ホーム > 子育て・教育 > 子どもを預けたい > 学童保育室 > 足立区学童保育室整備計画の見直しについて

ここから本文です。

公開日:2020年3月18日 更新日:2021年3月25日

足立区学童保育室整備計画の見直しについて

整備計画の策定の考え方

  • 「第2期足立区子ども・子育て支援事業計画」中の「新・足立区放課後子ども総合プラン」における待機児童解消策を実施するための個別計画とします。

  • 地域内の需給アンバランスを解消させるため、区内を33地区に細分化して、それぞれの学童保育の需要数等を算出のうえ整備します。

整備の手法

  • 小学校の改築時等の際に、校内に学童保育室を設置することを基本とします。ただし、これが困難な場合で、需要が多い地区については、民設学童保育室の誘致も検討します。
  • 学童保育の需要数が受入可能数を大きく下回り、今後、需要数が上昇しない場合に、定員や配置の見直しを行っていきます。
  • 「足立区人口推計」や直近の大規模開発の動向、申請状況等の実績を踏まえながら毎年見直しを行っていきます。

関連PDFファイル

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

地域のちから推進部住区推進課学童保育係

電話番号:03-3880-5863

ファクス:03-3880-5603

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all