ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 感染症 > 新型コロナウイルスワクチン接種情報

ここから本文です。

公開日:2021年2月5日 更新日:2021年7月25日

新型コロナウイルスワクチン接種情報

 

希望する接種方法を選択(下記ボタンをクリック)してください。

集団接種を受ける方
(予約・キャンセル・取り消し等の手続きができます)

個別接種を受ける方
(小児優先接種を実施する医療機関一覧が確認できます)

大規模接種を受ける方
(国が実施する大規模接種センターへのリンク)

 

 

最新情報

区内の新規感染者数の傾向

6月下旬以降、区内では感染者数が急激に増加しています。
新規感染者数の傾向をまとめましたので、下記リンクをご覧ください。

リンク:区内の新型コロナウイルス新規感染者数の傾向(令和3年3月から7月8日まで)について

庁舎ホールで実施する大規模接種

国との連携により、臨時の大規模接種会場を4回に分けて開設します。3回目、4回目については「足立区コロナワクチン予約システム」での予約が必要となります。

【大規模接種の実施予定日】

1回目

6月24日(木曜日)から7月3日(土曜日)

2回目

7月22日(木曜日)から7月31日(土曜日)

3回目

8月22日(日曜日)から8月28日(土曜日)

4回目

9月25日(土曜日)から9月30日(木曜日)

1回目、2回目の実施について

対象の方には接種日時を記載した個別のご案内を送付しました(「65歳以上で2回目の集団接種予約が8月以降の方」が対象で予約は不要です)。なお、日程変更をご希望される方は「足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤル」にご連絡ください。個別の案内が届かなかった方は対象外となりますので、ご了承ください。

3回目、4回目の実施について

「足立区コロナワクチン予約システム」でのご予約が必要となります。ご予約は2回分をまとめてお取りいただく必要があります。1度目の接種は8月、2度目の接種は9月をご選択いただきますようお願いします。

 

※庁舎ホールの大規模接種では武田/モデルナ社製のワクチンを使用するため、集団接種とは使用するワクチンが異なります。
 
→武田/モデルナ社製のワクチンについての説明はコチラ(PDF:210KB)
※こちらの大規模接種を受けられた方については、集団接種のご予約を強制的にキャンセルさせていただきます。
※駐車場の台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

ワクチン予約・接種状況(7月19日午前9時現在)

65歳以上の方の「接種者数」(速報値)

65歳以上の接種状況グラフ

 

65歳以上の方の「集団接種の予約者数」と「接種者数」(速報値)

65歳以上の予約状況グラフ

 

データの根拠となる数値
  接種券送付・予約の状況 人数(※1)
A 65歳以上の方への接種券送付者数 176,070 -
B 集団接種の予約者数(1回目)

90,865

51.6%
C 集団接種の予約者数(2回目)

84,254

47.9%

 

1回目接種済み 人数(※1) % (※2)
D 集団接種会場で接種 84,107 47.8%
E 庁舎ホールの大規模接種 6,841 3.9%
F 個別接種、大規模接種会場等(VRS(国のワクチン接種記録システム)からの抽出情報) 56,298 32.0%
G VRS未登録、未接種者

28,824

16.4%

  2回目接種済み 人数(※1) % (※2)
集団接種会場で接種 63,674 36.2%
庁舎ホールの大規模接種 0 0%
個別接種、大規模接種会場等(VRSからの抽出情報) 46,984 26.7%
VRS未登録、未接種者 65,412 37.2%

※1 すでに接種券をお持ちの「12歳から64歳で基礎疾患のある方」は含まない
※2 端数処理の関係上100%にならない場合がある

【データについて】

  • 7月5日(月曜日)更新分から、庁舎ホールを活用した大規模接種の接種者数を追加しました。そのため、AからKまでの区分を変更しました。
  • 速報値のため、公表後の精査により情報を修正する場合があります。
  • データの更新は、原則として月曜日と木曜日に行います(データは前日までの数字です)。
    ※7月21日(水曜日)、24日(土曜日)、25日(日曜日)の接種状況は、26日(月曜日)に更新します。
  • DおよびHは、区の予約システムの集計等を基に算出しています。
  • FおよびJは、国のワクチン接種記録システム(VRS)から足立区民の接種記録のみを抽出して算出しています。VRSへの登録は各医療機関や大規模接種会場等で個別に行います。入力時期にずれがあるため、暫定数字としてご覧ください。
  • GおよびKは、65歳以上の方への接種券送付者数(A)からD、E、FおよびH、I、Jを引いた数字です。
  • 上記は、65歳以上の方の数字のみ掲載しています。今後、64歳以下の方への接種券発送状況を見て、データおよびグラフを変更する場合があります。

 

「一般の方(12歳から64歳)」の接種券送付時期

年齢層 

発送日(予定)

64から62歳(昭和32年4月2日から35年4月1日生まれ) 6月28日(月曜日)
61から60歳(昭和35年4月2日から37年4月1日生まれ) 7月1日(木曜日)
59から46歳(昭和37年4月2日から51年4月1日生まれ) 7月5日(月曜日)
45から39歳(昭和51年4月2日から58年4月1日生まれ) 7月12日(月曜日)
38から30歳(昭和58年4月2日から平成4年4月1日生まれ) 7月15日(木曜日)
29から16歳(平成4年4月2日から18年4月1日生まれ) 7月19日(月曜日)

・発送から到着まで、3日程度かかる場合がありますのでご了承ください。
・15歳から満12歳の方には7月12日(月曜日)に発送しました。なお、7月12日の時点で12歳に満たない小学6年生の方には、原則誕生日を迎える日に発送します。
・ワクチン接種事業が終了する令和4年2月28日までに、2回目の接種を終える必要があります。ファイザー社製ワクチンの場合、1回目と2回目の間は3週間以上を必要とするため、令和4年2月8日までに12歳の誕生日を迎える方がワクチン接種の対象となります。
・16歳未満の方は、区が実施する集団接種を受けられないため、個別医療機関でご予約をお取りください。

接種対象(順位)とスケジュール

1年間で35万人に2回ずつ、計70万回を接種する予定です。ワクチン接種に関する民間調査の結果などを基に約70万人の区民の50%が接種すると想定しています。

※足立区の接種対象者は、接種を受ける日に12歳以上(ファイザー社のワクチンの場合)で原則、足立区に住民票がある方です。

接種費用

無料

接種回数

期間を空けて2回の接種 ※くわしくは厚生労働省ホームページをご覧ください。(外部サイトへリンク)

スケジュール

ワクチンは徐々に供給が行われますので、一定の接種順位を国が定めています。現時点では、次のような順番、スケジュールでワクチンを受けていただく見込みです。

医療機関で行う「個別接種」の詳細は、「コロナワクチンの個別接種(医療機関一覧)」をご覧ください。

接種順位

対象者 接種券送付時期など 状態

1

医療従事者等 医療従事者については、東京都が主体となって進めています。
2 65歳以上(昭和32年4月1日以前に生まれ)の方

接種券の発送:令和3年4月26日(月曜日)

※世帯ごとではなく、一人ずつ送付

※配達完了までに約1週間を要する見込み

済

集団接種予約の受付開始:令和3年5月6日(木曜日)午前8時

※「インターネットの予約システム」と「足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤル」共に午前8時から受付開始

個別接種予約の受付:「コロナワクチンの個別接種(医療機関一覧)」をご覧ください。

受付中

集団接種会場での接種開始:令和3年5月15日(土曜日)

実施中
個別接種での接種開始:令和3年5月下旬 実施中
3 12歳から64歳で基礎疾患を有する方

優先接種を希望する方は、接種券を順次発送しますので、国が示す基礎疾患のいずれかに該当することをかかりつけ医に確認のうえ、申請をしてください。

済
高齢者施設などの従事者 状況により手続きの方法が異なりますので、くわしくは勤務先にご確認ください。
4 一般の方(12歳から64歳)

接種券の発送:令和3年6月28日より順次発送いたします。

→12歳以上の方には令和3年7月19日に発送を完了しました。

済

接種券の紛失や届いていない方等の再発行(65歳以上(昭和32年4月1日以前にお生まれ)の方)

次のいずれかの方法で申請をしてください。順次接種券を発送します。

郵送先:
120-0011 東京都足立区中央本町一丁目5番3号
足立保健所 新型コロナウイルスワクチン接種担当課 宛

足立区に転入された方で新型コロナウイルスワクチン接種を希望する方

 次のいずれかの方法で申請をしてください。順次接種券を発送します。

郵送先:
120-0011 東京都足立区中央本町一丁目5番3号
足立保健所 新型コロナウイルスワクチン接種担当課 宛

足立区外にお住まいで区内での接種を希望する方

新型コロナウイルスワクチンは原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしています。
ただし、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期間滞在している場合(単身赴任者、遠隔地への下宿中の学生、里帰り出産による帰省中の妊産婦、他)等は接種を行う医療機関等が所在する市町村へ事前に届け出たうえで、住所地外で接種を受けることができます。

該当される方について

 申請書に必要事項を記載のうえ、下記までご郵送ください。なお、書類が区に届いてから発行までは2週間程度要します。

ご郵送先:
120-0011 東京都足立区中央本町一丁目5番3号
足立保健所 新型コロナウイルスワクチン接種担当課 宛

 ※集団接種と個別医療機関のどちらを希望されるかで申請書類が異なりますのでご注意ください。


なお、個別医療機関での接種をご希望の方で、やむを得ない理由のうち下記に該当する場合は、届け出を省略することができます。
集団接種をご希望の方は必ず申請が必要になります。

  • 入院、入所者
  • 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関から往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった者
  • 勾留又は留置されている者、受刑者

がいこくのひとむけ(For Foreign Citizens)

新型コロナウイルスのワクチン接種について、予診票の書き方やワクチンの説明書、接種のお知らせ例について紹介しています。

・英語(English)(PDF:750KB)
・韓国語(Korean)(PDF:555KB)
・中国語(Chinese)(PDF:463KB)

また、厚生労働省のホームページ で、この3つを、それぞれの国の言葉で説明しています。

・予診票の各国語訳(Translations of Prevaccination Screening Questionnaire for COVID-19 vaccine)

・説明書(Instructions for COVID-19 vaccination)

・接種のお知らせ例(Notice on COVID-19 vaccination)

→厚生労働省(こうせいろうどうしょう)ホームページ(ほーむぺーじ)(外部サイト)(外部サイトへリンク)

※新規ウィンドウで開きます。  

新型コロナワクチン予防接種証明書(ワクチンパスポート含む)について

新型コロナワクチンを接種した際に、接種券に「接種済証」(医療従事者の方であれば「接種記録書」)が発行され、ワクチンを接種した証明として利用できます。

上記内容とは別に、7月26日(月曜日)から海外渡航予定がある方を対象に、ワクチン予防接種証明書(ワクチンパスポート)の申請受付を開始します。当面は、海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とする方を対象といたします。

なお、実際に証明書が適用される免除・緩和措置については、外務省の海外安全ホームページ「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧」(https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html)をご確認ください。

対象者

以下の両方にあてはまる方が対象です。

・区内在住で予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(足立区の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けた方。
※接種日時点で、足立区以外の自治体に住民票があった場合は、その該当する地域の自治体にお問合せください。

・海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。

申請受付開始日(予定)

令和3年7月26日(月)から申請受付を開始する予定です。

申請書類について(予定)※現時点では申請を受け付けておりませんので、ご注意ください。
【必要な書類】

1 申請書 
→ワクチンパスポート発行申請書(PDF:87KB)

2 旅券(パスポート)の写し
有効期限が切れている場合、接種証明書は発行できません。また、渡航前に旅券の更新予定があれば、更新した旅券をご提出ください(旅券の更新の際に旅券番号が変更となるため、更新前の旅券で接種証明書を発行した場合、旅券の更新後に再度接種証明書の発行を申請する必要があります)。

3 接種券または接種記録書の写し
※接種記録書は、医療従事者など自治体から送られた接種券を使用しないで接種した方に交付されています。

4 本人確認書類の写し(住民票上の住所の記載されたもの)
運転免許証、健康保険証など 

5 返信用封筒
宛名の記載及び84円切手の貼付をお願いいたします。

【場合によって必要な書類】

6 旧姓・別姓・別名の確認書類(旅券に旧姓・別性・別名の記載がある場合のみ)
旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し、当該別名・別性の記載のある外国の旅券など。

7 委任状(本人以外が代理で申請する場合のみ)
→委任状【代理人様が申請または受領する場合】(PDF:45KB)

申請受付・発行方法(郵送のみ)

郵送で申請書を下記へご提出いただき、返信用封筒により書面交付させていただきます。
なお、書類が届いてから発行まで1週間程度かかります。ご了承ください。

ご郵送先:
120-0011 東京都足立区中央本町一丁目5番3号
足立保健所 新型コロナウイルスワクチン接種担当課 ワクチンパスポート担当宛

よくあるご質問

Q.接種券は、いつ届きますか?また、ワクチン接種の予約や接種は、いつからできますか?

Q.ワクチンはどこで接種できますか?

Q.基礎疾患がある人は、65歳以上の方の次に優先接種の対象になると聞きましたが、具体的な疾患は?

 

⇒その他よくあるご質問はこちら

 

 

学校体育館などの特設会場で行う「集団接種」

接種券をお持ちの方の新型コロナウイルスワクチン接種予約の受付、変更、キャンセルは画像をクリック

ワクチンを接種するには、区から届いた接種券が必要です。
接種券は12歳以上の区民の方に送付済みです。

⇒「集団接種」に関する詳細情報はコチラから

接種場所

土・日曜日は学校体育館(各15カ所)、水曜日は地域体育館など(10カ所)で集団接種を行います。

予約方法

接種の予約には、区からお送りする接種券に記載された「予約受付番号」と「生年月日」のみ必要です。

「足立区コロナワクチン予約システム」から予約(受付時間:24時間受付)
URL:https://adachi.hbf-rsv.jp←をクリックで予約システムへ ※接種券のQRコードと同様
電話「足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤル」から予約
電話番号:03-4335-4558 受付時間:8時00分から20時00分(土日祝日を含む毎日)
  • 「足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤル」は、時間帯によってつながりにくい場合があります。つながらない場合は、時間をおいてから改めてご予約をお願いします。
  • 通話料金がかかります。
     
窓口「新型コロナウイルスワクチン集団接種予約サポート窓口」で予約

  インターネットの予約を代行する臨時窓口を7月31日(土曜日)まで区内8か所で行います。

⇒新型コロナウイルスワクチン集団接種予約サポート窓口一覧はコチラから

 

【注意点】

【足立区コロナワクチン予約システム】集団接種では接種対象外となる16歳未満の方は、利用ができなくなります(7月6日から)

7月6日(火曜日)から「足立区コロナワクチン予約システム」は次の2点について利用できなくなります。

  • 「医療法人社団大坪会 東和病院」で実施する個別接種の新規予約
  • 16歳未満の方の利用(集団接種会場では年齢対象外のため)

※ただし、16歳の誕生日以降は予約システムの利用が可能となります。

12歳~15歳の方は、各医療機関で個別に予約を行ってください。

1回目の接種に来られなかった場合、2回目の集団接種予約は自動キャンセルとなります

予約された方が、キャンセルの連絡なしで接種会場へ来られなかった場合、これから集団接種を予約する方の接種の機会が奪われてしまうため、ご理解いただきますようお願いします。

ご予約のお時間を守って会場へお越しください

接種会場の混雑を防止するため、ご協力いただきますようお願いします。

公共交通機関をご利用ください

会場近隣の住民の方々から、路上駐車に関するご意見を多数いただいております。
円滑な交通の確保にご理解いただき、公共交通機関をご利用いただきますようお願いします。

ページの先頭へ戻る

 

医療機関で行う「個別接種」

※個別接種ができる「区内医療機関一覧(詳細ページ)」と「予約空き状況(PDF形式)」について、公表を一時停止しています。

平成18年4月2日から平成21年7月12日生まれの方を対象に、新型コロナワクチンの接種券を7月12日(月曜日)から発送しました。
なお、平成21年7月13日以降に生まれた小学6年生の方には、12歳の誕生日当日に接種券を発送いたします。

【注意事項】
●16歳未満の方は、集団接種や大規模接種の対象外になります。区内の医療機関で行う個別接種に予約してください。
●小学生:保護者の同伴が必要です。
●中学生:原則、保護者の同伴が必要となります。足立区医師会はワクチンの効果や副反応等の丁寧な説明のため、保護者同伴を推奨しています。ただし、接種医療機関が認める場合に限り、予診票に保護者が自ら署名することによって、保護者の同伴がなくてもワクチン接種が可能です。
予約受付開始日は現在調整中です。医療機関へのお問い合わせは予約開始日以降にしていただきますようお願いいたします。

12歳から15歳の方を対象にしたコロナワクチン小児優先医療機関一覧はこの画像から

 

ページの先頭へ戻る

 

国が実施する「大規模接種」

国が実施する東京大規模接種センターの接種予約は、区では受け付けできません。詳細はリンク先をご覧ください。

※大規模接種センターの接種予約には、「市町村コード(自治体コード)」が必要です。足立区のコードは「131211」です。

【注意点】

1回目と2回目は必ず同じ種類のワクチンを接種する必要があります

大規模接種センターではモデルナ社製のみ、足立区ではファイザー社製のワクチンのみ接種をしているため、両会場での接種はできません。※2021年5月27日現在

区の集団接種を予約済みで、大規模接種センターで接種することになった方

必ず区の集団接種予約をキャンセルしてください。キャンセルをしていただかないと集団接種会場の予約枠に空きが出ず、まだ予約ができていない方の接種の機会を奪うことになります。必ずキャンセルしていただくよう、お願い申し上げます。すでに大規模接種センターで接種したことが判明した場合は、区の集団接種予約を取り消しますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る

電話相談窓口(コールセンター)

ワクチン接種に関する相談や予約受付】足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤル

足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤルロゴ

接種に関する相談や予約受付を行う「足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤル」を3月1日から開設しています。

電話番号:03-4335-4558

受付時間:8時00分から20時00分(土日祝日を含む毎日) ※今後、変更になる場合があります。
※通話料金がかかります。

ファクス:03-3880-5453(聴覚障がいのある方などの相談のみの受付)

  • ファクスを頂いてから、翌営業日以降のご連絡となります。予約は受け付けていません。
  • 「お問い合わせコールあだち」で予約受付はできません。足立区コロナワクチン相談・予約ダイヤルにお電話してください。

【接種後の副反応の相談等】東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター

電話番号:03-6258-5802

受付時間:24時間対応(土日祝日を含む毎日)

【ワクチン全般の相談】厚生労働省新型コロナワクチン電話相談窓口

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:9時00分から21時00分(土日祝日を含む毎日)

聴覚に障がいのある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 

ワクチンに関する情報

ワクチン接種は発症や重症化予防につながります

ワクチン接種は多くの方に受けていただくことにより、ご本人の発症や重症化を防ぐとともに、医療機関の負担を減らすことも期待されています。「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」をよくお読みいただき、ワクチン接種による効果と副反応のリスクの双方を理解したうえで、接種を受けてください。

新型コロナワクチン予防接種についての説明書

ファイザー社製(厚生労働省サイトへリンク/PDFファイル)

武田/モデルナ社製(厚生労働省サイトへリンク/PDFファイル)(外部サイトへリンク)

 

新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください!

 

行政機関等をかたったなりすましにご注意。ワクチン接種は無料です。電話・メールで個人情報を求めることはありません。
画像をクリックすると拡大します(PDF)

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が消費生活センターへ寄せられています。
区が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません。

出典:消費者庁ウェブサイト

 

ワクチンについて皆さまに知っていただきたいこと

こちらの記事も読まれています

 
all