• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 教育についての取り組み > 小・中学校の適正規模・適正配置 > 上沼田小学校と鹿浜小学校の適正規模・適正配置実施計画について

ここから本文です。

更新日:2015年4月13日

上沼田小学校と鹿浜小学校の適正規模・適正配置実施計画について

・中学校は、「確かな学力の定着と向上」と、多様な「遊び・学び・体験」を通して、「豊かな心」と「健やかな体」を育む場所です。子どもたちが、毎日明るく、楽しく、元気に学び、遊べる環境を整えることは、学校教育の基本のひとつといえます。
た、多くの友人や教師とふれあいながら育まれる社会性や人間性は、将来社会に巣立つ子どもたちが必ず身につけなければならない「大切な力」です。義務教育という大切な時期に、適正な児童・生徒数の集団生活のなかで、互いに認め合い、助け合い、競い合いながら成長できる学校環境を整えることが、子どもたちの学力向上と人間性の育成の両面において大切なことであると考えます。
立区教育委員会では、足立区の小・中学校を適正な規模に整えること、そしてその教育環境を、可能な限りすべての小・中学校で同じように提供していくため、区立小・中学校の適正規模・適正配置に取り組んでいます。

実施計画の概要

沼田小学校は、平成19年度以降、学校全体で6学級の状況が続いています。学区域内の就学前居住人数(0歳から5歳)を見ると、すべての年代が20人台であり、今後も単学級規模の人数が続くことが見込まれます。
鹿浜小学校は、平成25年度現在、学校全体で13学級となっていますが、学区域内の就学前居住人数(0歳から5歳)を見ると、多くの年代で40人台となっており、今後も大幅な児童数の増加は見られないと考えます。
た、鹿浜小学校の最も古い校舎の建築年次は昭和43年です。区では学校施設の耐用年数の目安を建築後50年としており、鹿浜小学校に関しましても数年後には施設更新を迎えることになります。
うした学校規模の状況や施設更新の観点などを踏まえ、上沼田小学校と鹿浜小学校を平成27年4月に統合します。
た、足立区の教育施策の中で大きな課題である小・中学校の適正規模・適正配置事業と施設更新計画をこれまで以上に連動させることで、将来に向けてより良い教育環境の創造を目指していきます。

実施計画のポイント

  • 「上沼田小学校」と「鹿浜小学校」を統合します。
  • 統合に伴い「鹿浜小学校」を改築します。
  • 在校生は原則として「統合校に通学」します。
  • 「特別支援学級は統合校に設置」します。
  • 改築期間中の校舎として、「上沼田小学校」を活用します。
  • 上沼田小学校での学校生活開始に合わせて「統合」します。

鹿浜地区小学校の統合イメージ

成25年9月から、鹿浜地区の町会長・自治会長会議や両校の開かれた学校づくり協議会や保護者のみなさんへの説明と意見交換を進め、平成25年12月に実施計画を足立区および足立区教育委員会として正式に決定しました。

統合地域協議会で協議を進めました。

在の児童はもちろん、将来入学する地域の子ども達のために、統合校がより良い学校環境となるよう、統合に伴う様々な課題を解決していくための協議の場として「統合地域協議会」を、平成25年11月11日に立ち上げました。
合地域協議会の委員のみなさんには、統合に伴う課題解決やご意見・ご要望、統合校をどのような学校にしていくかなどについてご協議いただきました。
た、町会やPTAのみなさんのご意見やご要望などを統合地域協議会に届けていただくことや、統合地域協議会での協議の内容を伝えていただきながら、新たな意見を集約していただくことなどについて、ご協力をお願いしました。
お、統合地域協議会の事務局は教育委員会が務め、統合地域協議会の運営や調整を行いました。また、統合地域協議会での協議内容や統合に関する情報を、統合地域協議会ニュースなどを作成しながら、地域や保護者のみなさんへの情報発信を行いました。

統合地域協議会ニュース

本木小学校で施設見学会を実施

統合校「鹿浜五色桜小学校」の校舎について検討を進めていくにあたり、平成26年5月17日に、主に上沼田小学校と鹿浜小学校の統合地域協議会委員のみなさまにご参加いただき、本木小学校(平成26年2月完成)の施設見学会を実施しました。詳細は次の「施設見学会当日の様子」をご覧ください。

新しい校名について

成25年12月20日から平成26年1月22日まで、両校の児童および地域や保護者のみなさんから、新しい校名の募集を行いました。
なさんからいただいた校名案に基づき、統合地域協議会において選考を行いました。

応募総数

141名の方から251件の応募がありました。校名案は113件いただきました。

募集結果

選考基準

なさんからいただいた校名案に基づき、統合地域協議会で選考しました。新しい校名は、以下のような基準で選考しました。

  • 統合新校にふさわしい校名
  • 上沼田小学校および鹿浜小学校の地域の特色を出している校名
  • 統合新校および上沼田小学校・鹿浜小学校の地域に対する思いが伝わる校名

募された名称の権利は足立区教育委員会に属します。
募数が最も多い名称が必ずしも新しい校名になるわけではありません。

選考結果

「鹿浜五色桜(しかはまごしきざくら)小学校」

考理由

  • 鹿浜地域の新しい小学校である。
  • 五色桜が地域性を表している。

選考された名称を上沼田小学校と鹿浜小学校の統合新校の校名に、区として正式決定しました。

新しい校章について

平成26年5月27日から平成26年6月20日まで、両校の児童および地域や保護者のみなさんから、新しい校章の募集を行いました。
なさんからいただいた校章案に基づき、統合地域協議会において選考を行いました。

応募総数

219点のご応募をいただきました。

第一次選考結果

一次選考は第七回統合地域協議会(平成26年7月4日開催)で実施し、全応募作品のなかから13点が選出されました。

最終選考結果

八回統合地域協議会(平成26年8月28日開催)で最終選考を実施し、第一次選考で選出された13点を参考に、統合校「鹿浜五色桜小学校」の校章が決定しました。

鹿浜五色桜小学校校章

沼田小学校の校章である星と鹿浜小学校の校章である桜、周囲に円を描き、両校が仲良く一緒に新しい学校を作っていこうという意味を込めています。

新しい校舎について

合校「鹿浜五色桜小学校」の基本構想・基本計画書(「上沼田小学校・鹿浜小学校合施設更新事業」基本構想・基本計画書)がまとまりました。
しくは上沼田小学校・鹿浜小学校統合校の施設更新のページをご覧ください。

新しい校歌について

曲者の大中恩先生は、東京音楽学校(現東京藝術大学)作曲科をご卒業され、「いぬのおまわりさん」や「サッちゃん」などの童謡をはじめ、多くの校歌も作曲されています。
詞者の田口芳子様は、大中先生と旧知の間柄の方で、お互いの考えを理解し尊重しながら校歌を作成できる方をという大中先生のお考えによりご紹介いただきました。

鹿浜五色桜小校歌最新

中先生、田口様、ありがとうございました。

開校式を開催しました

成27年4月1日をもって、上沼田小学校と鹿浜小学校を統合し、鹿浜五色桜小学校が開校しました。
校式を次のとおり開催しました。

  • 日時:平成27年4月6日(月曜日)午前9時から
  • 場所:鹿浜五色桜小学校育館(旧上沼田小学校立区江北六丁目10番2号)

校式には地域のみなさま、関係者のみなさまのご出席をいただきました。桜の花びら舞う中で、鹿浜五色桜小学校の第一歩を踏み出しました。
童たちが、優しく、賢く、逞しく成長できるような、すばらしい学校となりますよう、今後とも、鹿浜五色桜小学校への、一層のお力添えをお願いいたします。

kouka

歌斉唱の様子です。統合新校、鹿浜五色桜小学校がスタートしました。

 

kyouikutyou

野教育長より、学校長へ校旗が授与されました。

 

gakkoutyou

校長より、2名の児童代表が、校旗を受け取りました。

関連PDFファイル

関連情報

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局学校教育部学校適正配置担当課
電話番号:03-3880-5426
ファクス:03-3880-5641
Eメール:g-tekisei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?