ここから本文です。

公開日:2020年1月21日 更新日:2021年9月16日

         7                      

蓄電池・HEMS設置費補助金(設置後申請)

新型コロナウイルスの感染・拡大防止のため、申請を行う場合、なるべく郵送での申請を
お願いいたします。
申請様式のダウンロード・印刷ができない場合はお問い合わせ下さい。

この制度は、蓄電池またはHEMSを設置した方に対し、予算の範囲内でその費用の一部を補助することにより、省エネルギー機器の普及促進を図り、低炭素社会構築に向けた環境にやさしいまちづくりに寄与することを目的とするものです。
また、蓄電池を導入することで、災害時においても昼夜問わず、停電せずに、ご家庭内で充電しておいた電気を使用することが可能です。

利用できる方

以下の要件、1から7のすべてを満たす方

  1. 足立区内に住民登録がある個人であること
  2. 足立区内の自ら居住する住宅(住民登録地と同一住所に限る。)に、令和3年4月1日以降に購入した蓄電池又はHEMSを設置すること
  3. 設置する蓄電池又はHEMSは、以下の表の要件に基づくものであること
  4. 同一年度内に、本要綱に基づく補助金の交付を受けていないこと
  5. 補助対象経費が5万円(税抜き)以上であること
  6. 機器等を設置した住宅が、過去5年以内に本要綱に基づく補助金の交付決定の対象となっていないこと
  7. 申請者に住民税の滞納が無いこと

種別

要件

蓄電池

一般社団法人環境共創イニシアチブに補助対象機器として登録されているものであること

HEMS

建物で使用する機器の電力使用量の自動計測および制御を行う機能を有し、電気使用量の見える化や省エネ化に寄与する機器であること

補助金額

補助対象経費(消費税は除く)の3分の1に相当する額(1,000円未満切捨て、上限5万円)

  • 補助対象経費に含むもの
    設置する機器の本体、部材の購入および設置工事に要する費用
    ※ 申請者が自ら設置工事を行った場合は、設置工事に要する費用は対象外
  • 補助対象経費に含まないもの
    配送費、旧機器や廃材の処分費用など設置作業に直接関らない費用、「工事費一式」、「諸経費」など内容が明確でないもの、製品のリースやレンタルに要する費用

申請受付期間

令和3年4月12日から令和4年2月28日まで

※ 受付期間に関わらず、予算に到達次第終了します。
※ 申請結果は、1か月から2か月程度で通知します。

補助予定件数(残り件数)

63件(予定件数はあくまでも目安であり、変更する場合があります。)

※9月16日現在

※ 予定件数に達し次第、受付を終了いたします。

申請に必要な書類

【提出書類チェックリスト】(PDF:93KB)をご覧ください。

様式は以下の「関連PDFファイル」からダウンロードできます。
また、申請書の裏面にアンケートを記載していますのでご協力をお願いいたします。

申請・手続の流れ

【申請手続きの流れ】(PDF:109KB)をご覧ください。

申請書の提出・送付先

〒120-8510
足立区中央本町一丁目17番1号
環境部環境政策課管理係

※郵便の遅延・不着等の責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

書類作成時の注意点

  1. 鉛筆や消えるボールペンは使用できません。
  2. 代筆する場合は、氏名欄に申請者本人の記名押印をお願いいたします。

関連PDFファイル

関連情報

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

環境部環境政策課管理係(区役所南館11階)
電話番号:03-3880-5935
ファクス:03-3880-5604
Eメール:kankyoseisaku@city.adachi.tokyo.jp

all