• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 税金 > 軽自動車税 > 平成27年度から軽自動車税の税率が変わりました

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

平成27年度から軽自動車税の税率が変わりました

目次

税率変更について

平成27年度に行われた税制改正で車体課税の見直しと環境負荷の低減の観点から平成27年度、28年度に軽自動車税の税率が変更されました。

平成28年度の改正点〈新税率〉

車体課税の見直しにより、平成28年度の課税分から下表の税率が適用されました。

新税率表

軽自動車等の種類 税率
平成28年度から 平成27年度まで
[新税率] [旧税率]
原動機付自転車 50cc以下 2,000円 1,000円
50cc超90cc以下 1,200円
90cc超125cc以下 2,400円 1,600円
ミニカー 3,700円 2,500円
小型特殊自動車 農耕作業用 2,400円 1,600円
その他(フォークリフトなど) 5,900円 4,700円
軽二輪車(125cc超250cc以下) 3,600円 2,400円
小型二輪車(250cc超) 6,000円 4,000円
軽自動車 三輪 3,900円 3,100円
四輪乗用 自家用 10,800円 7,200円
営業用 6,900円 5,500円
四輪貨物用 自家用 5,000円 4,000円
営業用 3,800円 3,000円

 

平成28年度の改正点〈重課税率〉

概要

環境負荷低減の観点から3輪以上の軽自動車に対し、初度検査から13年を超えた翌年度分から重課税率が適用されます。

(注)動力源又は内燃機関の燃料が、電気・天然ガス・メタノール・混合メタノールの軽自動車及びガソリン電力併用(ハイブリッド)の軽自動車並びに被けん引車は除きます。

重課税率表

平成28年度から3輪以上の軽自動車は下表の税率が適用されました。

軽自動車等の種類 経年車重課税
軽自動車税 三輪 4,600円
四輪乗用 自家用 12,900円
営業用 8,200円
四輪貨物用 自家用 6,000円
営業用 4,500円

重課税率の「起算点」は?

重課税率の起算点は以下のとおりです。お持ちの車検証をご確認ください。

重課税率の起算点=車検証の「初度検査年月」

自動車検査証(見本)

 

平成15年10月14日前に初めて車両番号の指定を受けた3輪以上の軽自動車については、「初めて車両番号の指定を受けた年」までしか分からないため、重課税率の起算点を当該軽自動車が初めて車両番号の指定を受けた年の12月としております。(例:初度検査年月欄「H15」のみ表記→「H15.12」が起算点となります。)

重課税率適用時期について

重課税率適用時期は初度検査から13年を超えた翌年度からです。下表をご参照ください。また、その他の適用例につきましては軽自動車税率適用例(PDF:65KB)をご参照ください。

初度検査年月 重課税率適用時期
平成14年までの車両 平成28年度から
平成15年から平成16年3月 平成29年度から
平成16年4月から平成17年3月 平成30年度から
平成17年4月から平成18年3月 平成31年度から
平成18年4月から平成19年3月 平成32年度から
平成19年4月から平成20年3月 平成33年度から
平成20年4月から平成21年3月 平成34年度から
平成21年4月から平成22年3月 平成35年度から
平成22年4月から平成23年3月 平成36年度から
平成23年4月から平成24年3月 平成37年度から
平成24年4月から平成25年3月 平成38年度から
平成25年4月から平成26年3月 平成39年度から
平成26年4月から平成27年3月 平成40年度から
平成27年4月から平成28年3月 平成41年度から
平成28年4月から平成29年3月 平成42年度から
平成29年4月から平成30年3月 平成43年度から
平成30年4月から平成31年3月 平成44年度から

軽課税率(グリーン化特例)について

概要

用期間中(平成27年4月1日から平成29年3月31日)に初めて車両番号の指定を受ける減税対象車(三輪以上の軽自動車)を取得した場合に限り、1度だけ税額が下がる特例措置です。

適用期間

軽課税率(グリーン化特例)の適用期間は、平成27年4月1日から平成29年3月31日です。なお、適用期間内に減額されるのは、一度のみです。過去に軽課税率(グリーン化特例)の対象となった車両は適用外です。

軽課税率表

軽自動車等の種類 新税率 軽課税率
概ね75%の 概ね50%の 概ね25%の
軽課対象車の場合…(1) 軽課対象車の場合…(2) 軽課対象車の場合…(3)
軽自動車 三輪 3,900円 1,000円 2,000円 3,000円
四輪以上 乗用 自家用 10,800円 2,700円 5,400円 8,100円
営業用 6,900円 1,800円 3,500円 5,200円
貨物用 自家用 5,000円 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 3,800円 1,000円 1,900円 2,900円

 

軽課対象の車両一覧

上表(1)概ね75%の軽課対象車

電気自動車、天然ガス自動車(平成21年排出ガス規制に適合し、かつ、平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ないもの)

上表(2)概ね50%の軽課対象車
  1. ガソリン車、ハイブリッド車の乗用車
    平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス規制基準値より75%以上窒素酸化物の排出量が少ないもののうち、平成32年度燃費基準値より20%以上燃費性能が良いもの
  2. ガソリン車、ハイブリッド車の貨物車
    平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス規制基準値より75%以上窒素酸化物の排出量が少ないもののうち、平成27年度燃費基準値より35%以上燃費性能が良いもの
上表(3)概ね25%の軽課対象車
  1. ガソリン車、ハイブリッド車の乗用車
    平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス規制基準値より75%以上窒素酸化物の排出量が少ないもののうち、平成32年度燃費基準値を満たすもの
  2. ガソリン車、ハイブリッド車の貨物車
    平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス規制基準値より75%以上窒素酸化物の排出量が少ないもののうち、平成27年度燃費基準値より15%以上燃費性能が良いもの

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

区民部課税課軽自動車税係

電話番号:03-3880-5848

ファクス:03-5681-7665

Eメール:kazei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?