ここから本文です。

公開日:2019年12月25日 更新日:2022年1月20日

電子証明書の更新手続について

※電子証明書の有効期限が過ぎても、新しい電子証明書を無料で発行することができます。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、適切な時期にお越しください。

受付窓口

お近くの区民事務所または足立区役所南館1階戸籍住民課

受付時間

千住区民事務所:平日午前8時30分から午後6時まで(月末最終営業日は午前8時30分から午後5時まで)

千住区民事務所以外の区民事務所:平日午前8時30分から午後5時まで

区役所戸籍住民課窓口サービス係:平日午前8時30分から午後5時まで。休日開庁日は午前9時から午後4時まで(ただし、第3土曜日の翌日にあたる日が休日開庁日の場合は、受付ができません。)

更新手続ができる方

ご本人または代理人
※15歳未満の方や成年被後見人の方は法定代理人の方とご一緒に来庁してください。この際、法定代理人であることを証明できる書類(戸籍謄本・登記事項証明書等)が必要です。

更新手続に必要なもの

本人が手続きする場合

  • 本人のマイナンバーカード

 個人番号カード交付時に設定した、「マイナンバーカード用(住民基本台帳用)暗証番号(数字4桁)」・「署名用電子証明書用暗証番号(英数字6~16桁)」「利用者証明用電子証明書用暗証番号(数字4桁)」が必要になります。暗証番号をお忘れの方は暗証番号の再設定が必要になりますので、下記の関連ページをご確認ください。

法定代理人が手続きする場合

※原則15歳未満の者又は成年被後見人後見人の方には署名用電子証明書は発行できません。

  • 本人のマイナンバーカード

 本人が手続きする場合同様、個人番号カード交付時に設定した暗証番号が必要になります。

  • 法定代理人の本人確認書類1点

 官公庁が発行した顔写真付き身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード(写真付き)、日本国旅券、等)

  • 代理権の確認ができるもの(下記参照)

本人が20歳未満の場合

  • 戸籍全部事項証明書

 ※親権者の方がお子様と同一世帯の世帯主でかつ住民票で親子の確認ができる場合または本籍地が足立区にある方は不要です。

本人が成年後見の場合

  • 成年後見登記事項証明書

任意代理人が手続きする場合

  • 本人のマイナンバーカード
  • 任意代理の本人確認書類1点

 官公庁が発行した顔写真付き身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード(写真付き)、日本国旅券、等)

  • 照会書兼回答書兼委任状(電子証明書の有効期限通知書に同封されているもの。ご本人が署名または記名・押印をして、同封の封筒に封入して代理人に渡してください)

※照会書兼回答書兼委任状が紛失等でお手元に無い場合は、お近くの区民事務所または足立区役所南館1階戸籍住民課にて、ご本人もしくは代理人の方が申請していただければ再度お送りすることが可能です。その際は、上記の「本人の個人番号カード」「任意代理人の本人確認書類1点」をご持参ください。

関連ページ

 

 

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

区民部戸籍住民課住民記録係

電話番号:03-3880-5724

ファクス:03-3880-5664

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all