ホーム > 子育て・教育 > 小・中学校 > 学校情報 > 足立区立小中学校の公募実施のお知らせ(現職の東京都公立学校正規教員対象)

ここから本文です。

公開日:2021年7月21日 更新日:2021年8月16日

足立区立小中学校の公募実施のお知らせ(現職の東京都公立学校正規教員対象)

main

令和3年9月28日より募集を開始する、足立区立小中学校教員公募。

どの区にしようか迷っている方、

足立区って意外と働きやすいですよ!

そうだったの、足立区!? 

みなさん、「足立区」と聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

実は、あまり知られていませんが、

”意外と近い・意外としっかり・意外とスゴイ”

の三拍子がそろい、とても働きやすい区、それが足立区なんです!

まずは、↓をチェックしてみてください。

 

omoteura2

JPG:1,025KB)

 

また、教職員の負担感軽減を目指した私費会計業務非常勤配置などの働き方改革、先進自治体との教員派遣交流等による授業力向上なども進め、ワークライフバランスの実現も後押ししており、みなさんのヤル気を足立区教育委員会がしっかりサポートしています。

そんな意外と働きやすい環境の足立区で、

みなさん一緒に働いてみませんか。

公募概要

1.実施公募

募集人数は、令和3年9月28日に公開します。

・区部・市部公立小中学校教員公募

  小全 小英 小理 義務教育学校 中学校(各教科) 特別支援学級・教室等 自立支援施設 区立特別支援学校 健康学園 CS

教諭

養護教諭

            ○※初任初異動は×

主任教諭

主任養護教諭

       
主幹教諭        

 

2.選考方法

令和3年9月28日に公開します。

 

3.求める教員像

足立区教育委員会では、「学力の定着」、「児童・生徒の心身の健全な発達支援」、「不登校児など子どもの状況に応じた支援の充実」、「快適に学べる教育施設の整備と運営の充実」、「子ども・若者が社会と関わる力を育むための成長支援」に取り組んでいます。(令和2年3月策定「足立区教育振興ビジョン」より)

 

 これらの実現に向けて、子どもたち

のためにチャレンジする意欲的な教員を求めています。

オール足立でサポートします!

足立区では約30種類の会計年度任用職員等を設け、学校の負担軽減等に取り組んでいます。

ここでは、その一例をご紹介します!

職種 内容

そだち指導員

小学校全校に指導員を配置し、3・4年生を対象に別教室で個別指導(国語・算数)を行い、

児童個々のつまずきを早期に解消します。

学習支援員

区立小学校での授業や放課後補習・補充活動などで、

個々の課題に応じた学習支援や学校生活全般に関する児童への個別支援、

学校運営にかかわるさまざまな校務補助などを行います。

教科指導専門員

授業改善・充実のため、教科の高い専門性を有する職員が教員に巡回指導を行い、

「足立スタンダード」に基づいた「わかる授業」「魅力ある授業」を児童・生徒に届けます。

中学校生活指導員

区立全中学校の適切な学習環境の維持・向上を図るため、

学校の状況に応じて指導員を配置します。

他にも、私費会計業務の人員配置(学校事務専門員Ⅱ)や部活動指導員、教育調査研究員をはじめ、

さまざまな人員が学校をサポートしています。

詳細は「足立の教育'20-夢や希望を信じて生き抜く人づくり-」のP40からP43を御確認ください!

 

 

 

pic6

本木小学校 安田 知華 教諭

★現職教員の声

“とても働きやすい環境です!”

異動前は「なんとなく大変そう」というイメージを持っていましたが、実際に足立区で働いてみると、子ども達は素直で、学習意欲が高い子も多く、何事にも一生懸命です。コロナ禍では消毒作業が早い段階で教員以外による実施になったり、主要教科の指導も柔軟な対応が取られたりと、教員の負担軽減に取り組まれていたので、働きやすいなと感じました。

また、小学校教育研究会の時間が月1回設定されているので、勤務時間内に研修を実施できます。研修の時間が確保されているのも魅力的です。

活気のある研究部会!

足立区は研究部会も活発です!

参加者が100名を超えることもあり、

副読本の作成や研究授業など、参加者同士で協力しながら熱心に活動しています。

東京都の中でも一目置かれている、社会科の副読本を作成した「区小研・社会科部会」を一部ご紹介します!

 

 

senjyu

【 指導案検討会 】

令和2年10月9日(金曜日) 足立区立千寿本町小学校

11月の研究授業に向け、指導案の検討会を実施しました。

新学習指導要領の新しい小単元「世界とつながる大田区」の指導案について、有志で検討・作成している様子です。

 

kurihara

【 足立区小学校教育研究会 】

令和2年10月14日(水曜日) 足立区立栗原小学校

足立区では毎月1回、研究会を実施しており、当日は午前授業となるため勤務時間内に参加できます。

この日は「目指す資質・能力をどのように育むか?学年別分科会で具体的に授業を設計する」というテーマで、意見交換を実施しました。

また、令和2年度は休校の影響を受け指導時数に制限があったため、標準の配当時数よりも少ない指導時数でも求められる資質・能力を育てられるよう社会科部員が作成した「ミニマム指導評価計画」が参加者に配布されるなど、成果の共有も行われました。

 

 

 

 

pic4

栗原小学校 高橋 陵 主幹教諭

★現職教員の声

“研究部会が活発です!"

足立区は会員数が多く、活気がある研究会となっています。3年生の副読本の改訂をした際は大人数で分担し、質の高いものを作成できました。皆さん協力的で、大変さはありましたが自分達の手で新しいものを作る達成感が得られました。

足立区の社会科部会は、研究授業を初めて実施した会員には部会全体でサポートし、教科調査官など豪華な講師陣に指導して頂けるのも魅力の一つです。

私は主幹教諭として校内のサポートをしつつ、常任委員長も兼ねていますが、大変さの中にもやりがいがあります。自分の中で仕事の優先順位をつけることで、仕事と家庭のメリハリが持てています。

特色ある教育活動(キャリア教育)

yumefix

(1)「夢デザインシート」の活用

足立区では、キャリア・パスポートとして『夢デザインシート』を活用しています。

小学校1年生から4年生、小学校5年生から中学校3年生の2分冊で構成されています。

『夢デザインシート』では、子ども達が発達段階に応じて「なりたい自分」を意識できるようにし、小中学校の9年間で見通しをもちながら、より効果的に自分のキャリア形成を図ることができるようになっています。

先生方からも「授業で活用しやすい。」「まとまっていて使いやすい。」と好評です。

 

(2)「指導力向上中核校」の指定

足立区では、授業実践等に関する先進的な取組を行い、教員の指導力の向上を図るとともに、足立区の教科研究の推進役となる中核校(指導力向上中核校)を設置し、研究成果を区立小中学校に広めることで、児童・生徒の学力の向上につなげています。

国語、算数、理科、社会等の主要教科のほか、キャリア教育についても「今日的な教育課題」として研究の対象としています。

 

 

 

 

pic3

第十二中学校 上岡 祥邦 校長

★現職校長の声

“足立区では、あなたの才能を開花できますよ。”

― 足立区の特色の一つであるキャリア教育について教えてください。

足立区では区独自のキャリア・パスポートである『夢デザインシート』を活用して統一された指導を行っており、その中で、第十二中学校は区から指導力向上中核校として指定され、キャリア教育の研究をしています。

第十二中学校では、日々の教育活動の中で、生徒一人一人が自分の「役割」を果たすことを目指しています。役割を果たすことで、「人の役に立った」という感覚を味わうことができ、自己肯定感が高まり、自分の長所に気付くことができます。その結果、困難に立ち向かえる子ども達を育成し、自分のキャリアを考えることに繋げています。

― 足立区の魅力を教えてください。

足立区では区を挙げて教員の育成に力を入れています。目の前の子ども達をどう育てたいか、教員としての志をもっているのであれば、先生をサポートする環境が整っています。

小中学校・CSの場所を知ろう!

【足立区立小学校配置図】

 小学校配置図はコチラ(JPG:389KB)

 

【足立区立中学校配置図】

 中学校配置図はコチラ(JPG:328KB)

 

【コミュニティ・スクール】
 コミュニティ・スクール配置図はコチラ(JPG:568KB)

 

下記の小中学校名をクリックすると、各学校のホームページをご覧いただけます。

小学校 中学校

古千谷小学校(外部サイトへリンク)

弥生小学校(外部サイトへリンク) 第五中学校(外部サイトへリンク)
栗原北小学校(外部サイトへリンク) 弘道小学校(外部サイトへリンク) 六月中学校(外部サイトへリンク)
西新井第一小学校(外部サイトへリンク) 綾瀬小学校(外部サイトへリンク) 第四中学校(外部サイトへリンク)
平野小学校(外部サイトへリンク) 大谷田小学校(外部サイトへリンク) 谷中中学校(外部サイトへリンク)
    花保中学校(外部サイトへリンク)

個別相談

本ページ下部の「お問い合わせフォーム」からメールでお問い合わせください。その際、以下の項目を「内容」欄に御入力ください。

(1)現任校・現任校年数 ※任意
(2)希望する公募種別 ※CS公募は、希望校が決まっている場合は学校名も御入力ください。
(3)職名(主幹教諭、主任養護教諭など)
(4)希望教科
 ※特支を希望される方は、障がい種別も御入力ください。
 ※入都資格と希望教科が異なる場合は、両方御入力ください。(例:入都・中高英語、希望・特支知的)
(5)電話での回答希望有無
 ※電話での回答を希望される場合は、平日9時00分から17時00分で御都合の良い時間帯も御入力ください。
(6)相談内容

関連リンク

  1. 東京都教育委員会HP「令和3年度(令和4年4月1日異動)公立小中学校教員公募の実施」(外部サイトへリンク)
  2. 足立区立学校の「教員の働き方改革」
  3. あだち教育だより(プログラミング教育、ICT教育、おいしい給食など)
  4. 足立区教育振興ビジョン

 

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

教育委員会事務局教育指導部教育指導課教員人事係

電話番号:03-3880-5465

ファクス:03-3880-5606

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all