ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 感染症 > 新型コロナウイルスワクチン接種情報

ここから本文です。

公開日:2021年2月5日 更新日:2021年12月1日

新型コロナウイルスワクチン接種情報

3回目接種

▶ 1・2回目接種を検討されている方は、こちらをクリック

 

 

ワクチン接種状況(12月1日午前9時現在)

年齢層別接種率

 

データの根拠となる数値

    1回目接種人数 2回目接種人数
年齢層 対象人数(A) 接種者数(B) 接種割合(C) 接種者数(B) 接種割合(C)
65以上 171,205 157,327 91.9% 156,516 91.4%
60-64 36,059 31,971 88.7% 31,785 88.1%
50代 103,337 88,546 85.7% 87,817 85.0%
40代 104,539 86,700 82.9% 85,876 82.1%
30代 85,285 65,662 77.0% 64,694 75.9%
20代 85,256 62,424 73.2% 61,206 71.8%
10代(12歳以上) 44,364 32,234 72.7% 31,151 70.2%
総計 630,045 524,864 83.3% 519,045 82.4%

データについて

  1. (A)対象人数は、区の住民記録情報から算出しています。
  2. (B)接種者数は、国のワクチン接種記録システム(以下、VRS)から足立区民の接種記録のみを抽出して算出しています。
  3. (A)(B)ともに、抽出処理時点の満年齢(誕生日の前日に1歳を加える)で年齢層に区分しています。また、区外への転出および死亡は削除、区外からの転入は追加しています。
  4. 接種対象は、12歳以上です。12歳の誕生日の前日に接種対象となります(接種券は誕生日に送付します)。
  5. VRSのデータには、区が行う集団接種、医療機関での個別接種、国等が実施する大規模接種、企業等による職域接種など、すべての接種会場分が含まれます。
  6. 接種後、VRSへの入力は各実施主体が行います。入力時期にずれがあり、反映に時間がかかる場合があります。

更新について

  1. データの更新は、原則として土曜日・日曜日・祝日を除く毎日行います。
  2. 公表後の調整により、データおよびグラフを訂正する場合があります。

    ページの先頭へ戻る

接種対象

足立区の接種対象者は、接種を受ける日に12歳以上で原則、足立区に住民票がある方です。

※くわしくは厚生労働省ホームページをご覧ください。(外部サイトへリンク)

※接種対象の方については接種券を発送済です。なお、7月12日(一斉発送)の時点で12歳に満たない小学6年生の方には、原則誕生日を迎える日に発送します。

小児(12歳から15歳まで)の接種

【注意事項】

  • 平成21年7月13日以降に生まれた小学6年生の方には、12歳の誕生日当日に接種券を発送します。
  • 小学生:保護者の同伴が必要です。
  • 中学生:原則、保護者の同伴が必要となります。足立区医師会はワクチンの効果や副反応等の丁寧な説明のため、保護者同伴を推奨しています。ただし、接種医療機関が認める場合に限り、予診票に保護者が自ら署名することによって、保護者の同伴がなくてもワクチン接種が可能です。保護者の同伴なしで接種する場合には、予診票の「電話番号」記載欄に、緊急連絡先(予診や接種の際に、必ず保護者と連絡のつく電話番号)を記載してください。
  • ファイザー社製ワクチン使用します。
  • 予約方法は、こちらをご覧ください。

接種予約

現在、予約可能なのは「1・2回目の接種が終わっていない方」と「3回目の接種券が届いている方」です。

接種場所

足立区医師会と区内医療機関5カ所で実施しています(令和3年12月1日現在)。

会場一覧

※小児(12歳から15歳)の接種は、接種対象に「小児」と記載している会場で行えます。必ず注意事項をご覧ください。

※この医療機関一覧ページになくても、個別接種できる医療機関があります。

※ワクチンを接種するには、区から届いた接種券が必要です。

※各接種会場へは公共交通機関でお越しいただくか、交通ルールを守った適切な駐車をお願いします。

予約方法

接種場所により、予約方法が異なります。詳細はこちらをご覧ください

接種の予約には、区からお送りする接種券に記載された「予約受付番号」と「生年月日」のみ必要です。

インターネット「足立区コロナワクチン予約システム」から予約(受付時間:24時間受付)

URL:https://vaccine.tsunasou.net/vac_reservation/adachicity/reserve

※12月1日から新しいシステムになり、URLが変わりました。

電話「足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤル」から予約
窓口「ワクチン接種予約サポート窓口」で予約(事前申込不要)
  • 場所:区役所1階区民ロビー
  • 時間:午前10時から午後5時
  • 期間(予定):12月28日まで(土・日・祝日を除く)

【注意点】

  • 接種予約の時間を守って会場へお越しください

接種会場の混雑を防止するため、ご協力いただきますようお願いします。

  • 公共交通機関をご利用ください

会場近隣の住民の方々から、路上駐車に関するご意見を多数いただいています。
円滑な交通の確保にご理解いただき、公共交通機関をご利用いただきますようお願いします。

 

ページの先頭へ戻る

都が実施する「大規模接種」

東京都では都内各地における大規模接種会場の開設を進めています。
※会場ごとに対象者や予約方法が異なります。
予約方法など、詳細は下記関連リンクをご参照ください。

関連リンク:都が設置するワクチン大規模接種会場に関する情報について(外部サイトへリンク)

 

ページの先頭へ戻る

1回目・2回目用の接種券発行申請について

紛失や届いていない方

次のいずれかの方法で申請をしてください。順次接種券を発送します。

書類が届いて(インターネットでのご申請)から発行まで1週間程度かかります。ご了承ください。
接種券の送付先住所の変更を希望する場合は、電話にて申請をしてください。電話以外で申請いただいた場合は、住民票の住所あてに送付します。

※職域接種をされてご勤務先に接種券の提出が必要な方は、上記リンク先の申請フォームに必要事項をご記入される際に、最後の3つの項目については下記のようにご記入ください。

・接種状況「未接種」
・申請理由「その他」
・理由記入欄「職域接種」

郵送先:
120-0011 東京都足立区中央本町一丁目5番3号
足立保健所 新型コロナウイルスワクチン接種担当課 宛

足立区に転入された方で新型コロナウイルスワクチン接種を希望する方

 次のいずれかの方法で申請をしてください。順次接種券を発送します。
 なお、書類が届いて(インターネットでの申請)から発行まで1週間程度かかります。ご了承ください。

  • インターネット
  • 電話
  • 郵送

申請書を記入の上、郵送をしてください。
申請書:接種券再発行申請書(PDF:363KB)

郵送先:
120-0011 東京都足立区中央本町一丁目5番3号
足立保健所 新型コロナウイルスワクチン接種担当課 宛

ページの先頭へ戻る

足立区外にお住まいで区内での接種を希望する方

10月4日(月曜日)から、足立区外にお住まいの方が個別医療機関で接種する際には「住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)」が不要となりましたなお、予約システムを利用する集団接種や一部医療機関については、予約番号発行のため、引き続き申請が必要となります。

予約システムを利用する集団接種や一部医療機関での接種をご希望される方

申請書に必要事項を記載のうえ、下記までご郵送ください。なお、書類が区に届いてから発行までは2週間程度要します。

申請書:「予約受付番号交付申請書」(PDF:835KB)
郵送先:
120-0011 東京都足立区中央本町一丁目5番3号
足立保健所 新型コロナウイルスワクチン接種担当課 宛

ページの先頭へ戻る

新型コロナワクチン予防接種証明書(ワクチンパスポート含む)の発行

新型コロナワクチンを接種した際に、接種券に「接種済証」(医療従事者の方であれば「接種記録書」)が発行され、ワクチンを接種した証明として利用できます。

上記内容とは別に、7月26日(月曜日)から海外渡航予定がある方を対象に、ワクチン予防接種証明書(ワクチンパスポート)の申請受付を開始しました。当面は、海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とする方を対象といたします。

なお、実際に証明書が適用される免除・緩和措置については、外務省の海外安全ホームページ「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧」(https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html)をご確認ください。

対象者

以下の両方にあてはまる方が対象です。

  • 区内在住で予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(足立区の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けた方。

※接種日時点で、足立区以外の自治体に住民票があった場合は、その該当する地域の自治体にお問合せください。

  • 海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。

申請書類

【必要な書類】

1 申請書 

2 旅券(パスポート)の写し

有効期限が切れている場合、接種証明書は発行できません。また、渡航前に旅券の更新予定があれば、更新した旅券をご提出ください(旅券の更新の際に旅券番号が変更となるため、更新前の旅券で接種証明書を発行した場合、旅券の更新後に再度接種証明書の発行を申請する必要があります)。

3 接種券または接種記録書の写し

※接種記録書は、医療従事者など自治体から送られた接種券を使用しないで接種した方に交付されています。

4 本人確認書類の写し(住民票上の住所の記載されたもの)

運転免許証、健康保険証など 

5 返信用封筒

宛名の記載及び84円切手の貼付をお願いいたします。

【場合によって必要な書類】

6 旧姓・別姓・別名の確認書類(旅券に旧姓・別性・別名の記載がある場合のみ)

旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し、当該別名・別性の記載のある外国の旅券など。

7 委任状(本人以外が代理で申請する場合のみ)

申請受付・発行方法(郵送のみ)

郵送で申請書を下記へご提出いただき、返信用封筒により書面交付させていただきます。
なお、書類が届いてから発行まで1週間程度かかります。ご了承ください。

郵送先:
120-0011 東京都足立区中央本町一丁目5番3号
足立保健所 新型コロナウイルスワクチン接種担当課 ワクチンパスポート担当宛

問い合わせ先

  • 接種証明書の一般的な内容や制度について

厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口(コールセンター)
電話番号:0120-761770 受付時間:午前9時から午後9時(土日祝を含む毎日)

  • 接種証明書の申請方法や個別の手続き方法について

電話相談窓口(コールセンター)

【ワクチン接種に関する相談や予約受付】足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤル

接種に関する相談や予約受付を行う「足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤル」を3月1日から開設しています。

足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤルの電話番号が変わりました。

  • 11月  9日(火曜日)午後8時00分まで 03-4335-4558
  • 11月10日(水曜日)午前8時00分から 0120-230-377

※「足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤル」の電話番号でお掛け間違いにより、一般の方へご迷惑をおかけする事象が発生しております。ご連絡の際は、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願い申し上げます。

電話番号:0120-230-377

コールセンター色付き

受付時間:8時00分から20時00分(土日祝日を含む毎日)

※今後、変更になる場合があります。
※フリーダイヤル

ファクス:03-3880-5453(聴覚障がいのある方などの相談のみの受付)

  • ファクスを頂いてから、翌営業日以降のご連絡となります。予約は受け付けていません。
  • 「お問い合わせコールあだち」で予約受付はできません。足立区コロナワクチン相談・予約ダイヤルにお電話してください。

【接種後の副反応の相談等】東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター

  • 電話番号:03-6258-5802
  • 受付時間:24時間対応(土日祝日を含む毎日)

【ワクチン全般の相談】厚生労働省新型コロナワクチン電話相談窓口

  • 電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
  • 受付時間:9時00分から21時00分(土日祝日を含む毎日)

聴覚に障がいのある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

よくあるご質問

Q.ワクチンはどこで接種できますか?

「接種予約」をご覧ください。

 

⇒その他よくあるご質問

 

ページの先頭へ戻る

がいこくのひとむけ(For Foreign Citizens)

新型コロナウイルスのワクチン接種について、予診票の書き方やワクチンの説明書、接種のお知らせ例について紹介しています。

・英語(English)(PDF:750KB)
・韓国語(Korean)(PDF:555KB)
・中国語(Chinese)(PDF:463KB)

また、厚生労働省のホームページ で、この3つを、それぞれの国の言葉で説明しています。

・予診票の各国語訳(Translations of Prevaccination Screening Questionnaire for COVID-19 vaccine)

・説明書(Instructions for COVID-19 vaccination)

・接種のお知らせ例(Notice on COVID-19 vaccination)

厚生労働省(こうせいろうどうしょう)ホームページ(ほーむぺーじ)(外部サイトへリンク)

ページの先頭へ戻る

ワクチン接種の健康被害救済制度

予防接種を受けた方に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく給付(医療費等の給付)が行われます。

制度についての概要はコチラをご覧ください。

※くわしくは厚生労働省ホームページ(予防接種健康被害救済制度)(外部サイトへリンク)をご確認ください。

ページの先頭へ戻る

ワクチンに関する情報

ワクチン接種は発症や重症化予防につながります

ワクチン接種は多くの方に受けていただくことにより、ご本人の発症や重症化を防ぐとともに、医療機関の負担を減らすことも期待されています。「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」をよくお読みいただき、ワクチン接種による効果と副反応のリスクの双方を理解したうえで、接種を受けてください。

新型コロナワクチン予防接種についての説明書

新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください!

 

行政機関等をかたったなりすましにご注意。ワクチン接種は無料です。電話・メールで個人情報を求めることはありません。
画像をクリックすると拡大します(PDF)

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が消費生活センターへ寄せられています。
区が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません。

出典:消費者庁ウェブサイト

ワクチンについて皆さまに知っていただきたいこと

こちらの記事も読まれています

 
all