ここから本文です。

公開日:2020年4月24日 更新日:2020年5月8日

   タイトル

幼児発達支援室「ひよこ」です!

新型コロナウイルス感染症拡大防止で、思うように外出ができず、ストレスが溜まってしまうお子さんに向け、足立区障がい福祉センターあしすと幼児発達支援室「ひよこ」で楽しんでいる手あそびや歌あそびをお届けします。

元気いっぱいにからだを動かして、ストレスなんか吹き飛ばせ!! おうちの方もぜひ一緒に、お楽しみください。

おはようのうた

どんないろが好き
ドスコイ2

見て、聴いて、やってみよう。

■おはようのうた

「おはようのうた」を楽しくうたいながら、朝のごあいさつが身につきます。

「先生おはよう」の「先生」の部分を「おかあさん」や「おとうさん」に替えてみれば、朝から楽しいごあいさつができますよ。

動画視聴

おはようのうた

■バナナくんたいそう

 子どもたちに大人気!新沢としひこ先生の「バナナくんたいそう」。 「ひざ」・「かた」・「うえ」と、かけごえをかけながら踊ってみましょう。ノリノリで全身を動かすことで、楽しみながら自然と運動不足を解消できますよ。

動画視聴

バナナくんたいそう

■おおきなかぶ

 ロシア童話の「おおきなかぶ」を、パネルシアターでご紹介。「うんとこしょ、どっこいしょ」と、一緒にかけ声をかけることで、お話の登場人物になった気分になれます。おうちにあるクッションなどをかぶに見立てて、引っ張ってみるのも楽しいですよ。

動画視聴

ookinakabu2

■てをたたきましょう

うたに合わせて手をたたきながら、「笑ったり」「怒ったり」「泣いたり」します。お子さんにいろんな表情を見せながら、一緒に楽しみましょう。大げさにやってみせるのがコツです。

動画視聴

tewotataku

■かみなりどんがやってきた

かみなりどんに取られないように「あたま」「おしり」「ひざ」「ひじ」「くち」と順番に隠していきましょう。

楽しみながら、自分のからだの場所と名称を覚えられますよ。

動画視聴

kaminaridonga

■ふうせん

うたに合わせて、右に左にフワフワと、ふうせんが飛んでいきます。ふうせんの色といろいろな名称(物の名前)が覚えられます。

「あかいのはなにかな? とんぼ!」「きいろいのはなにかな? ちょうちょ!」と、お子さんとのやりとりするのも楽しいですね。

動画視聴

ふうせん

■ギュギュギュテレパシー

「Are you ready?」(準備はいいかな?)

「Yeah―――!」

みんなの元気な声が聞こえてきそうです。手のひらを合わせる・手をにぎる・手をたたくなど、音楽に合わせて楽しく手を動かしましょう。「バツ×」や「マル〇」は元気よくできるかな?

動画視聴

ぎゅ

■かえるのうた

みなさんもよく知っている『かえるのうた』です。「大きいかえる」の時は、大げさな位に動きを大きく、「小さいかえる」の時は、小さく指先を動かしましょう。「お父さんがえる」「赤ちゃんがえる」と言ってうたってもいいですね。

動画視聴

かえる

■ドスコイ

腰を落として姿勢を低くして、おすもうさんになりきって踊ります。片足を上げたまま、止まっていられるかな。

「ドスコイ!ドスコイ!」とかけ声をかけながら、元気よくジャンプもしてみましょう。踊った後は、おすもうごっこでスキンシップも楽しいですね。動画視聴

dosukoi2

■おいものてんぷら

お子さんをおいもに見立てたふれあいあそびです。

1・2・・・と数えながら頭の上から足の先まで洗ってあげましょう。その後はつま先から切りながら頭の上まできたら「ちーん!」と大げさに。全身に粉をつけて・・・最後に油で揚げる時には、全身を思い切りくすぐってあげてください。

「もっとやって!」と言われること間違いなし!おいもの役を親子で交代しても楽しいですよ。

動画視聴

天ぷら

■どんな色がすき

色画用紙、おわん(丸を描けるもの)、牛乳パック、クレヨン、はさみ、のりを用意して、親子で一緒に工作をしましょう。クレヨンでの色ぬりなら、危険もなくお子さんでもできると思います。自分で作ったペープサートで遊ぶと楽しさ倍増!

「あか」「あお」「きいろ」「みどり」4色そろったら、お子さんに好きな色を選んでもらいましょう。「どんな色がすき?」といううたの問いかけに「あかー!」などと元気よくこたえながら、高々と上げて揺らしてみましょう。

動画視聴

donnnairogasuki

■さかながはねて

「さかながはねて ぴょーん!」

楽しいうたに合わせて、はねたさかなたちは、お顔のどこにくっつくのかな?楽しみながら、顔の部位が覚えられますよ。

どんどん仮装が増えてきたら、お子さんも笑いが止まらなくなっちゃうかも?

sakanaga

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

障がい福祉推進室障がい福祉センター幼児療育係

電話番号:03‐5681-0136

ファクス:03-5681-0138

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all