ホーム > 住まい・暮らし > 各種相談 > 日常生活の問題 > 成年年齢が「18歳に引き下げられます」

ここから本文です。

公開日:2020年3月2日 更新日:2022年3月7日

成年年齢が「18歳に引き下げられます」

4月1日から成年年齢が18歳に

 明治9年以来「20歳」とされてきた成年年齢が約140年ぶりに見直され、令和4年4月1日から「18歳」に引き下げられます。これにより、18・19歳の方の自己決定権を尊重し、積極的な社会参画を促すことになると期待されています。同時に、消費者トラブルに巻き込まれる危険もあるため、注意が必要です。

主な変更内容

主な変更内容の表

★1…道路交通法の改正により令和4年5月13日から19歳に変更される予定
★2…親の同意が必要
★3…令和4年4月1日時点で16歳以上の女性は、経過措置により現行の取り扱いを継続
★4…戸籍上の性別にとらわれず、お互いを人生のパートナーとして生活を共にすると約束した方が宣誓をし、区が受領証明書・受領証明カードを交付する制度
※令和4年4月1日に18・19歳に達している方は、その日から「成人」となります。

●変更内容や制度の詳細など、くわしくは下記をご覧ください

 ・18歳から“大人”に!成年年齢引下げで変わること、変わらないこと。(政府広報)(外部サイトへリンク)
 ・足立区パートナーシップ・ファミリーシップ制度

周囲の方からも注意喚起を!
新成人を狙った悪質商法にご用心!!

 未成年者が親の同意を得ずに契約した場合、原則、契約を取り消すことができます(未成年者取消権として民法で保護されています)。
 今後18・19歳は、保護対象から外れることになり、自分の意思で契約を決められるようになる一方、未成年を理由に契約を取り消すことができなくなります。制度改正に乗じて、新成人を狙った悪質な勧誘などが増加する可能性がありますので、注意が必要です。

若者を狙ったこんな手口に注意

 

●消費トラブルなど、くわしくは下記をご覧ください。

 ・<18歳から大人!>成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます(消費者センター)

 

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

政策経営部報道広報課広報係

電話番号:03-3880-5815

ファクス:03-3880-5610

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all