ホーム > 重要なお知らせ > 区営シルバーピア(高齢者集合住宅)における緊急通報システムの事故について

ここから本文です。

公開日:2024年1月18日 更新日:2024年1月18日

区営シルバーピア(高齢者集合住宅)における緊急通報システムの事故について

【事案の概要】
令和5年11月30日(木曜日)、区営シルバーピアにおいて居住者(80代・男性)が亡くなられていたのが発見されました。同日、現場確認の際、当該シルバーピアの「緊急通報システム(以下、システム)」の警報が鳴らなかったことがわかり、その後、調査を行いました。
調査の結果、システムには、12時間以上人の動きを感知しないと警報が鳴る機能がありますが、当該シルバーピアでは、令和5年7月12日から令和5年12月4日まで、全室で警報を出さない設定状態にあったことが判明しました。
なお、現時点では、警報が鳴らなかったことと居住者が亡くなられたこととの関係については不明です。

※高齢者集合住宅には、都営シルバーピア、区営シルバーピア、UR賃貸住宅(旧公団住宅)がある。そのうち区営シルバーピアは、区が建物を借り上げた住宅で区内に8か所あり、65歳以上の単身高齢者向けの住宅として区が募集・運営を行っている。住宅には、高齢者向け設備のほか入居者の緊急時の対応を行う生活援助員等が居住または通勤している。


詳細は以下の関連リンクをご確認ください。

こちらの記事も読まれています

 
all