• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 足立区立図書館トップページ > ティーンズコーナー > 今月の特集 > 2017年9月【“生きづらさ”ってなんだろう?】

ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

2017年9月【“生きづらさ”ってなんだろう?】

ティーンズロゴ

ティーンズコーナーとは?ティーンズ流図書館の使い方ティーンズ今月の特集ティーンズ新着・おすすめティーンズスコープバックナンバー

ティーンズ君2017年9月【“生きづらさ”ってなんだろう?】

なんだかわからないけど不安に思ったり、イライラしたりしたことはありませんか。
その原因は、自分のことを悪く思ってしまったり、他人からの評価が気になったりといろいろあるかもしれません。
そんな“生きづらさ”や困難にぶつかってしまったときに、一緒に寄り添い、乗り越えるのを手助けしてくれるような本を集めました。

ティーンズ君『新版 自分をまもる本』 ローズマリー・ストーンズ/著 小島希里/訳 晶文社

新版自分をまもる本

(予約は画像をクリック!)

いじめはちょっとしたきっかけで始まり、大人の目に入りにくかったりします。
暴力によるもの、ことばによるもの、そして仲間はずれなどをするものもあります。
いじめの影響力はすさまじいもので、学校に行けなくなったり、うつ病になったりしてしまいます。
この本にはいじめのしくみについて触れています。
自分をいじめからまもるだけでなく、いじめる側にならないためにも読んでおきたい一冊です。

 

ティーンズ君『だいじょうぶ!親の離婚』 ケント・ウインチェスター、ロベルタ・ベイヤー/著 高島聡子、藤川洋子/訳 日本評論社

だいじょうぶ!親の離婚

(予約は画像をクリック!)

“この本は「もう一緒に暮らさない」と決めてしまった両親を持つ子どものための本です。”という一文からはじまります。
離婚すると聞けばショックを受けるでしょうし、腹も立ち、その気持ちをどこに持って行けばいいのかわからなくなってしまいます。
「離婚するってどういう意味?」をはじめとする22問の質問に丁寧に答えてくれます。
また、それぞれの質問のページに「参考となる本」の紹介も載っています。
親子で離婚を乗り越えるための一冊です。

 

ティーンズ君『アナザー修学旅行』 有沢佳映/著 講談社

アナザー修学旅行

(予約は画像をクリック!)


これは事情があって修学旅行の居残り組になってしまった生徒たちの話です。
足を骨折してしまった私、芸能活動をしている岸本さん、児童養護施設の小田と野宮さん、転校してきたばかりの湯川さん、インテリヤクザと陰で言われている片瀬、そして、保健室登校の秋吉(敬称は内容のまま)。
一組の教室に集められた6人と、途中から教室にやって来た秋吉は、行くはずだった奈良のDVD鑑賞や課題のプリントをやって過ごします。
“私”は一緒のクラスになったことのない人たちと過ごすことに緊張していましたが、ある事件が起きてみんなで協力することとなります。

 

ティーンズ君『たまごを持つように』 まはら三桃/著 講談社

たまごを持つように

(予約は画像をクリック!)

弓道部のサヤは、なかなかうまく矢を的(まと)にあてることができません。
同じ学年のミラは天才肌で、試合では決勝戦まで進む腕前です。
ある時、サヤは「心に的が見えた」感覚がして、的に矢をあてることができました。
一方ミラは大スランプに陥(おちい)ってしまいます。
なかなかうまくいかずやっと的に矢をあてたサヤ、そしてスランプから抜け出せないミラはどのように克服していったのでしょうか。

 

お問い合わせ

地域のちから推進部中央図書館

電話番号:03-5813-3740

ファクス:03-3870-8415

Eメール:tosyokan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?