ホーム > 防災・安全 > 防災・災害対策 > 水害に備えよう > 水害時の避難について(避難時危険箇所)

ここから本文です。

公開日:2012年8月1日 更新日:2012年8月1日

水害時の避難について(避難時危険箇所)

大雨が降ったとき、道路の側溝がつまったり、道路の低くなっているところ・道路等の下をくぐる立体交差点(アンダーパス)に水がたまったりしても危険な浸水となります。避難路にこのような場所がないか確認してみましょう。

 

  1. 道路や鉄道の下をくぐるアンダーパスには水がたまり通行できなくなります。
  2. アンダーパスの他、周辺より低くなっている道路も水がたまり通行できなくなります。

避難時危険箇所

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

都市建設部企画調整課/総合防災対策室災害対策課
電話番号:03-3880-5349/03-3880-5836
ファクス:03-3880-5619/03-3880-5607
Eメール:k-chosei-tanto@city.adachi.tokyo.jp

all