ここから本文です。

公開日:2021年6月11日 更新日:2021年6月11日

【あだち学校ICT情報ひろば】               栗原小学校 タブレット端末も二刀流?!

Windows端末とChromebook端末の使い分け!

栗原2

   二刀流で大活躍しているのはスポーツ選手だけではありません!                                      

 栗原小学校の2年生は、Windows端末とChromebook端末の2種類のタブレット端末を使いこなしていました。現在、各区立学校のタブレット端末にはWindows端末とChromebook端末が両方あります。共通に使えるアプリケーションもありますが、端末ごとに特有のアプリケーションもあります。

 同校2年生は、イラストを描く学習ではWindows端末、Googleアプリケーションの操作練習はChromebook端末というように端末を使い分けていました。

   また4年生では、Googleのオンラインビデオアプリケーション「Meet」の基本操作方法の学習をしていました。隣にいる友だちの顔がタブレット端末画面に出てきてびっくりしている子どもたちの表情が印象的でした。

 目的に応じたタブレット端末の使い分けや、オンラインビデオアプリケーションの活用など、これからの社会を担う子どもたちに必要なスキルが着実に育まれています。栗原1

 

 

 

 

 

 

 

【あだち学校ICT情報ひろば】学校の取り組みバックナンバー

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

教育委員会事務局教育指導部教育政策課

電話番号:03-3880-5962

ファクス:03-3880-5641

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all