ホーム > 防災・安全 > 交通安全 > 東京都自転車安全利用指導員制度の運用開始について

ここから本文です。

公開日:2020年4月23日 更新日:2020年4月23日

東京都自転車安全利用指導員制度の運用開始について

平成31年における、足立区内の自転車に関する事故件数は823件(前年比101件増)で、都内ワースト2となりました。自転車事故を1件でも減らすために、東京都の事業として「自転車安全利用指導員制度」が足立区内で始まりました。

目的

自転車による信号無視や一時不停止など交通事故に直結しやすいい違反行為の未然防止に努めるとともに、違反行為をした自転車利用者に対する啓発や指導を行い、交通ルール・マナー向上につなげる。

活動場所

区内の自転車事故が多発する交差点を中心に活動

指導員配置交差点
エリア名 交差点等
梅島陸橋 梅島陸橋
千住宮元町 千住宮元町
日光街道
加平二丁目 加平2
大谷田橋
西新井 西新井1
西新井大師西駅
保木間 保木間
元渕江公園周辺

活動開始日

令和2年4月中旬

活動内容

指導員がマイクや指導旗を用いた注意喚起を行い、自転車利用者に対する違反行為を未然に防止するとともに、交通違反を行う自転車利用者には「自転車安全利用指導カード」を交付してルール・マナーの普及啓発を推進

活動の様子

指導風景      指導風景

東京都資料(PDF:188KB)

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

都市建設部交通対策課推進係

電話番号:03-3880-5912

ファクス:03-3880-5619

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all