あだち広報テキスト版2022年(令和4年)9月25日第1888号2・3面

お知らせ・情報コーナー

足立区ホームページアドレス:https://www.city.adachi.tokyo.jp/

※費用の記載がないものは無料

特殊詐欺(さぎ)を防ぐ2つの対策!
■問い合わせ先=(足立区)生活安全推進担当 電話番号03-3880-5838

対策1:詐欺電話を警告メッセージで撃退(自動通話録音機・無料で貸し出し)
電話をかけてきた相手に自動でメッセージを流し、通話を録音します。自分の声が録音されることを嫌う犯人は電話を切ってしまうので、効果的です。
■対象=区内在住でおおむね65歳以上の方がいる世帯 ※申し込み方法など、くわしくはお問い合わせください。

対策2:本物の詐欺電話を聞いてみよう
詐欺犯との実際のやり取りを聞き、詐欺を疑似体験! 巧みな犯人の手口を知って、被害を防止しましょう。
(足立区)アポ電体験ダイヤル 電話番号03-3880-5700
※通常の通話料金がかかります。警視庁ホームページで公開中の音声の短縮版が流れます。
警視庁ホームページ(QR)


各署それぞれのアイデアで犯罪対策を強化中!(前編)
今号と10月25日号の2回に分け、区内4警察署の取り組みを紹介します。

綾瀬警察署:孫からのメッセージで特殊詐欺を防止!
管轄区域内の学童保育室に、特殊詐欺防止に関するメッセージ付きの塗り絵を配布。塗り絵には「“サギの電話”に気をつけてね!」といったメッセージや、詐欺にあわないための注意事項などが書かれています。子どもたちから祖父母へ渡すことで注意を促します。
(塗り絵写真説明)
似顔絵やメッセージを書くこともできます

西新井警察署:「より伝わる」交番新聞を作成しています
警察と区民をつなぐコミュニケーションツールである「交番新聞」をさらに「伝わる」紙面にするため、(足立区)シティプロモーション課(区の各部署が作成するチラシ・ポスターの改善をサポートする課)がアドバイス。イラストや写真を積極的に使用したり、文字の大きさにメリハリをつけたりなど、工夫を凝らしています。 
(チラシ写真説明)
西新井警察署やその管轄の交番などで配布


「新型コロナウイルス感染症」関連情報
あだち広報の掲載内容は9月16日時点の情報のため、今後変更になる場合があります。
最新情報は区のホームページをご覧ください。
●区の施設やイベントなどは、感染症対策を講じておりますが、利用制限や中止・延期にする場合があります。
●イベントなどに参加の際は、マスク着用などにご協力をお願いします。熱のある方などは参加をご遠慮ください。

区内での感染者の発生状況(9月16日時点)
【週単位の感染者数および総数(2年4月1日を基準日とし、集計は「診断日(PCR検査または抗原検査で陽性を確認した日)」で行う)】
9月7日から13日
週単位計(水曜日から火曜日):3,140人
総数:144,333人
9月26日から、医療機関が保健所へ行う全数届出が見直されます。くわしくは決まり次第、区のホームページなどでお知らせします。

9月7日から療養期間が短縮されました
入院していない有症状者は、発症日の翌日から7日間経過かつ症状軽快後24時間経過すれば、検査なしで療養期間終了となります。無症状者は、検体採取の翌日から7日間で変更はありませんが、5日目に検査キットで陰性を確認した場合は療養期間終了となります。 ※療養期間中でも条件を満たすことで外出等が可能になりました。くわしくは区のホームページをご覧ください。

小児(5歳から11歳)ワクチン3回目接種情報
■対象=2回目接種後、5カ月を経過した5歳から11歳の方■接種券発送時期=▽4年5月1日から14日に接種した方…9月26日(月曜) ▽5月15日から31日に接種した方…10月11日(火曜)■接種場所=区内医療機関■使用ワクチン=ファイザー(小児用) ※オミクロン株対応ワクチンとは異なります。予約方法など、くわしくは接種券に同封の案内を参照

10月1日から足立区コロナワクチン予約・相談ダイヤルの受付時間が一部変更となります
土・日曜日の受付時間が午前8時から午後6時となります。 ※9月30日(金曜)までは、毎日、午前8時から午後8時 電話番号0120-230-377

10月半ば以降本格開始 オミクロン株対応ワクチンの接種
■接種対象=1・2回目接種が完了した12歳以上の方
【注意】接種間隔は、最終接種日から5カ月です。

◆10月5日から接種券を順次発送(3・4回目接種券をお持ちの方にも改めて発送)
発送対象:4年5月31日までに最終接種として3回目の接種をした55から59歳の方
発送時期:10月5日(水曜)

発送対象:4年5月31日までに最終接種として2から4回目のいずれかの接種をした12歳以上で上記以外の方
発送時期:10月11日(火曜)

※いずれも年齢は4年10月1日時点。6月以降に最終接種した方への発送は、決定次第、区のホームページなどでお知らせします。予約方法など、くわしくは接種券に同封の案内を参照。オミクロン株対応ワクチンの接種券が届きましたら、未使用の3・4回目接種券は廃棄してください。

◆4回目接種の対象で未接種の方は、前倒し接種が可能
■接種開始日等=▽区内医療機関…9月24日(土曜)以降、準備が整い次第、順次実施 ▽区役所庁舎ホール…10月4日(火曜) ※いずれもお手元の4回目接種券をご使用ください(3回目接種券をお持ちの方も接種可)。くわしくは区のホームページを参照。すでに予約済みの方も、前倒し接種が開始次第、オミクロン株対応ワクチンの接種となります。

庁舎ホールでのワクチン接種を再開
■接種開始日=10月4日(火曜) ※毎週月曜日、10月8日(土曜)・9日(日曜)は休止■時間=午前9時から11時30分/午後1時から5時30分 ※接種時間は変更となる場合があります。■対象=1回目から4回目の接種券をお持ちの12歳以上の方■使用ワクチン=モデルナ 1・2回目接種の方は、オミクロン株対応ワクチンとは異なります。

「臨時給付金」関連情報
国が新たに発表した「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(1世帯5万円)」については、決まり次第、区のホームページなどでお知らせします。

申請受付中

9月30日(金曜)(消印有効)まで
住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(1世帯10万円)
「あだちから」生活応援臨時給付金

12月31日(土曜)(消印有効)まで延長
生活困窮者自立支援金


ひとり親家庭などを応援!

■申込先・問い合わせ先=親子支援課 ひとり親家庭支援担当 電話番号03-3880-5932

○暮らしを応援(無料で利用できます)
区では、ひとり親家庭の方などに、様々な支援を行っています。各事業や相談窓口は「豆の木」のロゴが目印です。
◆スマホから簡単に!情報入手や生活の相談
・豆の木メール・応援アプリ
 無料のイベント情報やひとり親家庭向けの手当の振込予定日など、暮らし・子育てに関する情報をお知らせします。
・ひとり親家庭向け相談公式LINE(ライン)「子育てパレットsingle(シングル)-p」
 生活・子育ての困りごとやモヤモヤした気持ちなどの相談ができます。
◆悩みごと・困りごとの相談や情報交換の場
▪サロン豆の木
■日時=毎月第2・4土曜日、午後2時から4時/毎月第3土曜日、午後2時30分から4時30分■内容=生活に役立つ講座や親子で楽しめるイベント/困りごとの個別相談 ※定員あり。申し込み方法など、くわしくは区のホームページをご覧ください。
▪豆の木相談室
■日時=平日、午前9時から午後4時■場所=区役所■内容=自分自身や子どものことなど、不安や悩んでいることの相談■相談方法=電話/窓口 ※オンライン相談なども実施。くわしくは区のホームページをご覧ください。

○就労と自立を応援(児童扶養手当受給中の方などが対象)
◆資格取得をサポート:講座などの費用を助成
▪自立支援 教育訓練給付金
 就職に有利な資格取得などのための講座受講費用を支給
【支給額】受講費用の全額(上限あり) ※1万2,000円以下は支給不可
▪高等職業訓練 促進給付金
 国家資格取得(看護師など)に必要な法定の修業期間(最長5年)を対象に生活費の一部として助成金を支給 ※住民税の課税状況により支給額が異なります。
【支給額】月額10万円(非課税世帯)/月額7万500円(課税世帯)
▪育児支援サービス利用料金助成(前記いずれかを受給中の方はさらに )
 実習や試験など、修学のために利用した、小学生以下の子どもの一時的な保育や送迎支援費用などを対象に助成金を支給
【支給額(上限)】月額3,000円
◆学び直しをサポート:より良い条件での就職のために
▪高校卒業程度 認定試験 合格支援事業
 高校卒業程度認定試験合格のための講座受講費用(通信を含む)を支給 
【支給額(上限)】30万円
◆就職活動をサポート:区とハローワークが連携
▪自立支援プログラム
 履歴書の書き方・面接の練習などの支援や、3カ月程度の職業訓練などを通して就職活動をサポート

――いずれも――
そのほかにも支給要件あり。申し込み前に面談が必要(要予約)。くわしくは区のホームページをご覧ください。


早期発見で5年生存率が90パーセント以上! 女性がん検診の受診を!

女性の主ながんにおける5年生存率
全国がんセンター協議会加盟施設 2011年から2013年診断例
(出典:(公益財団法人)がん研究振興財団「がんの統計2022」)
●子宮頸(けい)がん
ステージ4:26.5パーセント
ステージ1:93.6パーセント
●乳がん
ステージ4:38.8パーセント
ステージ1:100パーセント
「ステージ1で発見できれば圧倒的に高くなる!」

子宮頸(けい)がんは近年若年化の傾向で、20代後半から増加し、30代後半から40代がピークです。また、乳がんは40代から50代女性のがん死亡原因第1位となっています。
「行くのが面倒」「検査が怖い」という理由で検診を避けていませんか? 早期のうちは症状が現れないので、まずは受診しましょう!
■問い合わせ先=健診事業係 電話番号03-3880-5121

【NEW】もっと便利に!女性がん検診リーフレット型受診券
8月下旬に22歳から58歳までの偶数年齢の女性(今年度すでに受診券を受け取った方は除く。年齢は5年3月31日現在)に、リーフレットを送付しました。 ※対象の検診のみを記載
■検診対象=▽子宮頸がん検診…20歳以上の女性 ▽乳がん検診…40歳以上の女性 ※いずれも前年度受診済みの方は除く■受診期限=5年2月28日(火曜) ※受診期限直前は予約が集中し、受診できないことがあるため、お早めに受診をお願いします。
(受診券画像)
「そのまま受診券として使用可!」
「対象の検診を各500円で受診できる!」

10月はピンクリボン月間
乳がんは日本人女性の9人に1人がなるといわれています。早期発見には2年に1回の定期的な検診のほか、月に1回継続的なセルフチェックがとても大切です。
○がん検診は、年齢や性別によって受診できる内容が異なります
がん検診の種類や対象者、自己負担額など、くわしくは区のホームページをご覧ください。がん検診受診券を申し込む際は、24時間、どこからでも申し込み可能なオンライン申請が便利です。受診券を無くした場合でも、再発行が可能です。


【NEW】3歳児健康診査で「目の屈折検査」を10月から開始!

暗い部屋の中で保護者の膝の上に座り、機器を数秒見つめることにより検査ができます。弱視・斜視などの可能性を早期に発見し、必要な方には医療機関をご案内します。
■対象=10月以降の3歳児健康診査受診者■問い合わせ先=保健予防係 電話番号03-3880-5892

―欄外―

放射線量の調査(雨天時を除く、平日)

■計測場所=区役所前中央公園(地上から高さ50センチメートル)
■問い合わせ先=公害規制係  電話番号03-3880-5304
日付:9月1日から14日
測定値:マイクロシーベルト毎時

1日:なし
2日:なし
5日:0.06
6日:0.06
7日:0.06
8日:0.06
9日:0.06
12日:0.06
13日:0.07
14日:0.07


児童育成手当の10月期(6月から9月分)は10月4日(火曜)以降に振り込み

現況届が未提出の場合は支給停止■問い合わせ先=親子支援係 電話番号03-3880-5883


「赤い羽根募金」にご協力を

地域福祉活動などに役立てられています。■期間=10月1日から12月31日■問い合わせ先=地域調整課 管理係 電話番号03-3880-5855