ホーム > コロナに負けずに認知症予防! 脳活のススメ

ここから本文です。

公開日:2020年5月26日 更新日:2020年5月26日

noukatsu_main

毎日の生活に”脳活”をちょい足し!

新型コロナウイルス感染症の影響で、思うように外出できない日々が続いていますが、身体を使わず、アタマを働かせないと、認知機能は日々衰えてしまいます。毎日の生活に、ちょっとした運動や脳トレ習慣を加えることは、認知症予防に効果的だと言われています。一人でも、おうちでも、気軽にできる脳の老化を防ぐ豆知識をご紹介します。あなたも、できることから始めてみませんか?

脳の老化を防ぐ豆知識!

■おとといの晩ごはんは何でしたか?

noukastu1

昨日のことは思い出せても、おとといのこととなると、少し記憶が曖昧になりますよね。薄れかけている記憶を思い出すことは、認知症予防にとても有効です。一日の出来事を書き起こすことは大変でも、晩ごはんの献立だけなら、手軽に始められるのでおススメです!

■おうちに眠っているけん玉はありませんか?

けん玉

けん玉は脳の老化防止にいいことだらけ!膝や下半身を使った全身運動で足腰が強化されるだけでなく、手先を器用に使い、集中して技を決めることで脳が活性化されます。遊びながら認知症予防を始めてみませんか?

■お買い物に出かける時は歩幅を広く!

ウォーキング

男性は70cm、女性は約65cmで歩くことがおススメ!歩幅が狭い人は、広い人に比べ認知機能低下のリスクが約6倍という調査結果があるほどです。脳を活き活きさせるために、大股で歩くことを心がけましょう。

■このポーズ、パッと作れますか?

ハト

実はこれ、認知機能の検査なんです。親指を組み、両手の背が外向きになったら正解です。上下左右や前後の間隔が掴めなくなってくることは、軽度認知障害の方によくみられる症状です。認知症に早めに気づくきっかけになりますね。

もしかして認知症⁉ご相談はお近くの「ホウカツ」へ!

■このロゴが目印です!

ホウカツロゴ 

「地域包括支援センター(愛称、ホウカツ)」は、65歳からの健康・介護に関する相談窓口です。「最近もの忘れが多くて不安…」という方は、足立区医師会の「もの忘れ相談医」がご相談に応じます。

ホウカツは窓口相談だけでなく、地域を回り、ご自宅へも伺います。元気なうちから、些細なことでもお気軽にご相談ください。

健康や介護のことでお困りのときにはお近くのホウカツにお電話ください。

▶お近くのホウカツはこちらから

 

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

高齢者施策推進室地域包括ケア推進課

電話番号:03-3880-5885

ファクス:03-3880-5614

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all