あだち広報テキスト版2019年(令和元年)8月25日第1813号12面

地域で輝く!
幸齢(こうれい)男子たち

全国で顕在化している「高齢者の孤立」。特に深刻とされる「男性の孤立」を防ぐため、区では「孤立ゼロプロジェクト」を進めつつ、男性の居場所づくりに力を入れています。今号はその一例をご紹介します。
歳としを重ねても元気で若々しく、地域で輝く「幸齢男子」。あなたも仲間になりませんか?
問い合わせ先絆づくり事業調整担当  電話番号03-3880-5184

おいしく、楽しく、元気よく!
千住男男(だんだん)キッチン

料理で深める、仲間との絆きずな
毎月1回の「男の料理教室」では、先生役の女性を含め、毎回10人前後が料理を楽しんでいます。この教室、ただ「料理をして終わり」ではありません。みんなで話し合ってメニューを決め、買い物も協力して行うことで、より参加者同士の親睦を深めています。

笑顔で元気なのは、この場のおかげ
「『この教室が無かったら、きっと引きこもりになっていた』というメンバーもいます」と語るのは、教室の代表者・洲脇(すわき)さん。「長く生きてきたけれど、今まで知らなかった地元の仲間が初めてできた。新しい仲間との出会いに感謝しています」。

実態調査でも明らかに…
孤立リスク男性は約2倍

区では、全町会・自治会や民生委員・児童委員の協力で高齢者実態調査(※)を実施しています。調査の結果、女性に比べ男性が孤立する危険性は、約2倍高いことが判明しました。
※…介護保険サービスを利用していない、70歳以上の単身世帯と75歳以上のみの世帯が対象

問:10分程度の世間話をする頻度(世帯構成員以外)は?

毎日/数日に1回/週1回以上
男性:86.7パーセント(1万5,391人)
女性:93.5パーセント(2万5,961人)

月1回程度/ほとんどない
男性:13.3パーセント(2,363人)女性の2倍
女性:6.5パーセント(1,802人)
【調査結果は5月末時点】

担当の「地域包括支援センター」へお気軽にご相談ください!

区内25カ所の地域包括支援センターでは、各種交流サロン・地域活動の紹介、介護や高齢者の暮らし相談などを無料で行っています。管轄のセンターの場所など、くわしくは区のホームページをご覧になるか、お問い合わせください。

足立区 地域包括支援センターで検索

世帯と人口
元年8月1日現在(外国人含む) 世帯数:351,540 人口:690,939人(男:346,480人、女:344,459人)

再生紙を使用しています
341,800