ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 感染症 > 新型コロナウイルスワクチン接種情報 > 【10月21日から】オミクロン株対応ワクチン接種間隔の短縮(5か月→3か月)

ここから本文です。

公開日:2022年10月21日 更新日:2022年10月21日

【10月21日から】オミクロン株対応ワクチン接種間隔の短縮(5か月→3か月)

令和4年10月21日以降、最終接種完了日から「3か月以降」にオミクロン株対応ワクチンの接種が可能となりました。

※ファイザー社製、モデルナ社製ワクチンともに短縮
※令和4年10月24日に発送する接種券には、以下のとおり3通り(3、4、5か月の接種間隔)の接種が可能となる日を記載していますが、3か月後の日付で接種が受けられます。

 【接種券の記載例】

 sesshu_kankaku_rei7.png

※5歳から11歳の方に使用するファイザー社製ワクチンの接種間隔に変更はありません。

 

こちらの記事も読まれています

 
all