あだち広報テキスト版2022年(令和4年)8月10日第1885号8・9面

お知らせ・情報コーナー

足立区ホームページアドレス:https://www.city.adachi.tokyo.jp/

※費用の記載がないものは無料



SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
SDGs
より良い世界をめざして

SDGs(エスディージーズ) 「Sustainable Development Goals(サステナブル ディベロップメント ゴールズ) (持続可能な開発目標)」は、2030年の世界をより良いものにするために、国連加盟国193カ国が掲げている取り組みです。
Vol(ボリューム).16 足立区原爆被害者の会(足友会)(あしゆうかい)
SDGs 16.平和と公正をすべての人に
問い合わせ先=報道広報課 広報係 電話番号03-3880-5815/総務課 人権推進係 電話番号03-3880-5497

1960年(昭和35年)。当時、足立区に在住していた広島・長崎の被爆者8人が、千住神社の社務所に集まり結成されたのが「足友会」。現在の会員は約80人で、被爆体験を伝える活動などを通して、原爆廃絶や平和のための啓発活動などに取り組んでいます。今号では「16.平和と公正をすべての人に」に関連して、会の活動やその想(おも)いを紹介します。

◆原爆被害を語り継いでいく足友会は、今年創立62年を迎えます。主な活動は、区役所などでの展示活動や、中学校での講演など。原爆で家族を亡くしたつらさ、戦後の被爆者に対する差別や偏見、食料のないひもじさなど、被爆者、被爆二世(両親またはどちらかが被爆者で、原爆投下後に生まれた人)、ボランティアが力をあわせ、戦争を知らない世代に伝え続けています。
(写真説明)
区役所で実施した展示
(写真説明)
中学校での講演

◆子どもたちに伝えるということ
区内の中学校での講演も続けています。被爆者から直接話を聞いた子どもたちから「戦争には勝ちも負けもなく、始めたときにすでに負けている。言葉ではなく武力に頼ったのだから」「戦争体験や原爆被害を後世に伝えなければ」という声が寄せられました。「その気持ちを忘れないでいてほしい」。足友会の皆様のその想いが、活動継続の原動力です。

◆語り継ぐことの難しさ
戦後77年。被爆者の方々の高齢化により、これまでと同じように語り継ぐことが難しくなっています。被爆二世やボランティアの力を借りながらも、会を継続している足友会は、都内でも少ない存在になりつつあるといいます。被爆体験を聞いたり読んだりした記憶が、次の世代に繋(つな)ぐ戦争の記憶になります。一人でも多く「語り継ぐ人」になってほしい。足友会の願いです。
(写真説明)
被爆体験をまとめた足友会発行「原子雲」は区立図書館でご覧いただけます。

◆原爆・平和・戦争を考える展示会 2022
■期間=8月9日(火曜)から15日(月曜)、午前10時から午後5時■場所=アリオ西新井・1階(西新井栄町1丁目20番1号)■内容=足友会による原爆・戦争を描いた絵画・写真、原爆の実物大模型などの展示■申込=不要 ※当日直接会場へ



【刑法犯認知件数】前年同期比(4年1月から6月)で188件増加
防犯活動にご協力ください!
■問い合わせ先=(足立区)生活安全推進担当 電話番号03-3880-5838

まちをキレイにすることで犯罪を抑止する「ビューティフル・ウインドウズ運動」など、皆さんのご協力のおかげで刑法犯認知件数は年々減少し、令和3年は戦後最少を更新し3,212件となりました。しかし今年に入り、6月末時点の刑法犯認知件数が昨年より188件増加しています。これ以上増えないように皆さんのご協力をお願いします!
(グラフ)
刑法犯認知件数(1月から6月)
令和3年1月:230件
令和4年1月:292件

令和3年2月:239件
令和4年2月:260件

令和3年3月:254件
令和4年3月:298件

令和3年4月:267件
令和4年4月:257件

令和3年5月:275件
令和4年5月:341件

令和3年6月:294件
令和4年6月:299件

令和3年総計:1,559件
令和4年総計:1,747件(188件増加)

1.自転車のカギかけ徹底!
区の刑法犯認知件数の約3割が自転車盗難で、中でも1番多く発生している場所は自宅の敷地内です。外出時はもちろん、自宅だからと油断せず必ずカギかけを行ってください。
2.地域の安全を「ながら見守り」
不審な人物や車両がいないか、散歩やジョギングなどをしながら周りに目を向け、子どもや地域の安全を守る活動です。地域の方の「目」が犯罪抑止につながります。
「掃除しながら」
「仕事しながら」




暮らし・まちづくり


65歳以上高齢者集合住宅の入居者募集

■募集住宅=都営シルバーピア地元割当(単身者向け・2人世帯向け)/区営シルバーピア(単身者向け)■募集のしおり配布期間=8月22日から29日 ※土・日曜日を除く■配布場所=住宅課/区民事務所 ※なくなり次第配布終了。入居には、区内に継続して3年以上居住していることや所得制限などの要件あり。くわしくは「募集のしおり」または区のホームページをご覧ください。■問い合わせ先=お問い合わせコールあだち(毎日、午前8時から午後8時) 電話番号03-3880-0039


弁護士による多重債務 無料相談

■日時=9月5日(月曜)・6日(火曜)、午後2時から4時 ※1人30分程度■場所=エル・ソフィア■対象=区内在住・在勤・在学の方■内容=借金の整理についての指導や助言■定員=各3人(8月15日から先着順)■申込方法=電話/窓口/区のホームページからオンライン申請/氏名(フリガナ)、電話・ファクス番号、希望日、「多重債務相談」をファクス■申込先・問い合わせ先=消費者センター 電話番号03-3880-5380 ファクス番号03-3880-0133


建物などの名称を変えた際は変更の届け出が必要

■対象=区内住居表示実施済み区域の建物所有者または管理者■申込方法=窓口/申請書をファクス ※申請書は区のホームページからダウンロード■申込先・問い合わせ先=戸籍住民課 住民記録係 電話番号03-3880-5725 ファクス番号03-3880-5664


災害時協力井戸の募集

■対象=区内で日常的に使用している井戸を所有している方■内容=災害時の生活用水などの確保のための協力井戸として登録 ※年1回、衛生試験所などによる水質検査(無料)を実施予定。登録方法など、くわしくはお問い合わせください。■問い合わせ先=災害対策課 施設管理係 電話番号03-3880-5837


雇用・生活・こころと法律の総合相談会

■期間=9月5日(月曜)から10日(土曜)、午前10時から午後3時 ※6日(火曜)・9日(金曜)は5時終了■場所=東京芸術センター・9階会議室■内容=仕事が見つからない、働く自信がない、多重債務がある、眠れない、家族のひきこもりなどの悩みに専門相談員が応じる■申込=不要 ※当日直接会場へ■問い合わせ先=くらしとしごとの相談センター 電話番号03-3880-5705


都市計画が決定しました

■内容=一団地の住宅施設の廃止(中川第二)/辰沼一丁目地区地区計画の策定 ※地区計画に基づいた建て替えのため■告示日=8月5日■縦覧場所・問い合わせ先=都市建設課 都市計画係 ※区のホームページでも閲覧可 電話番号03-3880-5280


外国人のための行政書士 夜間無料相談会

■日時=9月6日(火曜)、午後6時から8時■場所=エル・ソフィア■対象=区内在住で外国籍の方■内容=在留資格、永住許可、帰化申請などの相談 ※通訳の予約もできます。くわしくはお問い合わせください。■定員=8組程度(8月12日から先着順)■申込方法=電話/窓口■申込先・問い合わせ先=地域調整課 多文化共生担当 電話番号03-3880-5177



屋外広告物には許可が必要です

屋外で看板などを掲示する場合は、東京都屋外広告物条例による許可が必要です。無許可の場合は罰則が適用されることがあります。
また、看板などが無秩序・大量に掲示されると、まちの景観を損ねるだけでなく、落下や倒壊などの危険もあります。許可申請の方法など、くわしくはお問い合わせください。■問い合わせ先=占用係 電話番号03-3880-5907


被災地のリアルから学ぶ「やっときゃよかった」防災講座

■日時=9月4日(日曜)、午後2時から4時■対象=区内在住・在勤・在学の方■内容=防災のプロが見た被災地のリアルから、「やっときゃよかった」防災術を学ぶ■定員=▽会場…15人 ▽オンライン…15人 ※いずれも8月12日から先着順■申込方法=電話/区のホームページからオンライン申請/住所、氏名(フリガナ)、電話・ファクス番号、Eメールアドレス、参加方法、「被災地から学ぶ防災講座」をファクス■場所・申込先・問い合わせ先=NPO活動支援センター(梅田図書館1階。月曜日、祝日を除く、午前9時から午後9時30分)電話番号03-3840-2331 ファクス番号03-3840-2333


【新規】節湯型シャワーヘッド購入費補助金制度

家庭部門のエネルギー消費量や二酸化炭素量の削減のため、節湯型シャワーヘッド購入費を補助します。■対象=区内在住で、9月1日以降に購入する方■補助額=1世帯3,000円■申込期間=4年9月1日から5年2月28日 ※要件など、くわしくは区のホームページをご覧になるか、お問い合わせください。■問い合わせ先=環境政策課 管理係 電話番号03-3880-5935


行政相談委員による出張講座「大地震から生き残る術とは」

■日時=8月22日(月曜)、午後1時30分から3時30分■内容=アニメ「東京マグニチュード8.0」を鑑賞し、予想される首都直下型地震への備えについて、行政の関わりや対策、準備状況を考える■定員=30人(8月12日から先着順)■申込方法=電話■申込期限=8月21日(日曜)■場所・申込先・問い合わせ先=舎人地域学習センター(午前9時から午後8時)電話番号03-3857-0008


地域のコミュニティ事業が助成を受けました

一般財団法人 自治総合センターは宝くじの社会貢献広報のために、文化振興事業やコミュニティ助成事業を行っています。今年度は助成金を活用し、ライオンズマンション荒川遊園アクアステージ自治会が防災用レスキューテントなどの整備を行いました。■問い合わせ先=地域調整係 電話番号03-3880-5864


ゆらぎ世代(更年期)のあなたへ「輝く未来のために今できること」

■日時=9月16日(金曜)、午後2時から4時■場所=エル・ソフィア■対象=区内在住・在勤・在学の方■内容=ゆらぎ世代(更年期)を心身のリニューアル・人生のリスタートと捉え、健やかで前向きな日々を過ごすために今できることを学ぶ■定員=20人(8月12日から先着順) ※保育あり(9月8日までに要予約、6カ月から就学前の子ども、先着5人)■申込方法=電話/区のホームページからオンライン申請/住所、氏名(フリガナ)、年代、保育希望の場合は子どもの氏名(フリガナ)・年齢、電話・ファクス番号、「ゆらぎ世代のあなたへ」をファクス■申込先・問い合わせ先=男女参画プラザ 電話番号03-3880-5222 ファクス番号03-3880-0133


8月の区議会

■日時等=表1 ※委員会の傍聴は、区議会事務局(区役所内)で受け付け。開会予定の1時間前から整理券を発行し、定員を超えた場合は30分前に抽選。手話通訳・ヒアリングループ(難聴用磁気ループ)の利用を希望する場合は、期限の午後5時までに申し込み■申込期限=▽手話通訳…傍聴する会議の7日前 ▽ヒアリングループ…傍聴する会議の前日 ※いずれも期限当日が閉庁日の場合は、直前の開庁日
日時など、予告なく変更する場合がありますので、くわしくはホームページをご覧になるか、お問い合わせください。
■申込先・問い合わせ先=区議会事務局 議事係 
電話番号03-3880-5797 ファクス番号03-3880-5617 
ホームページアドレス https://www.gikai-adachi.jp

表1 8月の区議会 日時等

日時:17日(水曜)午前10時
会議名:総務委員会

日時:18日(木曜)午前10時
会議名:区民委員会

日時:19日(金曜)午前10時
会議名:産業環境委員会

日時:19日(金曜)午後1時30分
会議名:厚生委員会

日時:22日(月曜)午前10時
会議名:建設委員会 

日時:22日(月曜)午後1時30分
会議名:文教委員会

日時:23日(火曜)午前10時
会議名:交通網・都市基盤整備調査特別委員会

日時:24日(水曜)午前10時
会議名:子ども・子育て支援対策調査特別委員会

日時:25日(木曜)午前10時
会議名:災害・オウム対策調査特別委員会

日時:25日(木曜)午後1時30分
会議名:エリアデザイン調査特別委員会

日時:31日(水曜)午前10時
会議名:議会運営委員会


催し物
※先着順で、特に記載がない場合は午前8時30分から受け付け(申し込み不要を除く)


あだちオカリナフェスタスペシャル「茨木智博(いばらきともひろ)オカリナの世界」

■日時=9月19日(祝日)、午後2時から3時30分 ※1時40分開場■対象=小学生以上の方 ※小学生は保護者の参加が必要■内容=ジャンルを問わない演奏活動やレコーディングでオカリナの芸術性を追求してきた、区内在住オカリナ奏者・茨木智博氏によるコンサート■定員=50人(8月11日、午前9時から先着順)■費用=1,500円 ※小学生は500円■申込方法=電話/窓口/氏名(フリガナ)、電話番号、「オカリナフェスタ」をファクス■場所・申込先・問い合わせ先=桜花亭 電話番号03-3885-9795 ファクス番号03-3860-0608


ダンスワークショップ「Break the Chain(ブレイクザチェーン)」暴力の鎖を断ち切ろう(2日制)

■日時=9月15日(木曜)・22日(木曜)、午後2時から4時■場所=エル・ソフィア■対象=区内在住・在勤・在学の方を中心に活動しているダンスグループ・団体の代表者など■内容=女性に対する暴力の実態についての講義のほか、女性への暴力防止キャンペーンのテーマダンスとして世界中で踊られている「Break the Chain」の歌詞に込められた意味やダンスの振り付けを学ぶ■定員=10人(8月12日から先着順) ※保育あり(9月7日までに要予約、6カ月から就学前の子ども、先着5人)■申込方法=電話/区のホームページからオンライン申請/住所、氏名(フリガナ)、年代、保育希望の場合は子どもの氏名(フリガナ)・年齢、電話・ファクス番号、「ブレイク ザ チェーン」をファクス■申込先・問い合わせ先=男女参画プラザ 電話番号03-3880-5222 ファクス番号03-3880-0133


東京未来大学 こどもみらい園の催し

◆リトミック体験会アンド発達相談会
■日程=8月27日(土曜)、9月10日(土曜)、10月1日(土曜)■時間等=▽発達に課題のある就学前の子ども…午後2時から3時 ▽発達に課題のある小学生…3時から4時
◆不登校や発達に関するお悩み相談会
■日時=9月3日(土曜)・17日(土曜)、10月8日(土曜)、午前10時から11時30分■対象=登校などに不安のある小・中学生の保護者
◆ソーシャルスキル体験会アンド発達相談会
■日程=9月4日(日曜)・18日(日曜)、10月9日(日曜)■時間等=▽発達に課題のある就学前の子ども…午前10時30分から11時30分 ▽発達に課題のある小学生…11時30分から午後0時30分
――いずれも――
■内容=専門家による相談会■定員=各10人(8月11日から先着順)■申込方法=ホームページからオンライン申請■場所・申込先・問い合わせ先=東京未来大学 こどもみらい園(月・火曜日、8月10日から19日を除く、午前10時から午後6時) 綾瀬2丁目30番6号 電話番号03-5629-3789 ホームページアドレス https://miraien.tokyomirai.ac.jp
大学連携の問い合わせ先=(足立区)大学連携担当 電話番号03-3880-5840


―欄外―

【ホウカツ】65歳からの健康・介護相談窓口 地域包括支援センター(区内25カ所)

「介護予防教室に行きたい」「介護保険制度を知りたい」などの様々な相談に応じています。元気なうちから、担当地域のホウカツにぜひご相談ください。■問い合わせ先=地域包括支援センター担当 電話番号03-3880-5429


気づいてくださいヘルプマーク

援助が必要な方のためのマークです。見かけたら思いやりのある行動をお願いします。■問い合わせ先=お問い合わせコールあだち(毎日、午前8時から午後8時) 電話番号03-3880-0039 ファクス番号03-3880-0041