ホーム > 健康・福祉 > 高齢者のために > 認知症 > ながら脳活で認知症予防

ここから本文です。

公開日:2020年9月11日 更新日:2020年9月18日

ながら脳活で認知症予防

ながら脳活とは、毎日の生活を一工夫して2つのことを同時に行うことです。ながら脳活は、認知症予防に効果があると言われている筋トレや脳トレを手軽に取り入れることができます。新型コロナウイルス感染症の影響で、思うように外出できない日々が続いている今だからこそ、「始めやすい・続けやすい」ながら脳活を取り入れて、早めに認知症に備えましょう。

ながら脳活のリーフレットは下記からダウンロードしてください。

ながら脳活リーフレット(PDF:893KB)

ながら脳活の紹介

1 歯みがきをしながら足踏み(筋トレ)歯磨きしながら

歯磨きをしながら、ひざはまっすぐして、ももは昨日より少しでも高くあげてみるような気持ちでやってみましょう。ももの上げすぎは転倒につながるため、無理のない範囲で行いましょう。


2 テレビを見ながらかかとの上げ下げ(筋トレ)
テレビを見ながら、椅子やテーブルに軽く手を添えて、かかとをあげてストンと落としてみましょう。これを継続すると、かかとを落としたときの衝撃が強い骨を作ります。


3 時計を見ながら計算しよう(脳トレ)
デジタル時計を見て、「11時35分」と表示されていたら、計算をしてみる。例えば、11足す35は46。35引く11は24。   他にもカレンダーで計算してみましょう。統計を見ながら


4 洗濯物をたたみながら早口言葉(脳トレ)

洗濯物をたたみながら、「隣の客はよく柿食う客だ」「なまむぎ・なまごめ・なまたまご」等の早口言葉を噛まずに3回言ってみる。                           


5 料理をしながら英語の名前を思い出す(脳トレ)
煮物を作っている時や魚を焼いている時など、その時に目に入った食材を見ながら、英語を思い出してみましょう。「キャロット」、「フィッシュ」


6 掃除機をかけながら、47都道府県を全て言ってみる。(脳トレ)


7  犬の散歩をしながら、答えが30になる計算式を考える。(脳トレ)
 

8  洗濯物を干しながら、一昨日のことを思い出す。(脳トレ)

 

トイレの立ち座り身体を洗いながら

こちらの記事も読まれています

 

お問い合わせ

高齢者施策推進室地域包括ケア推進課認知症施策推進担当

電話番号:03-3880-5885

ファクス:03-3880-5614

メールフォーム

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

all