• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 小学校・中学校の情報と手続き > 学校情報 > 平成28年度学校環境衛生に関する検査結果について

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

平成28年度学校環境衛生に関する検査結果について

平成28年度 学校環境衛生に関する検査結果について

足立区立小・中学校において実施した教室内の換気、照明その他学校における環境衛生に関する検査結果に関する検査結果を掲載します。

1. 「学校環境衛生基準」について

学校環境衛生については、学校保健安全法により基づき、文部科学省が定めた「学校環境衛生基準」に従っています。

参考 「学校環境衛生基準」文部科学省ホームページ(外部サイトへリンク)

2. 検査結果等について(概要)

平成28年度学校環境検査(定期検査)実施詳細・実施内容

 

検査項目

環境基準(国基準)

平成28年度検査結果

備考

教室の環境 空気一斉検査
・換気(二酸化炭素)
・温度
・湿度
・二酸化炭素は1500ppm以下であることが望ましい。
・温度は10℃以上30℃以下であることが望ましい。
・湿度は30%以上80%以下であることが望ましい。

夏期
基準に適合 49校
指導あり   57校

冬期
基準に適合 30校
指導あり   76校

指導ありとなった教室には定期的な換気を指導し、空気環境の改善を行った。

・浮遊粉じん
・気流

・浮遊粉じんは0.1mg/立法メートル以下であること。
・気流は0.5m/秒以下であることが望ましい。

平成28年度以前未実施
平成29年度より実施
 

室内揮発性有機化合物検査
・ホルムアルデヒド
・トルエン

 

(工事後のみ)
・キシレン
・エチルベンゼン
・スチレン
・パラジクロロベンゼン

・ホルムアルデヒドは100μg/立法メートル以下であること。
・トルエンは260μg/立法メートル以下であること。
・キシレンは870μg/立法メートル以下であること。
・パラジクロロベンゼンは240μg/立法メートル以下であること。
・エチルベンゼンは3800μg/立法メートル以下であること。
・スチレンは220μg/立法メートル以下であること。

検査対象校39校

(検査の実施対象は過去の検査結果が基準値の1/2を超過している学校、または工事等により環境が変わったと認める学校。)

基準に適合 32校
基準値超過  7校

本検査は夏季に部屋を5時間以上閉め切った後実施している。

本検査で基準を超過した教室には指導を行い、定期的に換気を行うようにした。

ダニ又はダニアレルゲン ・100匹/平方メートル以下又はこれと同等のアレルゲン量以下であること

平成28年度以前未実施
平成29年度より実施

学校薬剤師が簡易キットを用いて測定。
陽性反応の場合、害虫の臨時駆除として扱う。

照度検査
・照度
・まぶしさ
・教室及びそれに準ずる場所の照度は、300lx(ルクス)とする。また、教室及び黒板の照度は、500lx以上であることが望ましい。
・教室及び黒板のそれぞれの最大照度と最小照度の比は、20:1を超えないこと。また、10:1を超えないことが望ましい。
児童生徒等から見て、黒板の外側15゜以内の範囲に輝きの強い光源(昼光の場合は窓)がないこと。
・見え方を妨害するような光沢が、黒板面及び机上面にないこと。

基準に適合  71校
指導あり    31校
不適合      4校

指導あり、不適合となった学校は蛍光灯を取り替える等の対応を行った。
飲用水 飲用水の水質
・一般細菌・大腸菌
・塩化物イオン
・過マンガン酸カリウム消費量
・PH値・味・臭気
・色度・濁度
・遊離残留塩素
・水質基準に関する省令(平成15年厚生労働省令第101号)の表の下欄に掲げる基準による。
過マンガン酸カリウム消費量は、10mg/ℓ以下であること。
・遊離残留塩素は、0.1mg/ℓ(結合残留塩素の場合は0.4mg/ℓ)以上であること。

全校で実施

一般細菌、大腸菌:不検出

遊離残留塩素不適合 4校

他全ての項目で基準の範囲内

遊離残留塩素が基準値に達していない飲料水については水を出しタンクを循環させるよう指導し改善を行った。
施設・設備
・給水源の種類
・維持管理状況等
・貯水槽の清潔状態
・給水施設・設備は、外部からの汚染を受けないように管理されていること。また、機能は適切に維持されていること。
・給水栓は吐水口空間が確保されていること。
・故障、破損、老朽又は漏水等の箇所がないこと。
・貯水槽の清掃は、定期的に行われていること。
該当の設備のある学校において点検を実施
簡易専用水道     85校
特定建築物給水設備  3校
飲料用ポンプ     99校
貯水槽清掃      88校
点検により不具合があったものは、学校に予算を配付して修理・交換等を行った。(一部は区で実施)
雑用水
(飲用以外の水)
雑用水の水質
・PH値・臭気
・大腸菌
・遊離残留塩素
・外観
・PH値は5.8以上8.6以下であること。
・臭気は異常でないこと。
・外観はほとんど無色透明であること。
・大腸菌は検出されないこと。
・遊離残留塩素は0.1mg/ℓ(結合残留塩素の場合は0.4mg/ℓ)以上であること。

該当の設備のある6校で実施

検査実施6校

上半期
基準に適合 1校
指導あり   5校

下半期
基準に適合 3校
指導あり   3校

雑用水は雨水等の再利用水であり、水洗便所の洗浄水、樹木などの散水等に使用している。

遊離残留塩素の項目で不適合だったものは、塩素剤を使用し改善を行った。

施設・設備 ・水管には、雨水等雑用水であることを表示していること。
・水栓は誤飲防止の構造が維持され、飲用不可である旨表示していること。
・飲料水の補給は、逆流防止の構造が維持されていること。
・貯水槽は、破損等により外部からの汚染を受けず、その内部は清潔であること。
・水管は、漏水等の異常が認められないこと。

該当の設備のある8校で実施

民間委託業者による点検・清掃を実施し問題が無いことを確認。

別途、職員による見回り点検を定期的に行っている。

学校の清潔及び鼠(ネズミ)・衛生害虫等 学校の清潔(大掃除) ・全ての学校が年3回定期に行う。    
学校の清潔
雨水の排水溝等
排水の施設・設備

・排水溝に泥や砂等が堆積していないこと。

・設備の故障が無いこと。

用務職員または委託事業者により土砂やごみがたまらないよう毎日見回り、確認している。 必要に応じ、用務職員または委託事業者が清掃している。
鼠・衛生害虫 ・校舎、校地内に鼠・衛生害虫等の生息が認められないこと。

生息状況調査は全校で年2回実施

夏季
痕跡等生息あり  71校
生息なし      34校

冬季
痕跡等生息あり   9校
生息なし      96校

生息を確認した学校は駆除の処置を行った。

別途、1校で臨時の駆除を行った。

教室等の備品管理
・机、いす
・黒板
・机の高さは、座高/3+下腿長、いすの高さは下腿長であることが望ましい。
・黒板の色彩は明度及び彩度が4を超えないこと。
各学校の要望にあわせた備品を購入するほか、必要に応じて調整している。  
水泳プールの管理

プール水質検査
・PH値・濁度
・過マンガン酸カリウム
・遊離残留塩素
・大腸菌・一般細菌
・総トリハロメタン(1回のみ)

・遊離残留塩素は0.4mg/ℓ以上であること。また、1.0mg/ℓ以下であることが望ましい。
・PH値は5.8以上8.6以下であること。
・大腸菌は検出されないこと。
・一般細菌は1mℓ中200コロニー以下であること。
・有機物等は過マンガン酸カリウム消費量として12mg/ℓ以下であること。
・濁度は2度以下であること。
・総トリハロメタンは0.2mg/ℓ以下であることが望ましい。

検査実施校   104校
(興本小学校は工事のため検査実施せず。)

1回目
基準に適合       93校
不適合項目あり  11校
2回目
基準に適合    96校
不適合項目あり    8校

 

不適合項目については、足立保健所が水質管理を指導した後、再検査で適合を確認した。

大腸菌で基準に不適合の場合は、再検査で適合が確認されるまで、プール遊泳は禁止としている。

循環ろ過装置の処理水

・循環ろ過機の処理水の濁度は、0.5度以下であること。また、0.1以下であることが望ましい。

平成28年度以前未実施
平成29年度より実施

 
プール本体の衛生状況等 ・プール水は定期的に全換水するとともに、清掃が行われていること。 委託業者により清掃を実施  
浄化設備等の管理 ・浄化設備のろ材の種類、ろ過装置の容量及びその運転時間が、プール容積及び利用者数に比して十分であり、その管理が確実に行われていること。
・消毒設備の塩素剤の種類は、次亜塩素酸ナトリウム液、次亜塩素酸カルシウム又は塩素化イソシアヌル酸のいずれかであること。
・消毒設備の塩素剤の注入が連続注入式である場合は、その管理が確実に行われていること。
プール開始前に民間事業者に委託浄化装置及び塩素滅菌器等の機能点検、性能調整を行い問題が無いことを確認。 プール終了後も点検を行い、不具合があった場合は学校に予算を配付して修理・交換等を行った。(一部は区で実施)

3. 検査別・学校別結果一覧

・室内空気検査結果(添付ファイル)(PDF:143KB)

・室内揮発性有機化合物検査結果(ホルムアルデヒド)(添付ファイル)(PDF:69KB)

・室内揮発性有機化合物検査結果(トルエン)(添付ファイル)(PDF:54KB)

・室内揮発性有機化合物検査結果(キシレン)(添付ファイル)(PDF:54KB)

・室内揮発性有機化合物検査結果(エチルベンゼン)(添付ファイル)(PDF:54KB)

・室内揮発性有機化合物検査結果(スチレン)(添付ファイル)(PDF:54KB)

・室内揮発性有機化合物検査結果(パラジクロロベンゼン)(添付ファイル)(PDF:51KB)

・照度検査結果(添付ファイル)(PDF:105KB)

・飲料水水質検査結果(添付ファイル)(PDF:99KB)

・雑用水水質検査結果(PDF:69KB)

・鼠・害虫生息調査結果(概要)(PDF:92KB)

・学校プール水質検査結果(概要)(PDF:62KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局学校教育部学務課学校保健係(南館5階)

電話番号:03-3880-5971

ファクス:03-3880-5606

Eメール:gakumu@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?