ホーム > まちづくり・都市計画 > 建築物の耐震化 > 助成・減税 > 特定緊急輸送道路沿道建築物への助成制度について

ここから本文です。

公開日:2019年10月1日 更新日:2021年6月24日

特定緊急輸送道路沿道建築物への助成制度について

特定緊急輸送道路に指定された道路の沿道建築物(旧耐震)への助成制度を行っています

特定緊急輸送道路の沿道建築物(以下、特定緊急輸送道路沿道建築物)は、以下の要件すべてに該当する建物となります。

  • 敷地が特定緊急輸送道路に接していること
  • 昭和56年6月1日施行の耐震基準改正前に建築されたもの
  • 道路幅員のおおむね2分の1以上の高さの建築物 
  • 耐震診断を行ない構造耐震指標が一定以下のもの

上記の条件に当てはまる建築物に対する、当該建築物への耐震改修計画策定・耐震改修工事・建替え工事・除却工事への助成制度があります。

※耐震改修計画策定・耐震改修工事・建替え工事・除却工事が複数年度にわたって行われる物件については、助成申請の前に全体設計承認の申請が必要です。

※全て契約をする前に申請(事前申請)をして下さい。契約後の申請は助成対象外になります。

※耐震診断の助成は平成29年3月末にて終了しました。新たに特定緊急輸送道路沿道建築物に該当した建物で、耐震診断を行う場合は、耐震診断を行う前に下記のお問合せにご相談下さい。

特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震改修計画策定助成

耐震改修計画策定助成対象費と補正率・助成基準額と助成額

助成対象費と補正率の算定方法

助成基準額と助成額

1.助成対象費

(イ)面積1000平方メートル以内の部分は5000円/平方メートル

(ロ)面積1000平方メートルを超えて2000平方メートル以内の部分は3500円/平方メートル
(ハ)面積2000平方メートルを超える部分は2000円/平方メートル

(イ)から(ハ)の合計と耐震改修計画策定に要した費用(以下、設計実施費用という)と比較し低い方の額とする。

 

3.補正率A

補正率A=(助成基準額1÷設計実施費用)÷4

ただし、補正率Aが6分の1を上回る場合は6分の1

 

2.助成基準額1

(イ)助成対象費500万円以下の部分は、当該助成対象費部分の6分の5

(ロ) 助成対象費500万円を超える部分は、当該助成対象費部分の2分の1

 

助成基準額1は(イ)と(ロ)の合算とする。

 

4.助成基準額2

助成基準額2=補正率A×設計実施費用

 

5.助成額

助成額=助成基準額1+助成基準額2

 

費税は助成対象外となります。また、助成額は千円未満を切り捨てた額となります。
この助成制度は、令和5年3月31日までに着手したものが対象となるのでご注意下さい。
※ 助成対象費の算定において、設計実施費用が算定額より少ない場合は、設計実施費用を助成対象費とします。
成金額の詳細については、事前に担当窓口にご相談ください。

特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震改修工事・建替え工事・除却工事助成

耐震改修・建替え・除却工事の助成対象費及び補正率と基準助成額及び助成額

助成対象費・補正率の算定方法

助成基準額と助成額

 

1.助成対象費

・延べ面積×51200円/平方メートル
 ただし、免震工法等を使用する場合は
 延べ面積×83800円/平方メートル

・住宅(分譲マンションを除く)の場合は
 延べ面積×34100円/平方メートル

・分譲マンションの場合は

 延べ面積×50200円/平方メートル 

上記の計算額と耐震改修工事に要する費用相当分(以下、工事実施費用)と比較し低い方の額とする。

また、建替えに用いる延べ面積は、建替前と後の建物の延べ面積のうちいずれか小さい方とする。

 

3.補正率B

補正率B=(助成基準額3÷工事実施費用)÷10

ただし、補正率Bが15分の1を上回る場合は15分の1

2.助成基準額3

助成基準額3は、助成対象費の6分の5とする。

ただし、助成対象費が3000万円を超えた場合は、以下のとおり

(1)助成対象費が3000万円を超えて6000万円以下の場合:助成対象費の2分の1+1000万円
(2)助成対象費が6000万円を超えた場合:助成対象費の3分の1+2000万円

 

4.助成基準額4

助成基準額4=補正率B×工事実施費用

 

5.助成額

助成額=助成基準額3+助成基準額4

費税は助成対象外となります。また、助成額は千円未満を切り捨てた額となります。
この助成制度は、工事の契約着手が、令和5年3月31日までに行われたものが対象となる時限措置ですので、ご注意下さい。
成対象費の算定において、工事実施費用が算定額より少ない場合は、工事実施費用を助成対象費とします。
成金額の詳細については、事前に担当窓口にご相談ください。

関連ファイル

関連情報

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

建築安全課建築防災係(区役所中央館4階)
電話番号:03-3880-5317(直通)
ファクス:03-3880-5615
Eメール:kenchiku-anzen@city.adachi.tokyo.jp

all