 > ひとり親への支援 > 交流・情報交換「サロン豆の木」 > 令和元年ひとり親家庭応援!サロン豆の木こんなことやってますpart4

ここから本文です。

公開日:2020年2月12日 更新日:2020年3月10日

令和元年ひとり親家庭応援!サロン豆の木こんなことやってますpart4

ひとり親家庭応援「サロン豆の木」のロゴマーク

ひとり親家庭の皆さん同士が、生活・仕事・子育てなどの悩みを相談したり、情報交換をする『サロン豆の木』です。イベントや講座を開催して、皆さんのお越しをお待ちしています。

12月のサロンこんなことやりました

『キラキラ☆Xmasリースをつくろう』12月7日(土曜日)
会場にはリース飾りのパーツがずらり!
「わーすごい!」「かわいい!」「きれい!」
皆さんの目には♡がキラキラ!
パーツを見つめる姿は真剣!
イメージが膨らむと、世界に1つだけの「私のリース」づくり開始です。
はじめのうちは、おしゃべりにもキラキラの花が咲きました。
作り始めると、夢中になり、集中し、そして・・・無言・・・
完成すると、「ホッ」とした笑顔がキラキラ。
「お部屋に飾ります!」と素敵なクリスマスリースに親子の笑顔が、キラキラ。

令和飾り 思い 私のリース1 2私のリース
パーツいろいろ 考え中 私のリース1 私のリース2


『お正月飾りをつくろう』12月14日(土曜日)
みどり推進課から木の葉や木の実、門松に見立てる細い竹などたくさん用意していただき、小さいけれど『立派』な正月飾りができました。令和飾り
扇形の飾りやダルマは押し花で作りました。
参加した皆さんは、凝る、こる、コル!!
リースも作りましたが、こちらも一生懸命・・・
当然、時間がかかりました。
終わって「ふぅ」と満足のため息があちらこちらから聞こえてきました。
集中しすぎて「エネルギーがきれたぁ」という方もいました。令和正月飾り
これが飾ってあれば、「年神様」もきっと喜んでくださることでしょう♡

『豆の木忘年会』12月28日(土曜日)
ねえねえ聞いて・・・
「口内炎ができちゃって」「子どもがやんちゃで」
と困った話からスタートしましたが、健康のこと、生活のことなど「わかるわー」と共感!
話題は尽きることなく、「あっ」と言う間に終わりの時間になりました。
「楽しかった」「スッキリしました」と終了。
「良いお年を」「また来年もよろしく」と挨拶をしたのに、また話が始まってしまいました。
やっぱりおしゃべりは楽しいですね!

1月のサロンこんなことやりました

『お正月あそび』1月4日(土曜日)
確かに子どもたちは「お正月あそび」を楽しみました。
しかし!ゲーム
おとなは、「おしゃべり」を楽しみました。
「ガス抜きができました。」の感想には、お正月とはいえ忙しかったんだなあと思いました。

『さよならイライラ育児』1月11日(土曜日)

「子どもに対してイライラする時がある。」という皆さんからの声。イライラ
イライラしたり、ストレスを感じた時の解消法は?
「出かける」「映画を観る」など。
共感できることが多く、会場は終始和やかムード。
「こんな時はどうしましょう」と話すと、そこからまた話が膨らんでいきました。
そして、子育ては・・・
「ゆっくり、ゆっくり」我が子のペースで♡

「防災にも時短にも!パッククッキング」1月25日(土曜日)
今回は、蒸しパン(市販の米粉のホットケーキミックス25gに、水、油とバナナとココアパウダーを入れました。)と雑穀ご飯を作って試食しました。
材料をポリ袋(厚さ0.01ミリ)に入れて混ぜ、湯煎20分。
10分蒸らして、できあがり!
「これだったら、子どもと一緒にできますね。」
「簡単だけどおいしい!」
「忙しい時にはいいですね。」
洗い物が出ないし、食材と備蓄の水とカセットコンロがあれば、調理できます。
暖かいものが食べられるので災害時には最適!
お試しください。

パッククッキング2 パッククッキング
ポリ袋に入れて 湯煎

『親子で作ろう!クラフトバンドで作るオリジナルリース』2月1日(土曜日)
「かわいい」が第一声!
「あらかじめ作られたパーツを張り付けるので簡単」と言っていましたが、なんとオリジナルがたくさん!
小さな「雪」をコツコツ作っていた子もいました。

クラフト1 クラフト2 くらふと4 クラフト3
見本いろいろ パーツとオリジナル 私のリース ほぼすべてオリジナル

 

2月のサロンこんなことやりました

『子どもの自己肯定感をあげる母のコミュニケーションスキル講座』2月8日(土曜日)
「あなたは自分のことが好きですか」
「愛されるコミュニケーション講座」のはじまりです。
自己肯定感とは?
「自分は大切な存在だ」
「必要とされている」と感じる心。
親の言動や行動が子どもにも影響するという言葉には、「ハッ!」「ドキッ!」
では子どもの自己肯定感をあげるには・・・
♡忙しくてもスキンシップ(ギューと抱きしめて)
♡「すごいね」などの誉め言葉を伝える会話をする。
♡「ごめんね」よりも「ありがとう」を伝えよう。
おとなも同じ。
自分を認めてくれる仲間をつくろう。
そして「幸せは与えられるものではなく、気づくものである」で終了。
わかってはいるけど・・・
恥ずかしくて・・・
でも「今日から実行します」とは参加者の声。
ぎゅー!

『ビュッフェスタイル』2月15日(土曜日
「ビュッフェ」はフランス語…好きなものを好きなだけ食べるスタイルのこと。
1、右から左、時計回りで進むのが基本
2、迷わず取進む
3、お皿にいっぱい盛らない。食べきれる量をきれいに盛る
4、食べ終わったら取りに行く
5、お皿をたくさん使う方が行儀の良い食べ方ビュッフェ
6、食べ終わった皿は重ねない。係の人が片付ける
7、フォークとナイフ、食事中と食後の置き方、箸は箸置きに置くのが基本
8、こぼさないようにスマートに食べる
9、用があるときは係の人を呼ぶ
マナーを学んで楽しい食事。周りの方たちとのおしゃべりも弾みました。
感想
・知らないこと、マナーがわかってよかった
・子どもにも良い経験
・お料理がとてもおいしかった
たくさんあったお料理も完食。

『ゆる筆アート』2月22日(土曜日)
「愛」と「絆」を描いてみましょう!始まりました。
初めは戸惑い、ごく普通の「愛」でした。
「様々な色のサインペンで自由に描きましょう!」
「左手で描いてみましょう」「下から上へと描いてみましょう」愛
などの言葉かけで、やってみると、ふしぎ!!
白い紙に何枚も描いていくといろいろな「愛」と「絆」ができました。
できた作品を見せると、参加者同士の「いいねえ」が、また次の「作品」を生み出していました。
子どもたちの発想力にも驚かされました。
写真向かって左は5歳児の作品です。
絆

 

令和元年「サロン豆の木」情報

令和元年の「サロン豆の木」の様子は
4月から6月は「令和元年サロひとり親家庭応援サロン豆の木こんなことやってます
7月から8月は「令和元年サロひとり親家庭応援サロン豆の木こんなことやってますpart2
9月から11月は「令和元年サロンひとり親家庭応援サロン豆の木こんなことやってますpart3
をご覧ください。
皆さんのお越しをお待ちしています。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

福祉部親子支援課

電話番号:03-3880-5883

ファクス:03-3880-5573

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all