• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > まちづくり・住宅 > 開発指導 > 建築物の解体工事の事前周知に関する要綱について

ここから本文です。

更新日:2019年5月1日

建築物の解体工事の事前周知に関する要綱について

1 手続きのご案内

1)解体工事を行う際には、事前に近隣の方へのご説明が必要です。

解体工事を行う場合、事前に石綿(アスベスト)の調査、標識設置と近隣住民の方へのご説明が必要になります。標識設置や近隣の方へのご案内が済みましたら、以下のように区へ速やかにご報告ください。

2)報告に必要な書類 ※届出書類はそれぞれ正副2部です。

  • 報告書
  • 案内図(建築物周辺の状況がわかるもの)
  • 写真(標識設置後、標識の文字の読める近景、標識の設置場所のわかる遠景)
  • 説明状況

上記の書類を、建築安全課へご提出ください。

 参考:足立区建築物の解体工事の事前周知に関する要綱(PDF:236KB)

2 報告の対象となる工事

建築物の解体床面積の合計が80平方メートル以上の解体工事です。

3 石綿(アスベスト)等の事前調査

建築物の設計図等の書面調査及び現地調査等により事前調査を行なってください。

4 近隣住民への主な説明事項

  • 解体建築物等の規模、構造、作業範囲
  • 工期、解体方法、作業時間及び作業方法等
  • 安全対策及び騒音、振動、粉じん等の公害防止対策
  • 建築資材、廃材等の搬出経路、工事車両の通行経路
  • 石綿(アスベスト)等の使用の有無及びその除去方法

5 標識の設置、説明会等の実施内容

実施項目

大規模建築物等

 

  1. 階数が3階以上(木造以外)
  2. 地階を有する
  3. 床面積の合計が500平方メートル以上

左記以外の建築物

標識の設置

工事着手の30日前

工事着手の7日前

報告書の提出

標識設置後5日以内

標識設置後5日以内

説明会等の実施
※周知範囲は、敷地境界線から10m、

または建物高さ長のいずれか広い範囲

工事着手の14日前

工事着手の7日前

報告書の提出

説明後、速やかに

説明後、速やかに

関連ファイル

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建築室建築安全課建設リサイクル担当(区役所中央館4階)

電話番号:03-3880-5952

ファクス:03-3880-5615

Eメール:kenchiku-anzen@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?