ホーム > 重要なお知らせ > 「東京都リバウンド警戒期間」の延長に伴う区の対応について

ここから本文です。

公開日:2022年4月25日 更新日:2022年4月25日

「東京都リバウンド警戒期間」の延長に伴う区の対応について

東京都の「リバウンド警戒期間における取組」の延長を踏まえ、令和4年4月25日(月曜日)から令和4年5月22日(日曜日)まで、施設利用及びイベント等の開催について、次のとおり取りまとめました。
※施設利用及びイベント等の開催においては、足立区新型コロナウイルス感染症拡大防止ガイドラインを遵守するものとします。

※本ページの情報は、4月25日(月曜日)に開催した「足立区新型コロナウイルス対策本部会議」の開催情報を一部抜粋したものです。その他の会議開催情報は、下記関連リンク「新型コロナウイルス対策本部会議開催情報」をご覧ください。

1 施設利用及びイベント等の開催制限について
(1)人数上限(屋外)
・制限なし
(2)人数上限(屋内)
・大声なしの場合:収容定員の100%以内
・大声ありの場合:収容定員の50%以内
※「大声ありのイベント」とは、観客等が通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発することを積極的に推奨するイベントまたは必要な対策を十分に施さないイベント
(3)施設の利用時間
・通常どおり
(4)施設及びイベントにおける飲食等
・感染対策を徹底したうえで、飲食は可とする
・区施設への酒類の持込みは不可とする
・イベント会場内での酒類の提供はできる限り控える
(5)その他
貸切バスによる移動を伴う催事等を開催する場合は、換気等の感染対策に十分配慮すること。

2 区施設の利用再開等について
次の施設を除き、区施設は原則通常どおりの利用及び施設貸出とする。
・大谷田公園バーベキュー場

3 「東京都リバウンド警戒期間」の延長に伴う学校開放及び学校施設貸出について
感染対策を徹底したうえで、引き続き実施する。
なお、利用にあたっては足立区新型コロナウイルス感染症拡大防止ガイドラインに従った対策を行うものとする。

4 「東京都リバウンド警戒期間」の延長に伴う学童保育室の運営について
感染対策を徹底したうえで、通常どおり運営する。

5 区立小中学校の授業及び部活動について
(1)原則登校とし、感染対策のために保護者判断で登校を控える場合は出席停止扱いとする。
(2)授業は十分に感染対策を講じた上で実施し、短縮等の措置は行わない。
(3)給食時には窓開けなど十分な換気に努めると共に黙食とする。
(4)部活動は、感染対策を十分に講じた上で実施可とする。

6 「東京都リバウンド警戒期間」の延長に伴う区内保育所等の運営について
(1)感染対策を徹底したうえで、通常どおり運営する。
(2)保育料については、新型コロナウイルス感染症発生に伴い園が臨時休園となった場合、臨時休園期間の日数分を減額する。

7 「東京都リバウンド警戒期間」の延長に伴う区内私立幼稚園の運営について
(1)感染対策を徹底したうえで、通常どおり運営する。
(2)保護者から不安なため休みたいとの要望があった場合は、これまで同様欠席とせず、出席停止の扱いとしていただくようお願いする。

8 「東京都リバウンド警戒期間」の延長に伴う日光林間学園及び鋸南自然の家の一般利用について
感染対策を徹底したうえで、通常どおり開館する。
 

こちらの記事も読まれています

 
all