ホーム > 仕事・産業 > 中小企業支援 > 区内中小企業向け助成金・補助金 > 休業支援金活用促進事業(助成金)のご案内

ここから本文です。

公開日:2021年9月15日 更新日:2021年9月15日

休業支援金活用促進事業(助成金)のご案内

1 助成対象経費

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の申請に係る社会保険労務士の事務手数料(代行費用等)

※助成は1団体(企業・事業者等)または個人につき1回までです。

2 助成金額

  • 労働者本人が申請を行った場合は上限万円
  • 名以上の労働者の代行申請を行った事業主は上限10万円(名のみの場合には上限万円)

※全ての申請において助成対象経費の全額(千円未満切捨て)が助成金額になります。

3象者

次のすべてに該当すること

  • 新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について労働局の支給決定を受けている労働者であること。または労働者を代行して申請し労働局の支給決定があった事業主であること。
  • 労働局の支給決定を受けている労働者で区内に住所を有するもの。事業主が代行して申請している場合は区内に主たる事業所があり、その住所地で休業支援金の申請を行っていること。
  • 同一内容で他の公的助成を受けていないこと。
  • 事業主が代行して申請している場合は足立区雇用調整助成金活用促進事業(助成金)の助成を受けていないこと。
  • 中小企業基本法第2条に規定する中小企業者に相当する規模を上回る団体等でないこと。

(参考)中小企業基本法第2条に規定する中小企業者

業種

従業員規模

資本金規模

製造業・建設業・運輸業・その他業種

300人以下

3億円以下

卸売業

100人以下

1億円以下

サービス業

100人以下

5000万円以下

小売業

50人以下

5000万円以下

4請期限

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の支給決定日(決定通知書の右上に記載された日付)から120日以内

※複数回分の決定通知書が根拠となる場合には直近の決定日から120日以内

※令和4年3月末日必着(予算額に達し次第終了)

5 申請方法など

  • 原則、郵送での受付

6要書類

1 交付申請書(様式1の2)(ワード:23KB)

2 公共職業安定所等から受領した支援金・給付金支給決定通知書の写し

3 社会保険労務士への経費の支払及び内訳が確認できる書面

 

7の他

  • 国の新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の申請先ではありませんのでお間違いないようご注意ください。

※新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の代行申請を依頼する社会保険労務士をお探しの場合は、下記「8 問い合わせ・申請先」の電話番号までお問い合わせください。東京都社会保険労務士会足立・荒川支部に紹介を依頼します。

国の新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の要件等申請に関するお問い合わせ先

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター

電話0120-221-276

8い合わせ・申請先

企業経営支援課就労・雇用支援係
〒120-8510
足立区中央本町一丁目17番1号足立区役所南館4階
電話:03-3880-5469(直通)

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

産業経済部企業経営支援課就労・雇用支援係

電話番号:03-3880-5469

ファクス:03-3880-5605

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all