ここから本文です。

公開日:2016年11月1日 更新日:2021年8月3日

防災対策設備

防災対策設備とは

足立区では、復興税を財源とし、災害発生時に設置される緊急用トイレを「防災対策設備」と呼んでいます。
設備としては、手押しポンプ(生活用水)、マンホールトイレ、簡易便座及びトイレテントとなっています。

大地震などの大規模災害が発生し、水道管が壊れて、水洗トイレが使えなくなった場合でも、井戸水をためて
流すことにより、衛生的にトイレを使用することができます。

仕組み

防災対策設備設置場所

平成27年度をもって下記の52公園に防災対策設備の設置工事が完了しました。

マップ:防災対策設備設置場所(PDF:399KB)

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス防災対策設備設置公園一覧(CSV:2KB)

防災対策設備の運営等

足立区は、平成27年6月9日に足立管工事業協同組合、東京都管工事工業協同組合足立支部、足立管工設備協力会の3団体と災害協定を締結いたしました。

このことによって協力団体の方達に、震災直後から防災対策設備の開設・維持管理を行ってもらうことができるようになりました。


協定締結式

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

都市建設部企画調整課

電話番号:03-3880-5160

ファクス:03-3880-5619

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all