• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 区政運営 > 財政 > 予算 > 足立区予算案(平成22年度当初予算案)

ここから本文です。

更新日:2010年3月8日

足立区予算案(平成22年度当初予算案)

それでも 輝きを放つ足立をめざして

~重点プロジェクトが築く「子ども」「くらし」「まちづくり」の未来~
わが国の経済は依然として世界的金融危機による景気の急激な落ち込みから抜け出せない状況が続き、東京都においても企業収益の急激な落ち込みから都区財政調整交付金の原資となる法人住民税等が大幅な減収となり、区の財政にも大きく影響を及ぼしています。さらに景気・雇用情勢の悪化により特別区民税は30億円を超える減収が想定される下で、歳出は生活保護受給者数の急増により扶助費の伸びに歯止めがかからない状態が続くなど、区の財政は非常に厳しい舵取りを迫られています。
一方で、新線の開業や西新井・新田地区の開発など社会資本整備の結果が若年層の転入などに結実し、区の人口は昨年初めて66万人を突破しました。今後の千住大橋地区の開発等も考え合わせると、引き続き人口増加が予想されます。また、平成22年度には帝京科学大学千住キャンパス、さらに平成24年度には東京電機大学が開校し区内に5大学が揃うなど、文化・芸術・知的生産機関の集積が続くことにより、産学公連携が本格化し、足立区発日本、世界へと発信する技術や製品に代表される新たな可能性の芽も、大きく膨らんでいくことが期待されます。
当面区をとりまく厳しい財政環境が、短期間で好転することは困難な状況にありますが、その一方で、区が更なる飛躍を遂げうる好機を迎えていることも忘れてはなりません。区民生活を支えつつ、このチャンスを最大限に活かし、区の発展と区民サービスの向上を確固たるものにしていくため、現在区にとって必要とされる優先順位の高い施策を選りすぐった「重点プロジェクト推進戦略」を、平成22年度も継続して着実に推進していくことを行財政運営の基軸として、平成22年度当初予算(案)を編成しました。

子ども たくましく生き抜く力を育む

  • 子どもの心身の健全な発達を支える
  • 安心して学び、遊べる環境をつくる
  • 多様な子育てを支援する

主な事業

予防接種事業(Hibワクチン接種助成事業)

細菌性髄膜炎を引き起こすといわれているb型インフルエンザ菌(Hib・ヒブ)から、乳幼児の感染及び健康を守るため、Hibワクチン予防接種費用助成を行います。

学童保育事業

待機児解消のため、保育室の定数の弾力化、民間学童保育室の増設や、待機児が児童館を特例利用できる「児童館特例事業」を小学校の長期休業中のみでなく、平日・土曜日にも拡大して実施します。

学力向上対策推進事業
児童・生徒の基礎的・基本的な学力の定着と学習意欲の向上を図るため、民間塾等を活用した補習教室や理科実験、伝統文化に触れる体験活動など、さまざまな学習機会の場を充実していきます。

学力向上のための講師配置事業

児童・生徒が確かな学力と生活習慣等を身につけることを目的として、区独自の非常勤講師『副担任講師』を小・中学校全校に配置し、担任と連携してきめ細かな学習指導・生活指導等を行います。

放課後子ども教室推進事業

小学校の校庭や教室等を活用して子どもたちが放課後に安心して集える場を提供しています。遊びや学び、交流活動などを通じ、子どもたちの自主性や社会性を涵養し、健全育成を支援する環境づくりを推進しています。

保育サービス事業(待機児童対策)

待機児童の解消をめざし、認可保育園の保育定員の増、東京都認証保育所の整備、家庭福祉員の増員、足立区版小規模保育室の新規開設等を進めていきます。

くらし 健やかな安心のくらしを支える

  • 健康・長寿社会を実現する
  • 環境に優しいくらしを支える
  • 美しいまちづくりを進め治安を再生する

主な事業

介護予防事業

介護予防は、高齢者ご本人が自分らしく生活していただくことをめざします。そのために、日常生活で必要となる機能を確認し、運動機能向上や栄養改善などを内容とした教室(らくらく教室)を実施します。

健康あだち21推進事業(健康づくりスタンプラリー)

健康づくりをはじめるきっかけとして、区が主催・共催する健康づくりに関連する教室・イベントに参加してスタンプを5つ集めたら抽選に参加できる、健康づくりスタンプラリーを開催します。

資源化推進事業・3R(リテ゛ュース・リユース・リサイクル)啓発

燃やさないごみ・粗大ごみの資源化事業を開始するほか、ペットボトル自動回収機の増設、循環型食品リサイクル事業の拡充など、ごみの発生抑制、3Rの普及啓発に努め、循環型社会の実現を目指します。

公園等の新設・改良事業

人々の生活環境の中で、ふれあい、災害対策などの役割を担うために、区民の皆様の意見を採りいれながら、地域ごとに魅力ある公園・緑地の整備を進めていきます。

地域活動支援事務

犯罪のない美しい住みよいまちを目指し、自主防犯活動の支援、防犯防火啓発、防犯パトロールの強化等を行います。区民、関係機関との協働で、安全で安心して暮らせる足立を目指した治安再生を進めます。

美化推進事業

迷惑喫煙防止をさらに強化し、禁煙特定区域の拡大(11月 西新井・竹ノ塚駅の周辺)や路上喫煙防止指導員の増員を実施します。美化推進地域の拡大(4月 西新井・竹ノ塚駅の周辺)などを図り、ビューティフル・ウィンドウズ運動を推進します。

綾瀬駅・竹ノ塚駅・西新井駅周辺放置自転車対策強化事業

街頭指導・撤去活動回数の増強を図り、区民意識の啓発と放置自転車の減少化に取り組みます。通常170日間の活動に今回130日間を加え、年末年始を除く原則週6日の街頭指導と撤去活動を展開します。

まちづくり 安全で活力のあるまちをつくる

  • 産学公連携により新しい文化・産業を創造する
  • 地域経済の活性化を進める
  • 都市更新・都市再生により機能的で災害にも強いまちをつくる

主な事業

新都心構想推進事業

「文化・産業・芸術新都心構想II」に基づきトータルCIの手法を駆使しながら重点プロジェクトの課題解決を図っていきます。具体的には、大学との連携を軸に進めていきます。また、22年度からシティプロモーションに積極的に取り組んでいきます。

産学公連携促進事業
産学公連携を促進し、区内経済の活性化を図るために、区内事業者と地域の大学との交流を深め、信頼関係を構築していきます。また、大学との共同研究や技術相談・技術指導の支援を行います。

中小企業融資事業

区内中小企業に対して、円滑な融資あっせんを行うとともに、その融資経費の負担軽減を図るため、信用保証料や利子(一部の融資を除く)の補助を行い、資金調達を強力にサポートします。

就労支援事業

雇用の安定を目指し、就労準備の支援をします。就労準備情報を提供する講演会(セミナー)、専門的な個別相談に加え、実践的な訓練実施に力を入れます。

鉄道立体化の促進事業

東武伊勢崎線竹ノ塚駅付近の鉄道を高架化することにより、交通の安全性、利便性を向上させ、駅東西の一体的なまちづくりを推進するため22年度都市計画決定、23年度事業認可を目指します。

経営改革 信頼と協働の区政を実現する

主な事業

  • 公益活動げんき応援事業
    地域課題の解決のために、様々な団体が活動しています。区では協働パートナー基金を活用して、公益団体に対し事業経費の一部を助成して、活性化(げんき)を応援します。(助成には、げんき応援コースとステップアップコースの2コースがあります。)

その他

主な事業

緊急雇用対策事業

国の補助金を活用して48事業を実施し、総計553名の新規雇用を目指します。また、区が推進するビューティフル・ウィンドウズ運動や就労支援に向けた事業も展開します。

介護保険基盤整備事業

高齢者が中・重度の要介護状態になっても住み慣れた地域で暮らせるよう特別養護老人ホーム、認知症高齢者グループホーム、小規模多機能型居宅介護等を建設する民間法人に対して施設整備費を助成します。

ひとり親家庭総合支援事業

母子家庭の母が自立し安定した生活を送れることをめざして、ハローワークとの連携による就労支援、教育訓練給付金や高等技能訓練促進費の支給などの資格取得や技能習得に関わる支援を行っています。

区立小中学校の改築事業

既存校舎の老朽化への対策を進めるとともに、児童・生徒の生きる力を育む教育環境整備を目的として、小学校4校・中学校6校の改築・大規模改修の工事・設計を実施します。

詳しくは、下記の資料(予算編成のあらまし)をご覧ください。

平成22年度予算編成のあらまし(A4版123ページ)(PDF:7,161KB)

(※このPDFファイルは、Adobe Reader 7.0で動作確認をしています。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財政課財政担当
電話番号:03-3880-5814
ファクス:03-3880-5610
Eメール:zaisei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?