ホーム > 区政情報 > 広報・報道 > ニュースリリース > 2020年 > 2020年4月のニュースリリース > 足立清掃事務所職員2名に西新井消防署長から感謝状を贈呈

ここから本文です。

公開日:2020年4月9日 更新日:2020年4月9日

足立清掃事務所職員2名に西新井消防署長から感謝状を贈呈

職員2名に感謝状が贈呈された

職員2名に感謝状が贈呈された

◆清掃事務所職員がごみ集積所の火を消し止めた
令和2年4月2日(木曜日)、足立清掃事務所に勤務する入江(いりえ)司(つかさ)さんと、亀澤(かめさわ)健一(けんいち)さんが区内のごみ収集作業をするため、清掃車で区内伊興本町一丁目の集積所に近づいたところ、ごみ袋から腰の高さほどの火が立ち上っているところを発見した。
2人は即座に状況を共有し、運転していた亀澤さんが消防への119番通報を行い、入江さんが清掃車に備え付けられている消火器を手に、消火活動を始めた。
亀澤さんもすぐに加わり近隣住民の協力も得ながら消火活動を続け、消防車が到着するまでには、ほぼ鎮火できた状態だった。
職員2名は消防署による現場検証にも立ち会った後、清掃事務所から清掃用具等を持って現場に戻り、集積所の片付けまで行った。

◆西新井消防署長から感謝状を贈呈
令和2年4月9日(木曜日)、感謝状贈呈のため、西新井消防署から板倉警防課長ほか2名が足立清掃事務所を訪れ、所内で贈呈式が行われた。
板倉課長からは、「当日、区内では非常に強い風が吹いていた。火事を広げず、区民の安全を守った2人の行動に対し、非常に感謝している」との言葉が伝えられ、入江さん、亀澤さんそれぞれに感謝状が手渡された。

◆感謝状を受けた職員の声
入江さんのコメント「運転していた亀澤さんが119番通報を行い、自分は清掃車に備え付けてある消火器で消火活動を始めた。二人で連携し、冷静に動くことができた。」
亀澤さんのコメント「火を見て、無我夢中で消火活動にあたった。すぐ隣に植え込みがあり、延焼せずに済んだので良かった。」

日頃から、収集作業中でもまちの様子を気にかけているとのことで、今回の活躍につながったようだ。

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

広報室報道広報課報道担当

電話番号:03-3880-5816

ファクス:03-3880-5610

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all