• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 税金 > 税の証明 > 軽自動車税の納税証明書

ここから本文です。

更新日:2014年4月1日

軽自動車税の納税証明書

1.納税証明書の種別

1.車検(継続検査)用

車検(継続検査)の際に、軽自動車税の未納がないことを証明するためのものです。そのため、未納の年度があると発行できません。
毎年5月10日頃にお送りする納税通知書の右端が、車検用の納税証明書欄になっています。未納の年度があるために、この欄が証明書として使用できなくなっている方や、この欄を紛失した方等は納税証明書の発行を請求してください。
軽自動車税は、毎年4月1日現在、足立区を定置場(使用の本拠地)とする軽自動車等の所有者の方に課税されます。そのため、4月2日以降にナンバーの登録をした方は、次の年まで軽自動車税が課税されません。このような場合には、車検用の納税証明として「期日後登録により滞納なし」という納税証明書を発行しています。
車検(継続検査)用の納税証明書の有効期限は、翌年度の納期限の前日までです。

2.一般用

車検(継続検査)以外の用途で使われる証明書です。年度ごとに発行します。証明書の有効期限はありません。

2.発行場所

軽自動車税の納税証明書は、課税課(区役所中央館1階)及び各区民事務所で発行しています。

3.申請に必要なもの

  • 本人もしくは代理人の印鑑(ゴム印やスタンプ印は不可)。
  • 手数料1件につき300円。ただし、車検用は無料です。

請求する車両の車両番号、使用の本拠地、所有者氏名(名称)・住所を明確に記入できることが必要です。

4.郵送請求のしかた

転出された方などで窓口に来られない方は、郵送で納税証明書の発行を申請できます。
郵送請求用の封筒を用意し、以下の1.から3.を入れてください。

1.申請書(便箋等に以下の内容を記入・押印してください)

  • 証明書の種別(車検用、一般用)
  • 一般用の場合は証明年度と必要枚数
  • 車両番号(ナンバープレートの番号)
  • 所有者の住所・氏名
  • 代理人が請求する場合は、代理人の住所・氏名も必要です
  • 所有者及び代理人の捺印(ゴム印やスタンプ印は不可)
  • 日中連絡のつく電話番号

2.手数料

証明書1通につき300円(車検用は無料)。
郵便局で「定額小為替(ていがくこがわせ)」を購入の上、何も記入しないで封筒に入れてください。

3.返信用封筒

送付希望先の住所・氏名を記入の上、返信用の82円切手を貼ってください。

<送付先>
上記3点を入れた郵送請求用の封筒を、切手を貼って下記宛に送ってください。
〒120-8510
足立区中央本町1-17-1
足立区役所課税課軽自動車税係
電話番号:3880-5848(直通)

関連情報

お問い合わせ

区民部課税課軽自動車係

電話番号:03-3880-5848(直)

ファクス:03-5681-7665

Eメール:kazei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?