• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 区政運営 > 財政 > 財政状況 > 平成28年度財政健全化判断比率

ここから本文です。

更新日:2017年10月3日

平成28年度財政健全化判断比率

【財政健全化法】足立区の健全化判断比率を公表します。

地方公共団体の財政の健全化に関する法律(財政健全化法)が平成19年6月に公布されました。

これにより、平成19年度決算から、これまでの普通会計のほか、第三セクターなどを含む自治体の財務状況を明らかにするため、各自治体に健全化判断比率の公表が義務付けられました。

健全化判断比率の4指標のうち、1つでも「早期健全化基準」以上となると、財政健全化計画の策定などが必要となる「早期健全化団体」になります。

平成28年度決算に基づく足立区の健全化判断比率は下記のとおりで、特に問題となるところはありませんでした。

 

実質赤字比率

連結実質赤字比率

実質公債費比率

将来負担比率

健全化判断比率

-

-

△0.3%

-

早期健全化基準

11.25%

16.25%

25.0%

350.0%

実質赤字額または連結実質赤字額がない場合及び実質公債費比率または将来負担比率が算定されない場合は、「-」で表示しています。

各指標の内容などについては、下記資料をご覧ください。

関連PDFファイル

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財政課財政担当
電話番号:03-3880-5814
ファクス:03-3880-5610
Eメール:zaisei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?