• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > 公害 > 羽田空港の更なる機能強化について

ここから本文です。

更新日:2017年11月8日

羽田空港の更なる機能強化について

国の羽田空港機能強化に関する動きについて紹介します。

最新のお知らせ(平成29年11月8日更新)

説明会(第4フェーズ)について(平成29年11月から平成30年3月)

国は、2017年11月から2018年2月まで、1都2県の各地で羽田空港機能強化に関する住民説明会(第4フェーズ)を開催します。

説明会の開催会場、日時、内容などの詳細については、国土交通省ホームページをご覧ください。

説明会(第3フェーズ)の開催結果概要について(平成29年1月から6月)

国は、これまでの説明会(第1、第2フェーズ)などで寄せられたご意見から明らかとなった課題に対応するため、提案の背景等についての更なる情報提供やとり得る対策の方向性に関する説明会を継続して開催しました。

<羽田空港機能強化に関する住民説明会とは>

国は、羽田空港の機能強化に関する取組について、より多くの方々に知って頂けるよう、定期的な住民説明会を継続して開催することとしています。
説明会はオープンハウス型(※)で実施され、展示された説明パネルの閲覧や担当者への質問が可能であるほか、ヘッドフォンを用いた飛行映像コーナーでは飛行機の見え方や音を体験できます。また、これまで寄せられた質問に回答するFAQ冊子も説明会場で配布されています。

(※)オープンハウス型とは、開催期間中はいつでも誰でも参加でき、展示された説明パネルの閲覧や担当者への質問等が可能な説明会のこと。

羽田空港機能強化の背景

国は、首都圏の国際競争力の強化や、外国人旅行者の誘致による日本全国の経済活性化、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な開催などに向けて、羽田空港の機能を強化する取り組みを進めています。

この取り組みについて、国は、羽田空港の国際線の増便の必要性やその実現方策、考えられる騒音影響、安全の確保等について説明する特設サイト「羽田空港のこれから」を国土交通省のホームページに設けています。このホームページや特設電話窓口でご意見を受け付けています。

滑走路の使い方と飛行経路について

新飛行経路を使用する時間帯(南風時:15時から19時、北風時:7時から11時半・15時から19時)において、滑走路の使い方・飛行経路の見直しにより、現行1時間当たり80回の発着回数を、1時間当たり90回まで増やすことができます。

羽田空港機能強化に関する説明会の開催

国は、新飛行経路運行開始までの間、1都2県の各所において、オープンハウス型(※)の住民説明会を実施しています。

(※)オープンハウス型とは、開催期間中はいつでも誰でも参加でき、展示された説明パネルの閲覧や担当者への質問が可能な説明会のこと。

説明会(第1フェーズ)について(平成27年7月から9月)

国は、羽田空港機能強化の必要性や実現のための方策について、より多くの参加機会を設け、皆様からご意見、質問、期待等をきめ細やかにお伺いするため、オープンハウス型の説明会を実施しました。

説明会(第2フェーズ)について(平成27年12月から平成28年1月)

国は、第1フェーズで寄せられたご意見から明らかとなった課題に対応するため、提案の背景等についての更なる情報提供やとり得る対策の方向性に関する説明会を開催しました。

羽田空港機能強化に係る今後の情報提供について

国は、羽田空港の機能強化に関する取組について、より多くの方々に知っていただけるよう、(1)常設情報発信拠点の設置、(2)特設電話窓口の充実、(3)住民説明会の継続開催など、引き続き、情報提供に取り組んでいきます。

委員会・協議会等の設置

首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会

平成26年8月、首都圏空港の機能強化の具体化について、関係自治体(関係都県、政令市等)や航空会社等の関係者間で協議を行うため、「首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会」が設置されました。

平成28年7月28日に開催された第4回協議会において、国は環境影響等に配慮した方策を策定しました。

首都圏空港機能強化技術検討小委員会

国は、首都圏空港の更なる機能強化に資する技術的な選択肢を洗い出すため、平成25年11月から交通政策審議会航空分科会基本政策部会の下に、「首都圏空港機能強化技術検討小委員会」を設置し、平成26年7月に中間とりまとめを公表しました。

羽田空港機能強化に関するコミュニケーションのあり方アドバイザリー会議

平成27年3月、羽田空港の機能強化に係る理解促進のための具体的手法及びプロセスについて、専門家から意見を頂くことを目的として、「羽田空港機能強化に関するコミュニケーションのあり方アドバイザリー会議」を設置しました。

羽田空港機能強化に関する都及び関係区市連絡会

平成26年8月に設置された「羽田空港の機能強化に関する都及び関係区市連絡会」では、羽田空港機能強化に関して東京都及び関係区市で情報共有や意見交換を行い、国が主催する検討会・協議会の場に反映させることを目的としています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部企画調整課事業推進係

電話番号:03-3880-5478

ファクス:03-3880-5619

Eメール:k-jigyo@city.adachi.tokyo.jp

環境部生活環境保全課公害規制担当(航空機騒音に関するお問い合わせ)

電話番号:03-3880-5304

ファクス:03-3880-5604

Eメール:kankyo-hozen@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?